NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の舞台となった兵庫県神戸市のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年04月06日
[最終更新日]2016年08月24日

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の舞台となった兵庫県神戸市の撮影場所のロケ地を観光してみましょう!

国民的な人気を誇るNHKの連続テレビ小説は2016年10月からのシリーズでついに第95作品目となります。

2016年4月からの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に続くのは「べっぴんさん」。

アパレルメーカの「ファミリア」の創業者の坂野惇子(ばんの あつこ)をモデルに、昭和時代に子供服作りで生涯を費やした女性の生き様を描く。

脚本は「名前をなくした女神」「ファースト・クラス」などの代表作がある渡辺千穂で、夫でフリーアナウンサーの羽鳥慎一とはテレビ朝日系列での裏番組と「夫婦対決」として話題になっています。

「べっぴんさん」は戦後の焼け跡から娘のため、子供のために子供服作りに進んで行く女性の物語です。

タイトルの「べっぴん」は江戸時代には「別品」と書き、「特別によい品物」を表す言葉でした。

ヒロインの「すみれ」が作り上げる子供服が「別品」であり、その美しい生き様も「べっぴん」だとの意味も込められています。

放送は2016年10月3日(月)から2017年4月1日(土)の全151回の予定で、2016年5月25日にクランクインしました。

主題歌はMr.Childrenの新曲「ヒカリノアトリエ」になると8月24日に決定、国民的な人気歌手グループのミスチルの曲に乗ってべっぴんさんの人気がさらに高まりそうですね。

べっぴんさんのロケ地は、ドラマのモデルとなる坂野惇子が実際にベビーショップを開いた兵庫県神戸市や大阪が舞台になります。

<sponsored link>

《あらすじ》「べっぴんさん」ってどんなドラマ?

昭和のはじめに神戸で生まれた「すみれ」は早くに亡くなった母から教えられた刺繍や手芸が大好きな女の子だった。

会社を経営していた父や元気な姉のもとですくすくと育ち、18歳でお見合い結婚して娘も授かります。

しかし、戦争で人生の全てが変わる。

夫は出征して財産は没収されるなど途方にくれる。

すみれが幼い娘のために服を手作りをしていると、それを商売にしたらどうかと誘われる。

すみれは様々な事情を抱えた女性達と集まり子供服作りに邁進し、気がつけば会社を立ち上げます。

戦争から戻り女性が働くことに反対していた夫の紀夫もすみれたちの姿を見て妻を支えるパートナーになっていきます。

すみれと紀夫は、仲間たちと子供服作りに没頭して宮内庁御用達と認められるまで成長します。

後年、すみれは大人になった娘たちとともに、「子供のモノなら何でもそろう」日本初の総合子供用品店をオープンさせるーー。

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」のキャストをまとめてご紹介!

 

坂東すみれ – 芳根京子
裕福な坂東家の次女として生まれ、刺繍や縫い物が大好きな女の子として穏やかに育つ。
頭の中で考え事をすることが多く、周りにはボーっとしているように思われることも。
一方で、自分が決めたことは決して譲らない頑固さも持つ。
18歳でお見合い結婚、妊娠をするが夫は太平洋戦争で出征する。
幸せに育ってきたものの終戦間際に生まれ育った神戸が空襲を受けて屋敷も財産も失う。
夫を待ちながら生活のために得意だった洋裁の腕を生かして子供服作りを始める。
仲間を集めて子供服専門店を立ち上げ日本の新しい文化を築いていく。

坂東五十八 – 生瀬勝久
すみれとゆりの父。
商才があり父の布の売買事業の一部を次男の立場で受け継ぎ、繊維会社「坂東営業部」を設立して利益をあげる。
だが、本家が傾き長男に得意先を譲るなど足を引っ張られることもある。
娘たちには過保護な一面を見せる。
合理主義者で商売の哲学は「よき相棒を作れ」「初志貫徹」。

坂東はな – 菅野美穂
すみれとゆりの母。
明るい女性だが体が弱い。
夫の五十八の大阪の商売を支える。
手先が器用で刺しゅうが得意だったが、すみれが9才の時に亡くなる。

