日中合作映画「スイートハート・チョコレート」の舞台となった北海道夕張市のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年03月24日
[最終更新日]2016年07月02日

日中合作映画でリン・チーリン主演の「スイートハート・チョコレート」の舞台となった北海道夕張市のロケ地を観光しよう!

国家間のいざこざに巻き込まれて「幻」と言われた映画が公開されます。

2012年10月25日に第25回東京国際映画祭アジアの風部門で上映され、2013年11月には中国ですでに公開されていた日中合作映画「スイートハート・チョコレート」が2016年3月26日、ついに日本で公開です。

尖閣問題による日中関係の悪化に伴い日本では全国公開されていなかった映画ですが、2014年に「お蔵出し映画祭」でグランプリに輝いたことをきっかけに劇場公開までたどり着きました。

冬の北海道の夕張で、異なる国の男女の恋愛を描いた物語。

ヒロインを演じるのは台湾出身のトップモデル、「レッドクリフ」で映画デビューして以来の活躍が続くリン・チーリン。

そのヒロインを守るのが海外での活動が光る池内博之と福地祐介です。

冬の夕張での男女の物語が時間をかけてついに日の目を浴びていきます。

《あらすじ》「スイートハート・チョコレート」ってどんな映画?

北海道の夕張では一面の銀世界が広がる。

上海から来た絵画が好きな留学生のリンユエはレスキュー隊員の守と出会って恋に落ちる。

守とリンユエは二人でチョコレートを食べるなどデートを重ねていく。

守の兄貴分である総一郎とリンユエは3人で雪山で遊ぶなど楽しい時を過ごして行った。

しかし、守に悲劇が起きてその幸せは長くは続かなかった。

亡くなった守の意思を継いでリンユエは上海に戻ってチョコレートの店を開く。

リンユエは、守が作ってくれたチョコレートの味を忘れられなかた。

守の兄貴分の総一郎は上海に渡ってリンユエを見守るがーー。

「スイートハート・チョコレート」のキャストをまとめてご紹介!

 

リンユエ – リン・チーリン
上海から北海道にやってきた留学生。
優しい性格で絵画を趣味にする。
雪山で助けられたレスキュー隊員の守に恋をする。

星野守 – 福地祐介
善良で陽気な性格のレスキュー隊員。
雪山で留学生のリンユエを助ける。
チョコレート作りが趣味。

木場総一郎 – 池内博之
男気にあふれる守の兄貴分的な存在。
守の存在を忘れられないリンユエのために上海に渡る。

山本圭

左時枝

陳廷嘉(チェン・ティンジャー)

「スイートハート・チョコレート」のスタッフ情報!

監督 – 篠原哲雄

プロデューサー – 龐洪、米子(ミシェル・ミー)、小畑真登

脚本 – 湯迪、米子

音楽 – 久石譲

映画「スイートハート・チョコレート」の主なロケ地は北海道の夕張市!

映画「スイートハート・チョコレート」の主なロケ地は北海道の夕張市となりました。

これは、映画のプロデューサーで脚本も務めたミッシェル・ミーが日本映画が好きで2006年に北海道の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」に参加したことが発端となっています。

その後の夕張市の財政破綻により映画祭は取りやめになり、ミッシェル・ミーは夕張をロケ地とした映画の企画を考えて出来上がったのが「スイートハート・チョコレート」。

冬の夕張の魅力が存分に盛り込まれている映画となっています。

ロケ地だけじゃない!北海道夕張市の魅力的な観光情報をまとめてお届け!

ここからは、映画「スイートハート・チョコレート」のロケ地の北海道夕張市の観光情報をまとめてお届けします。

一度は財政破綻に陥りながらも歯を食いしばって再生の道を歩んでいる夕張市。

プロデューサーで脚本も務めたミッシェル・ミーのように、夕張を支援する気持ちで旅行してみましょう!

