松本清張ドラマスペシャル「黒い樹海」の舞台、長野県大町市のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年03月12日
[最終更新日]2016年07月02日

松本清張ドラマスペシャル「黒い樹海」の舞台、長野県大町市のロケ地を観光しよう!

2016年3月12日と13日で2夜連続で放映される松本清張ドラマスペシャル。

一夜目となる12日は田村正和が主演の「地方紙を買う女〜作家・杉本隆治の推理」。

二夜目の13日には松本清張作品では初主演となる北川景子が主演の「黒い樹海」です。

松本清張の長編推理小説「黒い樹海」は1960年に映画化され、その後に4度もテレビドラマ化されています。

2016年3月13日の北川景子主演の「黒い樹海」は5回目のテレビドラマ化になります。

《あらすじ》「黒い樹海」ってどんなドラマ?

都内のマンションに2人で暮らす姉妹がいた。

両親を早くに亡くした姉妹の姉・笠原信子(小池栄子)は新聞社に勤務、妹・祥子(北側景子)は就職活動中だ。

穏やかに過ごしてきた姉妹だが、ある日に東北の十和田湖に旅行に出発すると言った祥子が事故で亡くなったと信子は連絡を受ける。

ただ、信子の死の現場は東北ではなく長野であり、その死には謎がついてまわる。

信子の同僚・吉井亮一(向井理)は祥子と共に調査を始める。

その流れで祥子は信子の後釜として新聞社の文化部で働き出し、姉が担当していた文化人たちと会っていく。

画家や華道家元などクセのある文化人たちの中には小児科医・西脇満太郎(沢村一樹)のように祥子に誘いをかけてくる人物もいた。

そんな中、姉の同僚だった町田知枝(酒井若菜)が自殺する。

姉の死、その同僚の死と謎が多く、文化人の誰かが事件に関わっていると祥子は気付きだす。

真相を追求しようと動いていくと怪しいと思った人文が次々と殺害される連続殺人事件に発展していく。

松本清張ドラマスペシャル「黒い樹海」のキャストをまとめてご紹介!

 

笠原祥子 – 北川景子
両親を早くに亡くして都内で2人暮らしをする姉妹の妹。
就職活動中に姉が謎の死に至る。
その後に姉が勤務していた新聞社で契約社員として働き、姉の同僚たちと一緒に姉の死の真相を追求していく。

吉井貴志 – 向井理
祥子の姉の信子の同僚で新聞社の文化部記者で働いている。
祥子と一緒に姉の死の真相を探り始めるが、所々で不審な行動をとる。
デリカシーのない発言をすることで祥子の反感を買うことも。

西脇満太郎  – 沢村一樹
新聞に連載コラムを執筆しており、姉の信子が担当していた。
小児科医として著作を出版するなど文化人として活躍している。
プレイボーイとして有名で、妻がいながらも祥子に誘いをかけてくる。

笠原信子 – 小池栄子
祥子の姉。
両親を早くに亡くした姉妹の姉として祥子を支えてきた。
新聞社の文化部記者。東北の十和田湖に旅行に行くと出かけたが、長野で命を落とす。

西脇亜佐美 – 麻生祐未

小川カズ – 室井滋

佐敷泊雲 – 古田新太

妹尾郁夫 – 鈴木浩介

倉野むら子 – 山本未來

鶴巻完造 – 六平直政

安原國政 – 尾美としのり

町田知枝 – 酒井若菜

斎藤常子 – 江口のりこ

松本清張ドラマスペシャル「黒い樹海」のスタッフ情報!

原作-松本清張「黒い樹海」

脚本-寺田敏雄

音楽-井筒昭雄

チーフプロデューサー-五十嵐文郎

ゼネラルプロデューサー-内山聖子

プロデューサー-中川慎子、中沢晋

演出-常廣丈太

制作協力-オフィスクレッシェンド

制作著作-テレビ朝日

松本清張ドラマスペシャル「黒い樹海」のロケ地情報!

松本清張ドラマスペシャル「黒い樹海」のロケ地は長野県大町市が舞台となりました。

北側景子らが大町市に入るとその年一番の大雪が降って銀世界が広がっていったとか。

「黒い樹海」の物語で重要な役割となったのが信濃大町駅のロケ地

ドラマ「黒い樹海」で重要な役割となったのがJR大糸線の「信濃大町」駅です。

東北に行くはずだった姉の信子は何故か長野県の信濃大町駅の前に立っています。

本来は駅からタクシーに乗るはずだった信子は大雪でタクシーがないためにバスに乗り、悲劇にあってしまいます。

信濃大町駅で信子は何をしていたのか、誰と一緒にいたのか。

その謎はドラマの終盤で明らかにされます。

名称:
信濃大町駅

住所:
長野県大町市大字大町3200番地

アクセス:
信濃大町駅 下車

ロケ地だけじゃない!長野県大町市の観光情報をまとめてお届け!

ここからは、松本清張ドラマスペシャル「黒い樹海」のロケ地の長野県大町市の観光情報をまとめてお届けします。

松本清張ドラマスペシャル「黒い樹海」のロケ地巡りと一緒に、大町市の有名観光地を旅行してみましょう!

