黒木華主演のドラマ「重版出来!」の舞台となった東京都のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年02月27日
[最終更新日]2016年07月05日

TBSの2016年4月新ドラマ、黒木華主演「重版出来!」(じゅうはんしゅったい)の舞台となった東京都の撮影場所などのロケ地を観光してみましょう!

月刊!スピリッツで連載中の松田奈緒子のあの人気漫画がついにドラマ化されます。

重版出来とは、初版と同じ版、判型、装丁で刷り直しをすること。

業界の関係者しかあまり聞きなれない言葉ですが、これができるということはつまり、漫画が売れているということ。

人の人生を変える漫画を生み出す、そんな新米編集者・黒沢心役を黒木華演じます。

黒木華といえば、映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」でも主演として活躍し、大きな話題を呼びましたね。

「本気で仕事するって、カッコいい。生きるって、素晴らしい。」

そんなテーマの温かみのある、ちょっとコミカルな群像劇。

それでは、ドラマ「重版出来!」のロケ地などの概要を詳しく見ていきましょう!

黒木華主演の映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」のロケ地のご紹介はこちら

<sponsored link>

《あらすじ》「重版出来!」ってどんなドラマ?

《あらすじ》「重版出来!」ってどんなドラマ?
出典:TBS

黒木華演じる主人公の黒沢心は、柔道一筋で生きてきたスポーツ人間だった。

しかし、怪我によって選手生命を絶たれてしまい、もう一度熱くなれる場所を探していた。

そんな心が、その場所として新卒で入社したのが、大手出版社である興都館だった。

担当雑誌は、週刊コミック誌「バイブス」。

新米編集者として地道な仕事をしながら、重版出来させるという大きな夢を叶えるために日々働いている。

そんな心に編集のイロハを叩き込むのが、次期編集長候補と言われるオダギリジョー演じる五百旗頭敬。

しかし、そんな心の目標とは裏腹に、時代は逆の方向に動いている。

「紙は売れない。」

そんな時代の中で、編集部の個性的な面々たちと、様々な逆境を乗り越えながら、担当漫画を重版出来させ、青年誌1位を目指す。

とある若者の大きな夢と仕事を描いたちょっとコミカルな群像劇のドラマです。

ドラマ「重版出来!」のキャストをまとめてご紹介!

黒沢心 – 黒木華
本作の主人公の新米編集者。
柔道の日本代表候補に選ばれるまでの選手だったが、怪我により選手生命を奪われた。
そして、次に選んだ道が重版出来を目指す編集者。
世の中に人気の漫画を生み出すため、日々全力で駆け回っている。

五百旗頭敬 – オダギリジョー
心と同じ週刊コミック誌「バイブス」の編集者で、次期編集長候補。
とてもクールだが、漫画愛に溢れ、常に仕事に対してストイックな情熱を持っている。
新米である心の指導係でもある。

小泉純 – 坂口健太郎
興都館の営業部で、書店などへの営業をしている。
営業部は希望しておらず異動願いを出しても通らないため、仕事に対する情熱を失っている。
しかし、心の仕事に対するひたむきな姿勢を見て、少しずつ仕事に取り組む姿勢が変わっていく。

壬生平太 – 荒川良々
心と同じ週刊コミック誌「バイブス」の編集者。
心とは食事の趣味がよく合うため、2人でよくご飯に出かけたりする。

三蔵山龍 – 小日向文世
週刊コミック誌「バイブス」の中でも特に人気の漫画を執筆している漫画家。
人気の売れっ子漫画家だが、大御所ぶることなく誰にでも優しい。

高畑一寸 – 滝藤賢一
デビュー作がいきなり大ヒットし、10年間長期連載をしている人気の売れっ子漫画家。
自由気ままな彼女に振り回されながら、日々漫画を執筆している。

成田メロンヌ – 要潤
ギャグ漫画を描くイケメン漫画家。
いつも周りの評価を気にしてしまう繊細な性格。

中田伯 – 永山絢斗
興都館に漫画を持ち込んできた新米漫画家。
画力はひどいものの、そのストーリーは天性の素質を感じさせる。

沼田渡 – ムロツヨシ
人気漫画家の三蔵山龍のベテランアシスタント。
はじめは漫画家を志して今の仕事をはじめたものの、今はなんとなく今の仕事に甘んじてしまっている。

久慈勝 – 高田純次
興都館の清掃員。

安井昇 – 安田顕
心と同じ週刊コミック誌「バイブス」の編集者。
新人潰しをすると悪名高い。
売れる漫画をつくるためには、どんな手段をも厭わない。

和田靖樹 – 松重豊
週刊コミック誌「バイブス」の編集長。
誰にとっても頼れる上司。

ミサト – 野々すみ花

菊地文則 – 永岡佑

八丹カズオ – 前野朋哉

ドラマ「重版出来!」のスタッフ情報!

