葵わかな主演の連続テレビ小説「わろてんか」のキャスト・あらすじ・ロケ地情報まとめ!

[記事公開日]2017年04月13日

2017年秋からはじまる葵わかな主演の連続テレビ小説「わろてんか」のキャスト・あらすじ・ロケ地情報を徹底解説いたします!

2017年秋の連続テレビ小説は、吉本興業創始者をモデルにした物語が決まりました。

日本の朝に笑いを届ける作品になるということで楽しみなところです。

今作の主人公を演じるヒロインはオーディションの結果、2378名の中から葵わかなが選出されました。今年19歳を迎える彼女がどのような演技を見せてくれるか期待ですね。

それでは、そんな2017年秋にスタートする連続テレビ小説「わろてんか」の概要を詳しく見ていきましょう!

<sponsored link>

《あらすじ》「わろてんか」ってどんなドラマ?

《あらすじ》「わろてんか」ってどんなドラマ?
出典:http://www.nhk.or.jp/

本作は、吉本興業の創業者であり女性興行師であった「吉本せい」をヒロインのモデルとしたストーリーになっています。

時代は明治時代の後期。商都であった大阪が栄えていた時代のお話。

主人公のてんは、京都で古くから続く薬種問屋の長女として生を受けました。てんの父親はとてもしつけに厳しく、てんは「人前で笑ってはいけない」と教わり育ってきました。

しかし、北村藤吉(とうきち)との出会いがてんの人生を大きく変えていきます。

藤吉は「人生には笑いが必要」と考えており、てんは親の反対を押し切って藤吉と結婚します。

しかし、そんな2人の結婚生活は順風満帆ではなく、藤吉の家業が立ち行かなくなっていきます。

そんな折に「あんさんが好きなその笑い、商売にしてみませんか?」とてんが発した一言から、2人の笑いの道は始まっていったのでした。

連続テレビ小説「わろてんか」のキャストをまとめてご紹介!

藤岡てん – 葵わかな
本作のヒロイン。京都の老舗薬種問屋である「藤岡屋」の長女。
笑い上戸であり、よく笑顔で笑っている。
笑いをこよなく愛する夫の藤吉と大阪を「笑いの街」に変えていく。

藤岡藤吉 – キャスト未発表
てんの夫。笑いをこよなく愛している。

連続テレビ小説「わろてんか」のスタッフ情報!

制作統括 – 後藤高久

プロデューサー – 長谷知記

演出 – 本木一博、東山充裕、川野秀昭

製作 – NHK

<sponsored link>

連続テレビ小説「わろてんか」の舞台となるロケ地はいったいどこになるのか?

2017秋に始まる連続テレビ小説「わろてんか」のロケ地は、現在まだはっきりとは撮影場所がわかっていない状況であり、2017年5月中旬からクランクインする模様です。

しかしヒロインであるてんは京都出身であり、また大阪を舞台にしたストーリーであることからこの2つの地域がメインのロケ地になりそうですね。

こちらのドラマのロケ地は判明次第随時追記してまいりますので、ぜひお楽しみにお待ちください!

葵わかな主演の連続テレビ小説「わろてんか」を楽しみにしていましょう!

いかがでしたでしょうか?

今やテレビで見ない日はない「吉本興業」を創始者がどのような人物だったのか、そしてどのように描かれるのかに注目ですね。

また未発表のキャスト陣や、いったいどこがロケ地になるのか気になるところですね。

まだまだ謎に包まれている部分が多いですが、どのような内容になるのかを楽しみに2017年秋の放送開始を待ちましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>




<sponsored link>


関連記事