坂東ゆり – 蓮佛美沙子
すみれの3歳上の姉。
成績優秀かつ運動も得意で自分に自信を持っている。
経営者の家の跡取り娘として将来を考えているが戦争の被害にあい女性として生き方を模索するようになる。
結婚と出産を経て成長し、仕事と家庭の両立に苦労するすみれの支えとなる。

野上潔- 高良健吾
板東五十八の設立した「板東営業部」を支えてきた野上正蔵のひとり息子ですみれの幼なじみ。
強さと優しさを持つ頼れる兄貴分ですみれを支え続ける。
自信の父が板東五十八と築いた「坂東営業部」を再建させるため駆け回る。

野上正蔵- 名倉潤
坂東営業部の番頭役で板東五十八が最も頼りにする。
潔の父で数字に強く実直な性格。
板東五十八がいなければ自分はないと恩を感じて坂東家に忠誠を誓う。

小野明美- 谷村美月
坂東家の女中のマツの娘。
幼い頃に父が亡くなって母とつつましい生活をしてきた。
お金持ちに対しては憎しみも抱いている。
母を楽にするために働きながら英語を学び看護師の資格をとる。
すみれが協力を求めてやって来るも当初は金持ちの道楽と見放す。
その後、すみれの信念に気づいていく。

多田良子 – 百田夏菜子
すみれの女学校時代の同級生で「手芸倶楽部」の一員。
手先が器用で洋服や小物を作るのが得意。
明るいお調子者で仲間たちのムードメーカー。
戦争後の生活に不安を抱える中で、すみれに再会し商売に誘われる。

田坂君枝 – 土村芳
すみれの女学校時代の同級生で「手芸倶楽部」の一員。
生真面目な性格で学生時代は軍国少女だった。
デザインやイラストが得意。戦後にすみれと再会して商売を手伝うようになる。

麻田茂男 – 市村正親
神戸の靴店「あさや」の店主。
坂東家に出入りする靴職人。
顧客からの信頼も厚い腕の良い職人。
幼いすみれにもの作りの仕事への関心を頂かせる師匠のような存在。

坂東トク子 – 中村玉緒
五十八の母であり、すみれとゆりの祖母。
跡継ぎである長男を大切にする慣習のため、兄に得意先を譲り故郷を離れた次男の五十八に負い目がある。
戦中には疎開することになったすみれたちを温かく迎え入れる。

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」のスタッフ情報!

脚本 – 渡辺千穂

演出- 梛川善郎、安達もじり

プロデューサー – 堀之内礼二郎

主題歌 – Mr.Children「ヒカリノアトリエ」

制作統括 – 三鬼一希

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の撮影場所のロケ地は兵庫県神戸市や大阪!

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の撮影場所のロケ地は兵庫県神戸市や大阪!

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の撮影場所のロケ地には兵庫県神戸市や大阪が使われます。

すみれのモデルであるアパレルメーカの「ファミリア」の創業者の坂野惇子は1948年12月に神戸で主婦4人でベビーショップを開業しています。

その後、「ファミリア」を創業すると1951年4月には大阪阪急百貨店に直営店を開設するなど大阪を拠点に勢力を拡大していきます。

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」でも、兵庫や大阪を中心に撮影の中心になったようですね。

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」は神戸市の異人館「萌黄の館」をロケ地としてクランクイン!