原作…松田奈緒子

脚本…野木亜紀子

演出…土井裕泰

プロデューサー…那須田淳、東仲恵吾、八尾香澄

製作著作…TBS

ドラマ「重版出来!」のメイン舞台となる興都館のロケ地は日本大学

ドラマ「重版出来!」のメイン舞台となる興都館のロケ地は日本大学
出典:http://www.homemate-research-college.com/

「重版出来!」は編集部のドラマなので、おそらく編集部のオフィスでのシーンが多く登場します。

そんなメインの舞台となる興都館の撮影場所ですが、なんと日本大学がそのモデルとして選ばれました。

数ある日本大学のキャンパスですが、興都館のモデルとなったのは日本大学経済学部7号館です。

実際に通われている方でも、まさが自分の大学がロケ地になったなんて!と知らない方も多いのではないでしょうか?

名称:
日本大学経済学部7号館

住所:
東京都千代田区三崎町2丁目8−14

アクセス:
JR水道橋駅から徒歩3分

<sponsored link>

黒沢心が新人研修を行った河舞子が働く書店のロケ地

黒沢心が新人研修を行った河舞子が働く書店のロケ地
出典:立川ナビ

ドラマ「重版出来!」の中で、興都館に入社した黒木華演じる黒沢心はとある新人研修をしていた設定となっていました。

その新人研修の先となった書店で働いていたのが、濱田マリ演じる河舞子でした。

そんな書店のモデルとなったロケ地は、東京都立川市にあるオリオン書房ノルテ店です。

黒木華が実際に訪れた書店にぜひ訪れてみてくださいね。

名称:
オリオン書房ノルテ店

住所:
東京都立川市曙町2丁目42−1

公式サイト:
<リンク> オリオン書房ホームページ

アクセス:
JR立川駅から徒歩5分

「バイブス」の看板漫画家、小日向文世演じる三蔵山龍の事務所のロケ地

「バイブス」の看板漫画家で、売れっ子の小日向文世演じる三蔵山龍。

その暖かい人柄で多くの人から信頼を得ている人物です。

そんな売れっ子漫画家が漫画を執筆している場所の設定となっているロケ地はいったいどこなのでしょうか。

こちらのロケ地に関する情報は、情報が入り次第順次追加させていただきます。

お楽しみにお待ち下さい。

黒木華主演のドラマ「重版出来!」の舞台となったロケ地を観光で回ってみましょう!

いかがでしたでしょうか?

熱々の新米編集者・黒沢心を演じる黒木華はハマり役でぴったりでしたね!

人気漫画でもある「重版出来!」の聖地ともいえる東京都のロケ地をぜひ回って観光してみてくださいね。

 

こちらの記事も合わせてぜひどうぞ。

 
最新ドラマの情報をまとめてご紹介!

2016年春ドラマの聖地をまとめてご紹介!

2016年夏ドラマの情報をまとめてご紹介!
 
黒木華が出演する人気作品のロケ地を観光!

映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」の舞台となった東京都の結婚式場などのロケ地を観光!

映画「ソロモンの偽証」の舞台となった山梨県のロケ地を観光!
 
東京都がロケ地となった作品

東京都が舞台となった人気のドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介!
 
2016年春ドラマ(4月~)のロケ地を観光!

≪月曜日≫

「ラヴソング」(主演:福山雅治)

≪火曜日≫

「僕のヤバイ妻」(主演:伊藤英明)

「ディアスポリス-異邦警察-」(主演:松田翔太)

≪水曜日≫

「世界一難しい恋」(主演:大野智)

「毒島ゆり子のせきらら日記」(主演:前田敦子)

「AKBラブナイト 恋工場」

≪木曜日≫

「グッドパートナー 無敵の弁護士」(主演:竹野内豊)

「鼠、江戸を疾る2」(主演:滝沢秀明)

≪金曜日≫

「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」(主演:中谷美紀)

≪土曜日≫

「お迎えデス。」(主演:福士蒼汰)

≪日曜日≫

「99.9-刑事専門弁護士-」(主演:松本潤)

「ゆとりですがなにか」(主演:岡田将生)

「真田丸」(NHK大河ドラマ)

≪連続テレビ小説≫

「とと姉ちゃん」(NHK連続テレビ小説)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>