板野友美主演の映画「のぞきめ」の舞台となった栃木県佐野市の撮影場所のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年03月29日
[最終更新日]2016年07月02日

板野友美主演の映画「のぞきめ」の舞台となった栃木県佐野市の撮影場所のロケ地を観光しよう!

ふとした時に襲われる恐怖があります。

目があった人間を恐怖に陥れる怪異「のぞきめ」をテーマにしたホラー映画が元AKB48の板野友美主演で公開されます。

2016年4月2日に公開される映画「のぞきめ」はホラーとミステリーの要素を詰め込んだ物語です。

ホラー作家・三津田信三の原作をもとに、現在と過去の同じ場所で起きた2つの怪事件の顛末が描かれます。

「トリハダ」シリーズの三木康一郎が監督を務め、究極の恐怖の映画が出来あがりました。

恐ろしさを醸し出す怪しい舞台のロケ地には栃木県佐野市が選ばれたようです。

<sponsored link>

《あらすじ》「のぞきめ」ってどんな映画?

テレビ局のADの三嶋彩乃は、ある青年の謎めいた怪死事件を取材する。

青年は、腹がよじれて口から泥を吐き出すという恐ろしい姿で絶命していた。

青年の恋人は「のぞきめ」の仕業だと怯える。

彼らは大学サークルの合宿で山奥へ行った時から、ずっと何かにのぞかれているような気がしていた。

彩乃は「のぞきめ」の真相を追うが、合宿の参加者には不可解な事件が巻き起こる。

彩乃自身にも覗かれる恐怖が襲いかかり小さな隙間に恐怖を感じてありとあらゆる隙間をガムテープで塞ぐなど必死の行動を続ける。

怪異「のぞきめ」におののく人々、そして彩乃の運命はーー。

映画「のぞきめ」のキャストをまとめてご紹介!

 

三嶋彩乃 − 板野友美
テレビ曲のADをしている。
1人の青年の怪死事件を取材するも、怪異「のぞきめ」の事件に巻き込まれていく。

津田信二 – 白石隼也
彩乃の恋人。

岩登和世 – 入来茉里
怪死事件被害者の恋人。

四十澤想一 – 吉田鋼太郎
盲目の老人。
民俗研究者で怪談が好き。

四十澤想一(過去) – 玉城裕規

岩登佳世子 – 東ちづる

城戸勇太郎 – 小澤亮太

スズ – 石井心愛

中岡仁 – 池田鉄洋

高田恵一 – つぶやきシロー

竹村篤史 – 石井正則

武田玲奈

映画「のぞきめ」のスタッフ情報!

監督 – 三木康一郎

原作 – 三津田信三

脚本 – 鈴木謙一

撮影 – 榎本正使

音楽 – 小山絵里奈

VFXスーパーバイザー-西尾和弘

映画「のぞきめ」のロケ地は栃木県佐野市を中心に撮影!

映画「のぞきめ」では歴史のある神社や町並みがロケ地として使われました。

中心となったのは栃木県佐野市の山奥や神社、民家などです。

怪異「のぞきめ」がいるとされる神社、スズが佇んでいた草原、板野友美と恋人役の白石隼也が訪れた山奥など、佐野市が持つ自然環境がうまく撮影に使われたようですね。

<sponsored link>

ロケ地だけじゃない!栃木県佐野市の魅力的な観光情報をまとめてお届け!

ここからは、映画「のぞきめ」のロケ地の佐野市の観光情報をまとめてお届けします。

栃木県の佐野市は東京から車で1時間ほどでたどり着ける便利なロケーションです。

休日に都内から気軽に立ち寄れる佐野市へ、映画「のぞきめ」のロケ地巡りと一緒に観光地を旅してみましょう!

佐野藤岡インターから降りてすぐの佐野プレミアムアウトレットでショッピング!

佐野市に自動車でやってくれば、東北自動車道の佐野藤岡インターに降りてすぐにあるのが「佐野プレミアムアウトレット」です。

有名ブランドのテナントが軒を連ねており、都内から少しのドライブで気軽にアウトレットでのショッピングを楽しめます。

中には子供用の遊戯施設やJAの青果直売所などもあり、ブースの端々にあるフードショップでもくつろげます。

ショッピング好きの板野友美さんもこの佐野プレミアムアウトレットを楽しんだかもしれませんよ。

名称:
佐野プレミアムアウトレット

住所:
栃木県佐野市越名町2058番

公式サイト:
<リンク> 佐野プレミアムアウトレットホームページ

アクセス:
東北自動車道 佐野藤岡ICより車ですぐ

映画「のぞきめ」で取り付いた厄を佐野厄除け大師でお祓い!