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」は神戸市の異人館「萌黄の館」をロケ地としてクランクイン!
出典:神戸北野異人館街

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」は神戸市の異人館「萌黄(もえぎ)の館」で2016年5月25日にクランクインしました。

芳根京子、蓮佛美沙子、谷村美月の三人がロケに参加、NHK連続テレビ小説という長いドラマに取り組みます。

異人館「萌黄の館」は明治36年(1903年)にアメリカ総領事ハンターシャープの邸宅として建築されたことから、旧シャープ住宅とも呼ばれます。

木造2階建ての異人館は2つの異なった張り出し窓などを始め贅沢な意匠が特徴的です。

昭和55年(1980年)に国の重要文化財に指定され、伝統的建造物として一般に公開されています。

べっぴんさんのロケ地として観光名所としての魅力が増しますね。

名称:
異人館・萌黄(もえぎ)の館(旧シャープ住宅)

住所:
兵庫県神戸市中央区北野町3-10-11

アクセス:
JR三ノ宮駅より徒歩15分

<sponsored link>

べっぴんさんのロケ地だけじゃない!兵庫県神戸市の魅力的な観光情報をまとめてお届け!

ここからは、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の舞台となった兵庫県神戸市の観光情報をまとめてお届けします。

100万ドルと言われる神戸は夜景の美しい街で大阪からも近く多くの観光客を集めています。

その魅力的な街並みから2016年の映画「デスノート Light up the NEW world」など多くの作品の舞台にもなっているんですよ。

神戸の中華街「南京町」は映画「オオカミ少女と黒王子」の舞台

神戸の中華街「南京町」は映画「オオカミ少女と黒王子」の舞台
出典:パインの品格

国際的な町と言われる神戸では日本三大中華街の一つ「南京町」が有名です。

東西に約200m、南北に約100mとやや小さめの範囲に100店舗ほどの店が立ち並ぶチャイナタウン。

修学旅行に定番の観光地であり、山崎賢人と二階堂ふみが主演の映画「オオカミ少女と黒王子」でも高校生の修学旅行の行き先としてロケ地になっています。

いくつもの提灯が並び神戸の元気が詰まっていると言われる南京町は魅力的な観光名所ですよ。

名称:
南京町(中華街)

住所:
兵庫県神戸市中央区栄町通1−3−18

公式サイト:
<リンク> 南京町ホームページ

アクセス:
JR神戸線・阪神電車 元町駅から徒歩で5分

明治の香り漂う「兵庫県公館」は2015年の映画「HERO」で重要な場所

明治の香り漂う「兵庫県公館」は2015年の映画「HERO」で重要な場所
出典:若葉マークの都市建築研究所

明治35年(1902)年に兵庫県本庁舎として建設され、歴史的文化遺産となったのが兵庫県公館です。

現在では兵庫県の重要な行事に迎賓館として利用されるほか、資料館では歴史的価値のある展示物が紹介されています。

ここは木村拓哉が主演の国民的人気を誇る「HERO(ヒーロー)」の2015年の第二弾の映画で重要な場所となりました。

物語の中心となるネウストリア公国の大使館のロケ地として兵庫県公館が使われました。

SMAPファンにとっては是非とも訪れたいキムタクの聖地の一つですね。

名称:
兵庫県公館

住所:
兵庫県神戸市中央区下山手通4丁目4−1

アクセス:
元町駅より徒歩6分

水族館「スマスイ」は2016年のNHKドラマ「水族館ガール」のモデル

水族館「スマスイ」は2016年のNHKドラマ「水族館ガール」のモデル

神戸市にある人気の施設が神戸市立須磨海浜水族園、通称「スマスイ」です。

ここは2016年のNHKドラマ「水族館ガール」の原作のモデルになった場所なんですよ。

2016年の夏にNHKが「水族館ガール」を放送したことで水族館の人気が急激に高まっています。

イルカショーを見学し、ペンギンとの記念写真などを楽しんでみたいですね。

名称:
神戸市立須磨海浜水族園(スマスイ)

住所:
兵庫県神戸市須磨区若宮町1丁目3−5

公式サイト:
<リンク> 神戸市立須磨海浜水族園ホームページ

アクセス:
JR須磨海浜公園駅より徒歩5分

うまいものたくさん!兵庫県神戸市のグルメ情報をまとめてお届け!

