佐藤浩市主演の映画「64-ロクヨン-」の舞台となった群馬県前橋市のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年04月17日
[最終更新日]2016年07月05日

佐藤浩市主演の映画「64-ロクヨン-」の舞台となった群馬県前橋市のロケ地を観光しよう!

究極のミステリーがオールスターキャストで映画化される。

「半落ち」や「クライマーズ・ハイ」などを生み出してきた横山秀夫の名作「64(ロクヨン)」。

2012年の「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、2013年の「このミステリーがすごい!」第1位などに選ばれた名作が、佐藤浩市主演で前後編2部作として映画化されます。

昭和64年に発生した未解決の少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」に挑む主人公を演じる佐藤浩市のほか、部下には綾野剛や榮倉奈々。

そのほかには瑛太、永瀬正敏、三浦友和、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、椎名桔平、滝藤賢一、奥田瑛二、仲村トオル、吉岡秀隆など主演級の俳優陣が出演する超豪華な布陣。

2016年5月7日に前編、6月11日に後編が放送されます。

「64(ロクヨン)」の原作者の横山秀夫は群馬県の上毛新聞の記者出身です。

この物語は実際に群馬県で昭和62年に起きて時効が成立して未解決となった誘拐殺人事件がモデルになっているとも言われています。

そんな超話題作のミステリー映画「64-ロクヨン-」は主に群馬県前橋市を撮影場所のロケ地としました。

<sponsored link>

《あらすじ》「64-ロクヨン-」ってどんな映画?

《あらすじ》「64-ロクヨン-」ってどんな映画?
出典:http://64-movie.jp/

昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン事件」は多くの人の心残りとなっていた。

未解決のまま14年が経ち、時効まであと1年に迫ったのは年号が変わった平成14年。

誘拐殺人事件の被害者の父は警察を全く信用せず、警察からの慰問を受け入れようとしない。

被害者との交渉を担当していた県警の警務部広報官の三上は当時、捜査に加わって犯人から要求された2000万円の身代金を運ぶ父親の車を追っていた。

だが、身代金は奪われて5日後に誘拐された少女の遺体が発見される。

昭和64年に起きた悲惨な事件を「ロクヨン」と呼び警察は捜査を進めていったが解決には至っていなかった。

三上は平成14年に突然警務部への異動を命じられ、広報官に任じられる。

そんな三上には元ミス県警の妻の美那子と高校生の娘のあゆみがいた。

あゆみは父親の顔を受け継いだ自分の容姿を憎み整形をしようとするが反対されて家出してしまう。

娘の捜索を警察に頼むが見つからず、三上は妻の美奈子とも関係が上手くいかなくなる。

そんな時、主婦による重傷交通事故が発生する。

加害者が妊娠8か月であったため母胎への影響を考慮して匿名で記者クラブに発表したところ、記者から猛抗議を受ける。

警察の広報室と記者の関係が険悪になり広報の仕事に終われる三上。

するとロクヨン事件をめぐって警察内部での人事抗争が起きていた不祥事がマスコミにスクープされる。

同時にロクヨンを模倣したと思われる誘拐事件が発生、警察は混乱し記者との関係も複雑になっていく。

三上は広報として記者との交渉を進め、目の前の誘拐事件と過去のロクヨン事件との調査も進めていくーー。

映画「64-ロクヨン-」のキャストをまとめてご紹介!

三上 義信 – 佐藤浩市
警務部秘書課広報室の広報官。
26年間在籍していた刑事部時代にロクヨン事件の捜査にあたっていた。
春の異動により広報室勤務となった。
娘の家出などの状況を抱えながら、上司や記者との対応に奔走する。
未解決のロクヨン事件についてその謎を調査している。

三上 美那子 – 夏川結衣
義信の妻で元ミス県警の美人。
家出した娘のあゆみから電話があるかもしれないからと引きこもり気味になる。
ロクヨン事件では、犯人の身代金の受け渡し場所に張り込んでいた。

三上あゆみ – 芳根京子
義信と美那子の娘。
父に似て美人の母とは違う自分の容姿に悩み整形をしようとするが父に反対されて家出する。

諏訪 – 綾野剛
義信の部下で機転の利く広報マン。
記者との交渉に奔走する。

綾野剛が出演するドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介

美雲 – 榮倉奈々
義信の部下で広報室の紅一点。
仕事熱心で純粋な心を持つ。

辻内 欣司 – 椎名桔平
同期の出世頭で、将来の警察庁長官の椅子に近い男とされている。

赤間 – 滝藤賢一
マスコミを牽制するために三上を広報官に抜擢する。
出世意欲は強いキャリア組。

荒木田 – 奥田瑛二
刑事たちの象徴ともいえる刑事部長職。
そのポストが本庁に奪われると知り、内部の権力闘争に明け暮れる。

秋川 – 瑛太
県警記者クラブを幹事社として取り仕切る記者クラブのボス。

目崎 正人 – 緒形直人
新たに発生したロクヨン模倣事件で娘が誘拐されてしまう。

日吉 浩一郎 – 窪田正孝

窪田正孝が出演するドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介!