佐野市といえば年末年始のテレビCMで有名な通称「佐野厄除け大師」があります。

青柳大師、川越大師と並んで「関東の三大師」の一つとされる佐野厄除け大師は惣宗寺という名前で正月になると初詣で57万人の参拝者が訪れます。

西暦944年に設立された歴史あるお寺で厄除けの聖地ともなっています。

春には庭の霧島つつじが満開になり観光地としてもその魅力を高めます。

映画「のぞきめ」で厄に取り憑かれたと思ったら、佐野厄除け大師でのお祓いが良いかもしれませんね。

名称:
惣宗寺(佐野厄除け大師)

住所:
栃木県佐野市金井上町2233

公式サイト:
<リンク> 惣宗寺ホームページ

アクセス①:
東北自動車道 佐野藤岡ICより車で10分

アクセス②:
JR両毛線 佐野駅下車 徒歩15分

佐野ラーメンを味わう前には「佐野らーめんミニ博物館へ」

佐野市の名物と言えば全国的にも有名な佐野ラーメンです。

佐野駅前交流プラザの「ぱるぽーと」では佐野らーめんのPRのために佐野らーめんミニ博物館が常設されています。

約30店舗のラーメンが本物そっくりに作成されて並んでいます。

各店舗の住所や定休日、めんの特徴やスープの内容などが書かれた資料カードも置いてあり、佐野らーめんを食べに来た観光客にとっては必須の訪問地ですね。

名称:
佐野らーめんミニ博物館

住所:
栃木県佐野市若松町481−4

公式サイト:
<リンク> 佐野らーめんミニ博物館ホームページ

アクセス:
JR両毛線 佐野駅下車 すぐ

うまいものたくさん!佐野市のグルメ情報をまとめてお届け!

ここからは、映画「のぞきめ」のロケ地の佐野市のグルメ情報をまとめてお届けします。

栃木県の佐野市では全国的に有名な「佐野らーめん」が観光客に人気です。

行列に並んでそのご当地ラーメンなどのグルメを味わってみましょう。

佐野らーめんの中でも人気なのが「森田屋 総本店」

ラーメン激戦区の佐野市の中でも人気なのが「森田屋 総本店」です。

店先に製麺場があり青竹を使って麺打ちをしています。

その自家製麺は太くてモチモチしており、あっさりとしたスープとの相性は抜群です。

分厚くて食べごたえのあるチャーシューも味わい深いですよ。

他にもあっさりとしたスープで王道の佐野らーめんとして人気のある「おぐら屋」、澄んだスープにモチモチ麺の「らーめん大金」など、人気店が多くの観光客を引きつけています。

名称:
森田屋 総本店

住所:
栃木県佐野市堀米町70

公式サイト:
<リンク> 森田屋 総本店ホームページ

アクセス:
JR両毛線 佐野駅下車 徒歩15分

川岸にあるお洒落な甘味処「菊水苑」で自家製シロップのかき氷を満喫

佐野市を流れる渡良瀬川の支流・菊沢川の畔にお洒落にたたずむ甘味処が「菊水苑」です。

かき氷のシロップには自家製のみかんやとちおとめなどを使用し、山あいの氷池に湧き水を引いて自然に凍らせた天然氷をつかったかき氷はまさに絶品です。

天然果汁の味わいは地元の人々にも人気で店はいつも人で溢れています。

料理を待っている時間ではテラスの前を流れる川を眺め、その場に訪れる鴨やカワセミなどが雰囲気を作り上げます。

名称:
菊水苑

住所:
栃木県佐野市堀米町2139

公式サイト:
<リンク> 菊水苑 食べログページ

アクセス:
東武鉄道佐野線 堀米駅下車 徒歩20分

年間100万個の味噌まんじゅうを販売する歴史ある名店「新井屋」

佐野市では地元の人にとって愛されているのが味噌まんじゅうで有名な「新井屋」です。

1929年に創業、人気を博して今では年間で100万個以上の味噌まんじゅうを販売しています。

味噌の風味と餡の甘さが絡み合い一口で食べられる丁度いい大きさが人気です。

味噌まんじゅうには「味噌まんじゅう つぶしあん」や「あげ味噌まんじゅう」など種類も豊富でいろんなまんじゅうを味わえます。

まんじゅうを食べた後には濃厚でコクのある冷たい「味噌プリン」をシメにいただくのも一興ですね。

名称:
味噌まんじゅう 新井屋

住所:
栃木県佐野市本町2942

公式サイト:
<リンク> 味噌まんじゅう 新井屋ホームページ

アクセス:
JR両毛線 佐野駅下車 徒歩10分

板野友美主演の映画「のぞきめ」の舞台となった栃木県佐野市のロケ地を観光しよう!

いかがだったでしょうか。

目があった人間を恐怖のドン底に落とし入れるホラー映画「のぞきめ」が板野友美主演で2016年4月2日に公開されます。

雰囲気のある恐ろしい場所のロケ地としては都内から車で1時間ほどの栃木県佐野市が使われました。

都心から気軽に行ける佐野市ではアウトレットや佐野らーめんなど観光場所が盛りだくさんです。

映画「のぞきめ」で恐怖を感じたら、ロケ地巡りをした後に佐野厄除け大師で厄をはらうのも良いですね

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>




<sponsored link>


関連記事