映画「起終点駅ターミナル」の舞台、北海道釧路市のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年03月07日
[最終更新日]2016年07月02日

映画「起終点駅ターミナル」の舞台となった北海道釧路市のロケ地を観光してみよう!

北海道は釧路市は関東や関西に住んでいる人から見れば北の果ての果て。

釧路駅は終着駅のように思えます。

そんな釧路駅に流れ着いた初老の一人の男と若い女性の出会いを題材にしたのが映画「起終点駅ターミナル」。

原作は直木賞作家・桜木紫乃の同タイトルの「起終点駅ターミナル」です。

北海道の釧路という大自然溢れる観光地に赴くならば、この映画を見てさらに観光気分を高めるのも良いですよね。

《あらすじ》「起終点駅ターミナル」ってどんな映画?

話の舞台は北の国、北海道の釧路市。

鷲田完治(佐藤浩市)は25年前、北海道の旭川で裁判官として働いていた。

当時、裁判官だった完治のもとに、学生時代の恋人だった結城冴子(尾野真千子)が覚醒剤事件の被告人として現れ、彼女に対して執行猶予付きの判決を下す。

妻子のいる完治だったが、冴子と一所に生きていくことを決意。冴子は完治が妻子と共に生きるよう自らの命を絶ってしまう。

完治はその罪悪感から最果ての地である釧路で、ひっそり国選弁護人として生きていました。

人生の終着駅を釧路と決めて生きて来た完治。

その完治が覚醒剤事件の弁護を担当していた若い女性である椎名敦子(本田翼)は、完治にある人を探して欲しいと依頼してきます。

家族に見放され孤独に生きて来た敦子を見て完治の心は揺れ動き、二人は食事を共にするなど打ち解けていく。

そして、敦子が探していた元恋人を見つけると…。

「終着駅」はやがて「始発駅」になる。

映画「起終点駅ターミナル」のキャストをまとめてご紹介!

 

鷲田完治 – 佐藤浩市
妻子を持つ身ながら旭川での元恋人との過ちを後悔し、釧路で25年間、国選弁護しか引き受けずに一人で過ごす。
弁護士として仕事をしながら人と深く関わることを避け、自分の罪を後悔しながら生きている。

椎名敦子 – 本田翼
覚醒剤事件の被告人として、完治が彼女の弁護を担当する。
どこか不安定ながらも明るい少女。
敦子は判決後に完治の前におしかけ、二人で食事を共にすることになる。

結城冴子 – 尾野真千子
完治の学生時代の恋人。
完治と共に生活していたが、司法試験合格と同時に姿を消す。
10年の時を経て北海道の地で裁判官の完治と被告人の真千子として再会して愛を重ねる。
完治が北海道での新しい生活を望むと自ら命を絶った。

大下一龍 – 中村獅童
ヤクザの二代目組長。
傷害事件で完治の弁護を受け実刑をくらう。
以後、完治に組の顧問弁護士になるよう迫っていくる。

森山卓士 – 和田正人
釧路地方裁判所に勤める新米の判事補。
完治の息子と同級生で、息子の結婚式を知る。

大村真一 – 音尾琢真
完治の家の隣に住む老人の息子。
ボケ気味の親が完治に迷惑をかけないかと気にかけている。

南達三 – 泉谷しげる
完治の先輩弁護士。
完治が釧路で開業するのを手助けし、その離婚調停の裁判も担当した。
以来、25年にわたって完治を支えている。

映画「起終点駅ターミナル」のスタッフ情報!

原作 – 桜木紫乃 「起終点駅 ターミナル」

監督 – 篠原哲雄

脚本 – 長谷川康夫

音楽 – 小林武史

主題歌 – My Little Lover 「ターミナル」

配給 – 東映

終着駅であり、始発駅になったロケ地が釧路駅

物語の重要なファクターなのが駅の存在です。

完治にとって終着駅となり、25年が経過して始発駅になったのが釧路駅です。

都内から釧路に向かう場合、釧路空港から高速バスで約1時間ほど乗って釧路駅に到着します。

すぐさま観光に向かうのではなくちょっと釧路駅に立ち止まって見るのもいいでしょう。

ここが終着駅になるのか、これから始発駅になっていくのか。

感慨深く味わって見るのも一興ですね。

名称:
JR根室本線釧路駅

住所:
北海道釧路市北大通14丁目5

アクセス:
JR根室本線釧路駅下車

「起終点駅 ターミナル」でたびたび登場したロケ地である北海道三大大橋の一つ

札幌の豊平橋、旭川の旭橋と並んで北海道三大橋の一つと呼ばれるのが幣舞橋(ぬさまいばし)。

夕日が美しいことで有名です。

1889年に、北海道で一番長い木橋として架けられました。当時は有料で『愛北橋』と呼ばれていました。

橋のランカン4人の彫刻家による春・夏・秋・冬を表現した「四季の像」が設置され、夕日で輝く景色は絶品です。

現在の橋は1976年に再構築され、初代幣舞橋から数えて5代目として釧路市民の重要な交通要所となっています。

幣舞橋は「起終点駅ターミナル」の原作の桜木紫乃の作品でもたびたび登場、2010年公開の映画「ハナミズキ」でも舞台となっています。

名称:
幣舞橋(ぬさまいばし)

住所:
北海道釧路市

アクセス:
JR根室本線釧路駅下車 徒歩10分

釧路に行ったら和商市場で海産物を満喫しよう!