二渡 真治 – 仲村トオル

幸田 一樹 – 吉岡秀隆

雨宮 芳男 – 永瀬正敏

松岡 勝俊 – 三浦友和

坂口健太郎

筒井道隆

鶴田真由

赤井英和

菅田俊

金井勇太

小澤征悦

菅原大吉

柄本佑

映画「64-ロクヨン-」のスタッフ情報!

原作 – 横山秀夫「64(ロクヨン)」(文春文庫刊)

監督 – 瀬々敬久

脚本 – 久松真一、瀬々敬久

脚本協力 – 井土紀州

音楽 – 村松崇継

主題歌 – 小田和正「風は止んだ」(Little Tokyo / アリオラジャパン)

エグゼクティブプロデューサー – 平野隆

企画 – 越智貞夫

配給 – 東宝

企画協力 – 文藝春秋

製作 – 映画「64」製作委員会

映画「64-ロクヨン-」で商店街の撮影場所のロケ地となった「前橋弁天通り商店街」

映画「64-ロクヨン-」で商店街の撮影場所のロケ地となった「前橋弁天通り商店街」
出典:駅近散歩

映画「64-ロクヨン-」では商店街の撮影場所のロケ地として「前橋弁天通り商店街」が使われました。

前橋市の中心にあるこの商店街は昭和時代の雰囲気を残し、他のドラマやCMでも使われているほどに有名です。

1909年に現在の広さの通りが生まれ、約40年前にアーケードができるなど長い歴史を持っています。

全国でも珍しい曲線型のアーケード商店街が特徴ですね。

■基本情報
名称:前橋弁天通り商店街
住所:群馬県前橋市千代田町3丁目
アクセス:JR両毛線 前橋駅から車で10分

商店街の撮影場所のもう一つのロケ地となった「前橋中央通り商店街」

商店街の撮影場所のもう一つのロケ地となった「前橋中央通り商店街」
出典:(社)前橋青年会議所ブログ

映画「64-ロクヨン-」では商店街の撮影場所のロケ地として「前橋弁天通り商店街」のほかに「前橋中央通り商店街」も使われています。

前橋には9つの商店街があり、弁天通りと中央通りのほかに、竪町通り、立川町大通り、オリオン通り、銀座一丁目通り、銀座二丁目通り、馬場川通りと揃っています。

数字の9と、アルファベットのQの音をかけて、「Qのまち」と呼ばれている前橋の魅力が撮影場所としてふんだんに生かされていますね。

■基本情報
名称:前橋中央通り商店街
住所:群馬県前橋市千代田町2
アクセス:JR両毛線 前橋駅から車で7分

映画「64-ロクヨン-」のロケ地として登場するハンバーグ屋が「フライングガーデン文京町店」

映画「64-ロクヨン-」のロケ地として登場するハンバーグ屋が「フライングガーデン文京町店」
出典:出張先でこれ食べよう

映画「64-ロクヨン-」ではハンバーグ屋での撮影場所のロケ地として「フライングガーデン文京町店」が使われました。

大迫力の「爆弾ハンバーグ」が有名な地元の名店です。

ガッツリ食べたい人向けのダブル爆弾もボリューム満点で大食いの客を喜ばせています。

映画「64-ロクヨン-」の撮影場所として使われたことから、主演の佐藤浩市のサインも飾ってあるようですよ。

■基本情報
名称:フライングガーデン文京町店
住所:群馬県前橋市文京町3丁目132−4
公式サイト:<リンク> フライングガーデン文京町店ホームページ
アクセス:JR両毛線 前橋駅から車で8分