ここからは、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の舞台となった兵庫県神戸市のグルメ情報をまとめてお届けします。

神戸は歴史的な建造物をそのままレストランに再生する独特のグルメ文化を持っています。

無数ある異人館がオシャレなレストランとなり、映画などのロケ地にもたびたび登場しているんですよ。

神戸ローストビーフのレストラン「ジェームス邸」は映画「高台家の人々」のロケ地

神戸ローストビーフのレストラン「ジェームス邸」は映画「高台家の人々」のロケ地
出典:ごま塩マッチの歴史探訪

歴史的建造物でありながら神戸ローストビーフのレストランとして現役のお店なのが「ジェームス邸」。

神戸市指定有形文化財に認定され、歴史ある雰囲気を楽しみながら神戸牛を楽しめる名店です。

その豪華な内装から、綾瀬はるかが主演の映画「高台家の人々」において、格式高い高台家のロケ地になっています。

美しい景色を楽しみながらの特選黒毛和牛を炭火焼きにしたローストビーフは最高ですよ。

名称:
ジェームス邸

住所:
兵庫県神戸市垂水区塩屋町6丁目28−1

公式サイト:
<リンク> ジェームス邸ホームページ

アクセス:
JR山陽本線 滝の茶屋駅より徒歩7分

国の重要文化材財でありながらカフェレストランの「トゥーストゥース」

国の重要文化材財でありながらカフェレストランの「トゥーストゥース」
出典:TOOTH TOOTH

歴史的建造物でありながらレストランとして運営しているのはジェームス邸だけではありません。

国の重要文化財に指定されながら、レストランとして人気なのが「TOOTH TOOTH maison15th (トゥーストゥースメゾンジュウゴ)」。

神戸に残る最も古い異人館「旧神戸居留地十五番館」をリノベーションしてオシャレなカフェレストランとなりました。

こちらも色んな作品のロケ地ですが、綾瀬はるか主演の2008年の映画「僕の彼女はサイボーグ」にも登場しているんですよ。

名称:
TOOTH TOOTH maison15th (トゥーストゥースメゾンジュウゴ)、旧神戸居留地十五番館

住所:
兵庫県神戸市中央区浪花町15

公式サイト:
<リンク> TOOTH TOOTH maison15thホームページ

アクセス:
JR、阪神電鉄 元町駅より徒歩10分

洋食文化が育った神戸旧居留地のフレンチレストラン「ヴィラブランシュ」

洋食文化が育った神戸旧居留地のフレンチレストラン「ヴィラブランシュ」
出典:http://www.hajime-edu.com/

かつて外国の治外法権だった神戸旧居留地にはオシャレなレストランがひしめき合っています。

洋食文化が育った町で手の込んだフレンチが味わい深いのがフレンチの「VILLA BLANCHE(ヴィラブランシュ)」。

一軒家のフレンチレストランで季節感あふれるシェフのこだわり料理が特徴的です。

2008年の金城武と小西真奈美の映画「Sweet Rain 死神の精度」のロケ地にもなっているんですよ。

名称:
VILLA BLANCHE(ヴィラブランシュ)

住所:
兵庫県神戸市中央区加納町6丁目4−1

公式サイト:
<リンク> VILLA BLANCHEホームページ

アクセス:
JR三ノ宮駅より徒歩10分

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の舞台となった兵庫県神戸市のロケ地を観光してみよう!

いかがだったでしょうか。

国民的人気を誇るNHK連続テレビ小説の第95作品目となる「べっぴんさん」。

アパレルメーカの「ファミリア」の創業者の坂野惇子をモデルに、子供服作りで「べっぴんさん」が輝いていくようです。

ヒロインの芳根京子は歴代の朝ドラアイドルのように輝いていくのか。

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」を楽しみにしていましょう!

 

こちらの記事も合わせてぜひどうぞ。

NHK連続テレビ小説のロケ地を観光!

説「とと姉ちゃん」の舞台となった静岡県浜松市をロケ地を観光!

「あさが来た」の舞台となった奈良県橿原市のロケ地を観光!

「まれ」の舞台となった石川県能登の輪島市のロケ地を観光!

「てっぱん」の舞台となった広島県尾道市のロケ地を観光!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>




<sponsored link>


関連記事