完治が買い物に出かけていたのが1954年に釧路の台所として作られた歴史ある釧路和商市場です。

「わっしょい、わっしょい」 という掛け声と「和して商う」をかけて和商市場と名付づけられました。

北海道といえばカニなど極上の海鮮ものが待っています。

釧路に行って和商市場に行かないなんてありえない、そんなメジャーなスポットですね。

和商市場の名物が好みの海産物を各店舗から選んで自分だけの丼を作る「勝手丼(かってどん)」。

新鮮な海産物の魅力に負けて買いすぎないように注意が必要かもしれません。

名称:
釧路和商市場

住所:
北海道釧路市黒金町13−25

公式サイト:
<リンク> 釧路和商市場ホームページ

アクセス:
JR根室本線釧路駅下車 徒歩2分

北海道釧路市の観光情報をまとめてお届け!

ここからは、映画「起終点駅ターミナル」のロケ地の北海道釧路市の観光情報をまとめてお届けします。

東京から釧路に行くには羽田空港から釧路空港に降り立ちそこから高速バスで約1時間と長丁場の旅となります。

北海道でも有数の大自然が広がる釧路にはそこまで時間をかけるだけの魅力がある。

「起終点駅」のロケ地巡りと一緒に、釧路市の有名観光地を旅行してみましょう!

釧路と言えば温泉の匂い沸き立つ独特の雰囲気の阿寒湖

釧路と言えば日本で最大級の湿原地です。

その釧路の大自然で最も有名なのが阿寒湖(あかんこ)でしょう

湖畔ではボッケと呼ばれる泥火山が噴出し、硫黄の匂いを放っています。「ボッケ」はアイヌ語で「煮え立つ」を意味し、その独特の雰囲気は北の秘境の魅力を高めます。

冬場の氷結した景色は神秘的で、夏場は涼しい湖で遊覧船も楽しめます。

火山地域で温泉が沸いているため、湖南岸にある阿寒湖温泉には是非とも訪れたいですね。

名称:
阿寒湖

住所:
北海道釧路市

公式サイト:
<リンク> 阿寒湖ホームページ

アクセス:
釧路空港から車で一時間

阿寒湖の湖畔にはアイヌの集落の観光名所も

阿寒湖の湖畔には北海道最大のアイヌコタン(アイヌの集落)があります。

入口では3羽の大きなフクロウの木彫りが旅人を迎えてくれます。

アイヌの伝統文化を紹介する資料館(アイヌ生活記念館、森と湖の藝術館)が立ち並び観光の名所となっていますね。

阿寒湖アイヌシアターではアイヌ古式舞踊をはじめとする舞踊や人形劇・イオマンテの火まつりが上演されています。

お土産屋さんや飲食店もあり、珍しいアイヌ料理も楽しむのも一興ですよ。

名称:
アイヌコタン

住所:
北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4丁目7−19

公式サイト:
<リンク> アイヌコタンホームページ

アクセス:
釧路空港から車で一時間

釧路湿原の広大さは大自然の力を感じられる

日本の湿地帯の約6割を占める湿原こそが釧路湿原国立公園です。

その広大な大自然は他の公園とはスケールが違い大自然の力が感じられます。

国立公園の面積は28,788haで、大自然に延々と続く木道の散歩は極上の気分を味わえるでしょう。

手付かずの大自然はどこから見ても心が洗われます。

なかでも釧路湿原展望台から見る景色は絶品。

日本地図全体からでも確認できるほどの広大な釧路湿原を是非とも味わい尽くしたいですよね。

名称:
釧路湿原展望台

住所:
北海道釧路市北斗6−11

公式サイト:
<リンク> 釧路湿原国立公園ホームページ

アクセス:
JR釧路湿原駅よりバスで40分

映画「起終点駅ターミナル」の舞台となった北海道釧路市のロケ地を観光しよう!

いかがだったでしょうか。

釧路は大湿原が広がりアイヌの集落などもあり観光の名所です。

もちろん北海道と言えば海産物は絶品、炉端焼きや釧路ラーメンなどグルメには枚挙にいとまがありません。

何かに疲れていたら釧路に訪れてみたらどうでしょうか。

映画「起終点駅ターミナル」のように、終着駅と思っていた人生が釧路の力で始発駅へと変わっていくかもしれませんね。



<sponsored link>


関連記事



<sponsored link>