県警本部の内部は新潟県長岡市の旧柳原分庁舎でセットを作り込み

県警本部の内部は新潟県長岡市の旧柳原分庁舎でセットを作り込み
出典:長岡ロケなび

映画「64」は佐藤浩市ら警察の広報、記者たちとのやり取りが物語で重要な部分を占めます。

その県警内部は新潟県長岡市の旧柳原分庁舎でセットを 作りこみました。

この旧柳原分庁舎は長岡市庁舎として1955年に竣工され、その後には公民館や科学博物館などで活用されてきました。

現在は閉鎖されたためにビルを丸々、映画のセットとして利用することができました。

映画「64」において重要なロケ地となりましたが取り壊しが決まっているのが残念ですね。

■基本情報
名称:旧柳原分庁舎
住所:新潟県長岡市柳原町2-1
アクセス:JR長岡駅より徒歩15分

昭和64年の終わりを告げる印象的なシーンのロケ地は栃木県足利市の県道67号線

昭和64年の終わりを告げる印象的なシーンのロケ地は栃木県足利市の県道67号線
出典:http://tamagazou.machinami.net/

映画「64」では昭和天皇が崩御されて昭和64年が終わりを告げ、道に半旗が延々と掲げられた印象的なシーンがあります。

このロケ地に選ばれたのは栃木県足利市の足利駅前を走る県道67号線です。

撮影は早朝6時に行われましたが、偶然にその道を通った人は町の重苦しい雰囲気に驚いたかもしれませんね。

■基本情報
名称:県道67号線
住所:栃木県足利市伊勢町1丁目3−5
アクセス:JR両毛線 足利駅より徒歩3分

冒頭の雪景色のシーンは山形県の旧高畠駅がロケ地

冒頭の雪景色のシーンは山形県の旧高畠駅がロケ地
出典:たかはた文化遺産

映画「64」の冒頭では佐藤浩市とその妻を演じる夏川結衣が娘の失踪の件で北国の警察署を訪ねます。

雪景色が鮮やかなシーンは山形県の旧高畠駅がロケ地になりました。

明治33年に開業した歴史ある場所で、昭和49年に廃止された後は沿道に700本の桜が植えられて美しい景色となっています。

古い鉄道車両も展示保存されているため、山形観光の際には立ち寄ってみるのもいいですね。

■基本情報
名称:旧山形交通高畠駅
住所:山形県東置賜郡高畠町高畠1568
アクセス:JR高畠駅より車で10分

<sponsored link>

ロケ地だけじゃない!群馬県前橋市の魅力的な観光情報をまとめてお届け!

ここからは、映画「64-ロクヨン-」のロケ地の前橋市の観光情報をまとめてお届けします。

前橋市は群馬県の中核都市で大企業の支社や支店なども多く工業団地の町です。

一方で、少し離れれば大自然があふれる人と自然が融合した町でもありますよ。

前橋市と言えばイニシャルDで有名な赤城山のドライブ

前橋市と言えばイニシャルDで有名な赤城山のドライブ

前橋市と言えば有名なのが赤城山です。

赤城山の頂上には大沼湖畔、赤城神社まで車でのドライブを楽しめます。

そのドライブコースこそが漫画「イニシャルD」での赤城山コースで、過去には実際に走り屋たちが峠を攻めていました。

赤城山の入口から少し走ったところの休憩所はイニシャルDに出てきた場面でもあり聖地とも言えますね。

赤城山頂上へのドライブコースを楽しんだ先にあるのが赤城神社。

大沼湖畔にあり朱塗りの橋と真っ赤な建物は雰囲気があり、縁結びや安産、子育てなどにご利益があるパワースポットとなっています。

■基本情報
名称:赤城神社
住所:群馬県前橋市富士見町赤城山4-2
公式サイト:<リンク> 赤城神社ホームページ
アクセス①:関越自動車道 赤城インターより車で60分
アクセス②:JR両毛線 前橋駅から車で70分

群馬県前橋市にあるのは広大な丘を生かしたドイツ村

群馬県前橋市にあるのは広大な丘を生かしたドイツ村
出典:山とハナウタ

都心から離れた前橋市は中央部こそ商店街ですが、少し離れれば大自然が広がります。

そんな前橋の広大な丘にアトラクションや動物、手造り体験が楽しめるドイツ村が「赤城高原牧場クローネンベルク」です。

広い庭には西欧風の綺麗な花々が植えられ、グルメではドイツビールとソーセージが味わい深い。

名物は牧羊犬ショーで、15時ほどになると羊の大移動を見ることができます。

放牧ゾーンに移動した羊に餌をやることもできるなど子供に大人気のショーとなっています。

■基本情報
名称:赤城高原牧場クローネンベルク
住所:群馬県前橋市苗ヶ島町2331
公式サイト:<リンク> 赤城高原牧場クローネンベルク ホームページ
アクセス:上毛電鉄上毛線 大胡駅より車で20分

私設博物館で日本一の人気を誇る「伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館」

私設博物館で日本一の人気を誇る「伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館」
出典:大介の下道の旅

前橋に来たならば立ち寄ってみたいのが日本一の私設博物館です。

「伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館」は懐かしいおもちゃや人形、昭和の街並みを再現した駄菓子屋横町などが展示され、集客力はなんと毎年40万人。

往年の名車を展示した自動車博物館はまさに昭和を感じさせ、映画「64-ロクヨン-」の世界観をも彷彿とさせます。

また漫画「イニシャルD」の主人公の店として有名な藤原豆腐店を完全に再現、イニシャルDの聖地としても存在感を放っています。

老若男女、昭和時代を懐かしむ夫婦から若いカップルまで楽しめる日本最大級のアミューズメントスポットと言えますね。

■基本情報
名称:伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館
住所:群馬県北群馬郡吉岡町大字上野田2145
公式サイト:<リンク> 伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館ホームページ
アクセス:JR上越線 八木原駅より車で15分

うまいものたくさん!前橋市のグルメ情報をまとめてお届け!