大町市は温泉宿が立ち並ぶ温泉郷

大町市は大町温泉郷とも呼ばれる温泉の豊富な町です。

巨大なダムとして観光地にもなっている黒部ダムに最も近い温泉郷でもあり、多くの観光客が温泉を楽しんでいます。

大手の「立山プリンスホテル」や観光地ではメジャーの「星野リゾート界アルプス」などが温泉郷に立ち並びます。

古民家を再生建築した「あずみ野河昌」、大浴場の広さは大町温泉郷で一番の黒部観光ホテル、浴場より北アルプスを眺められる黒部ビューホテルなど温泉宿にはことかきません。

名称:
大町温泉郷

住所:
長野県大町市平大町温泉郷2884−10(温泉郷の中心の立山プリンスホテル)

公式サイト:
<リンク> 大町温泉郷ホームページ

アクセス:
長野道豊科ICから北アルプスパノラマロードで車で約40分

登山もスキーも楽しめるのが鹿島槍ヶ岳

春や夏には登山、冬にはスキーを楽しめるのが鹿島槍ヶ岳(かしまやりがたけ)です。

安曇野 ICから一番近いスキー場のために車で雪山を楽しむ人にとっては便利なゲレンデとなっています。

鹿島槍スキー場にはボーダーに嬉しいレールや複雑なBOXなども設置されていますよ。

鹿島槍ヶ岳は日本100の一つに選定され、登山として向かうには1泊は必要な本格的な山です。

名称:
鹿島槍ヶ岳(かしまやりがたけ)

住所:
長野県大町市平20490−4

公式サイト:
<リンク> 鹿島槍ヶ岳ホームページ

アクセス:
JR東日本大糸線信濃大町駅下車 シャトルバスで35分

ダム好きには黒部ダムの前にある大町ダムも

ダム好きにとって外せないのは大町市から約1時間でたどり着ける黒部ダムでしょう。

その前にあるのが大町ダム・龍神湖です。

紅葉のシーズンでは展望台やダムの周辺の様々な角度から美しい景色を堪能できます。

平日限定でダムの内部が見学でき、その迫力ある音には圧倒されます。

黒部ダムに行く前に、大町ダムを堪能するのも一興ですよね。

名称:
大町ダム・龍神湖

住所:
長野県大町市平字ナロヲ大クボ2112-71

公式サイト:
<リンク> 大町ダム・龍神湖ホームページ

アクセス:
JR東日本大糸線信濃大町駅から車で20分

長野県大町市までくれば大本命の黒部ダムはすごそこに

大町市には日本を代表するダムである黒部ダムに最も近い温泉郷があります。

大町市まで来たら、黒部ダムはあと1時間。

その迫力あるダムまで当然に足を運びたくなりますよね。

高さ186メートルのダムは日本で最も高く、世界でも最高クラス。

毎秒10トン超の豪快な放水はダムマニアならずとも観光客を楽しませます。

名称:
黒部ダム

住所:
富山県黒部市芦峅寺ブナ坂外11国有林

公式サイト:
<リンク> 黒部ダムホームページ

アクセス:
JR東日本大糸線信濃大町駅からバスで40分で扇沢、そこからトンネルトロリーバスで16分

うまいものたくさん!長野県大町市のグルメ情報をまとめてお届け!

ここからは、大町市のグルメ情報をまとめてお届けします。

信州の山奥にある大町市には魅力あるグルメがたくさん。

温泉やダムを楽しむ人たちの腹を満たしてくれています。

信州といえば手打ちそば!

信州といえば手打ちそばが有名ですよね。

大町市にも数あるそば屋さんの中で人気が高いのが「手打ちそば 山品」。

芸能人などの色紙を多くある有名なそば屋で、手打ちのそばはしっかりとしたコシでストレートなそばの美味しさが堪能できます。

大町市の美麻でも最も有名なそば屋と言ってもよく、遠くからそばを食べにくる人もいるようです。

名称:
手打ちそば 山品

住所:
長野県大町市美麻新行14658

公式サイト:
<リンク> 大町市観光公式ホームページ

アクセス:
JR東日本大糸線信濃大町駅から車で15分

駅前の豚料理専門店では黒部ダムカレーも

黒部ダムの迫力をカレーに例えた黒部ダムカレーを食べられるのが大町市の魅力の一つ。

大町市ではいくつもの店でボリュームたっぷりの黒部ダムカレーを味わえますが、豚料理専門店「豚のさんぽ」でも堪能できます。

この店では他にもボリューム爆発の大町肉二郎、チーズカレー二郎、汁なし二郎など、メガ盛りの豚丼が味わえます。

豪快に食事を取りたい人にはうってつけの店ですね。

名称:
豚のさんぽ

住所:
長野県大町市大町3168-8

公式サイト:
<リンク> 豚のさんぽホームページ

アクセス:
JR東日本大糸線信濃大町駅下車 すぐ

ログハウス作りのラーメン屋でねぎそばも

大町市で澄んだ空気を作ってくれているのが3つの湖が連なる仁科三湖。

その中で北にあり最も大きい青木湖ではキャンプ場があり、釣りやホタル鑑賞クルーズ、ラフティングなどのレジャーを楽しめます。

その青木湖のほとりにあるのがゼーブリック。

ログハウスの作りとなっている洋風なレストランを思わせる風貌からは想像しにくいラーメン屋です。

ネギとブラックペッパーがピリリと味を引き立たせるねぎそばが人気です。

名称:
ゼーブリック

住所:
長野県大町市大字平22650-1

公式サイト:
<リンク> ゼーブリック 食べログページ

アクセス:
長野道豊科ICから車で45分

松本清張ドラマスペシャル「黒い樹海」の舞台、長野県大町市のロケ地を観光しよう!

いかがだったでしょうか。

長野県大町市は信州でも有名な温泉郷です。

四季折々で登山やスキーを楽しめる観光名所であり、広大な黒部ダムを観光する拠点ともなります。

もちろん信州に行ったらそばを食べるのは観光客としては礼儀のようなもの。

松本清張ドラマスペシャル「黒い樹海」のロケ地を巡りながら、大町温泉郷に観光してみましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>




<sponsored link>


関連記事