新千歳空港から一番近いスキー場が夕張のマウントレースイスキー場

北海道の新千歳空港から一番近いスキー場は実は夕張のマウントレースイスキー場です。

東京の羽田空港から90分で新千歳空港に到着、そこからシャトルバスで70分で夕張のゲレンデにたどり着けます。

関東のゲレンデと違い北海道はコースが幅広いのが特徴です。

映画「スイートハート・チョコレート」でも夕張のマウントレースイスキー場がロケに使われたのではないでしょうか。

名称:
マウントレースイスキー場

住所:
北海道夕張市末広2丁目4

公式サイト:
<リンク> マウントレースイスキー場ホームページ

アクセス:
新千歳空港からシャトルバスで70分

石炭の町、夕張の栄華を感じられる石炭博物館では坑道の中に入れる

夕張の町は過去に石炭の町として栄華を誇ってきました。

当時は富裕層が多く、夕張鹿鳴館などは迎賓館のような格式の高い施設も存在しています。

そんな夕張で観光客を引きつけているのが石炭博物館。

石炭が出来るまでの流れ、道内での石炭採掘や石炭従事者など夕張の歴史・文化が学べます。

実際の坑道と石炭層をキャップランプの明かりだけで見学する「まっくら探検」は一つのテーマパークのようですね。

名称:
石炭博物館

住所:
北海道夕張市高松7-1

公式サイト:
<リンク> 夕張リゾートホームページ

アクセス:
新千歳空港から車で60分

夕張の広大な大地に広がる庭園「ゆにガーデン」

北海道は夕張の広大な大地に広がる庭園が「ゆにガーデン」です。

6月下旬からは102万本のリナリア、7月下旬からは3万球のユリとアジサイ、9月からは50万本のコスモスと四季折々の風景が北海道らしいスケールの大きさで広がります。

夕張にきたからには巨大な庭園で大自然を味わうのは必須ですよね。

レストランでは夕張の由仁地方の近郊でとれた新鮮で旬な野菜を使用した身体にやさしいヘルシーなバイキングも楽しめますよ。

名称:
ゆにガーデン

住所:
北海道夕張市由仁町伏見134-2

公式サイト:
<リンク> ゆにガーデンホームページ

アクセス:
新千歳空港から車で35分

うまいものたくさん!北海道夕張市のグルメ情報をまとめてお届け!

ここからは夕張市のグルメ情報をまとめてお届けします。

大自然に囲まれる夕張では新鮮な野菜、果物が盛りだくさん。

観光客をヘルシーな体にしてくれそうですよね。

夕張メロンを使った極上のソフトクリームが「究極のメロンソフト」

夕張の食材と言えば全国的に有名なのがメロンですよね。

夕張メロンのブランドは多くの観光客を引きつけます。

そんな夕張にあるのが「究極のメロンソフト」で何と価格は1000円です。

夕張メロンの販売も手がける「夕張あきんど屋」では販売されているソフトクリームはメロンが贅沢に並べられた器の中央にソフトクリームが控えめにそびえます。

常に夕張メロンのせりに参加しているだけあってそのメロンの味は極上です。

名称:
夕張あきんど屋

住所:
北海道夕張市清水沢3-131

公式サイト:
<リンク> 夕張あきんど屋ホームページ

アクセス:
JR石勝線 清水沢駅下車 徒歩3分

いろんな夕張メロンを味わえるのが夕張メロード

夕張メロンにはいろんな味わい方があります。

新鮮なメロンをそのまま食べる、定番のソフトクリーム、バームクーヘンからメロンパン。

どれも夕張でこそ味わってみたいですよね。

道の駅「夕張メロード」ではいろんな夕張メロンを楽しめます。

中でも有名なのが限定販売されている「コロコロメロンパン」。

メロンの形をしたメロンパンの中には甘いメロンクリームがたっぷりと入り、観光客に大人気の一品です。

道の駅ではメロンの他にもいろんなお土産、食材のショッピングも楽しめますよ。

名称:
道の駅 夕張メロード

住所:
北海道夕張市紅葉山526-19

公式サイト:
<リンク> 北の道の駅ホームページ

アクセス:
JR石勝線 新夕張駅 すぐ

夕張鹿鳴館の上品な空気で旬の食材を

炭鉱の町時代に栄華を極め、セレブ達を招いたのが夕張鹿鳴館です。

その建物は現在でも風格を持ったまま残り、レストランとしても運営されています。

夕張鹿鳴館にあるレストラン「ミレディ」では北海道内で採れた旬の食材を使い夕張フレンチが味わえます。

ランチにディナーに、おしゃれな夕張鹿鳴館で味わう新鮮な食材は極上の体験ですね。

名称:
ミレディ(夕張鹿鳴館)

住所:
北海道夕張市鹿の谷2

公式サイト:
<リンク> 夕張鹿鳴館ホームページ

アクセス:
JR石勝線 鹿の谷駅 徒歩7分

日中合作映画「スイートハート・チョコレート」の舞台となった北海道夕張市のロケ地を観光してみよう!

いかがだったでしょうか。

幻の映画と言われた日中合作映画「スイートハート・チョコレート」がついに公開されます。

その舞台は財政破綻でも有名になってしまった北海道の夕張市。

しかし、その夕張市を助けようとの思いからこの映画が誕生しています。

映画公開に合わせて魅力的な夕張への観光を計画してみるのも良いですよね。



<sponsored link>


関連記事



<sponsored link>