ここからは、映画「64-ロクヨン-」のロケ地の前橋市のグルメ情報をまとめてお届けします。

工業団地でもある前橋では歴史をもったグルメの名店が数多く立ち並びます。

前橋の豚肉料理NO.1を決める「T-1グランプリ」など、地元でもグルメのアピールに積極的になっていますよ。

前橋の豚肉料理の初代王者はそば屋の「大村うどんそば店」

うどんそば店なのに豚肉料理ナンバーワンの「大村うどんそば店」
出典:HEAVEN’S DOOR

前橋の豚肉料理のNO.1を決める「T-1グランプリ」での初代王者がそば屋の「大村うどんそば店」です。

ソースカツ丼は群馬県の名物の一つでもあり、そんな群馬は前橋での人気店です。

老舗の名店で秘伝のタレが絶妙なソースカツ丼を作り上げています。

県産豚のヒレ肉と川場の名水で炊きあげたご飯にのせたカツ丼、その名も「おそば屋さんのソースカツ丼」を味わってみたいですよね。

■基本情報
名称:大村うどんそば店
住所:群馬県前橋市総社町総社1491-1
公式サイト:<リンク> 大村うどんそば店 食べログページ
アクセス:JR群馬総社駅から徒歩20分

群馬の名店、創業150年の歴史をもつ焼きまんじゅう発祥の店「原嶋屋総本家」

群馬県民にとって懐かしい郷土料理「焼きまんじゅう」は老舗の「原嶋屋総本家」で
出典:焼まんじゅうを食らう!

群馬県では焼きまんじゅうの店が多く並んでいます。

その発祥は安政4年(1857年)、原嶋類蔵が小麦粉ともち米を原材料にしてどぶろくをたねとして作ったと言われています。

創業150年の歴史を持つ「原嶋屋総本家」ではその伝統ある焼きまんじゅうを味わえます。

時間をかけてじっくり焼かれ、香ばしい味噌ダレとカリッと焼かれた極上のまんじゅうが多くの人に愛されていますよ。

建物は幕末の生家を復元したもので、その雰囲気も同時に楽しめる群馬でも人気の名店です。

■基本情報
名称:原嶋屋総本家
住所:群馬県前橋市平和町2-5-20
公式サイト:<リンク> 原嶋屋総本家 食べログページ
アクセス:上毛電気鉄道 中央前橋駅から車で5分

上州名物の「鳥めし弁当」を味わえる老舗の「登利平」

上州名物の「鳥めし弁当」を味わえる老舗の「登利平」
出典:食べログ

昭和28年創業の歴史を持ち、上州で50年も愛されてきた鳥料理店が「登利平」(とりへい)です。

開業当初からメニューにあった「鳥重」、その当時の「たれ」はたれ壷の中で生き続けて現在も登利平の味として残っています。

長年愛されてきた鳥料理は上州名物と言われるまで成長し、薄くスライスした鶏肉と国産米にを登利平自慢の「たれ」がまぶされて上質な味わいを作り上げています。

上州御用鳥めし松弁当でやわらかい肉と、まろやかでコクのあるたれが調和して極上の一品となっていますよ。

■基本情報
名称:登利平(とりへい)
住所:群馬県前橋市六供町1丁目18−6
公式サイト:<リンク> 登利平ホームページ
アクセス:JR前橋駅から徒歩16分

佐藤浩市主演の映画「64-ロクヨン-」の舞台となった群馬県前橋市のロケ地を観光しよう!

いかがだったでしょうか。

佐藤浩市主演の映画「64-ロクヨン-」では昭和時代にたった7日間だけあった1年間です。

未解決の少女誘拐殺人事件をテーマにしたミステリーでは昭和の最後の時代を感じさせる風景として、群馬県の前橋市が撮影場所のロケ地の中心となっています。

そんな前橋には昭和時代を感じさせるような風景、グルメが盛りだくさん。

映画「64-ロクヨン-」のロケ地巡りと同時に、歴史を味わえる前橋を観光してみましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>