阿部サダヲ主演の映画「殿、利息でござる」の舞台となった山形県鶴岡市のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年04月22日
[最終更新日]2016年07月02日

阿部サダヲ主演の映画「殿、利息でござる」の舞台となった山形県鶴岡市の撮影場所などのロケ地を観光しよう!

3億円集めてビンボー脱出!

現代の話ではなく、実話の時代劇の映画「殿、利息でござる」が2016年5月14日に公開されます。

原作は「武士の家計簿」の磯田道史による「穀田屋十三郎」。

重税に苦しむ宿場町の住民たちが力を結集し、お上に金を貸し付けて利息収入を企むコメディーのような話。

これは、江戸時代中期の1700年代の仙台藩、現在の宮城県黒川郡大和町であった実話を基にした映画でもあります。

監督・脚本は「アヒルと鴨のコインロッカー」や「ゴールデンスランバー」を手掛けた中村義洋。

主演は阿部サダヲに、共演は瑛太、妻夫木聡、竹内結子 、松田龍平など豪華キャストが集まりました。

表題の「殿」にはフィギュアスケート世界王者でソチオリンピック金メダリストの羽生結弦が初めて役者として出演することでも有名です。

そんな「殿、利息でござる」の撮影には時代劇で有名な山形県鶴岡市がロケ地となりました。

<sponsored link>

《あらすじ》「殿、利息でござる」ってどんな映画?

独眼竜で有名な伊達政宗が仙台城や城下町を建設したのが1601年、それから世代を超えて1766年の仙台藩主は第7代となる伊達重村。

そんな伊達藩が治める吉岡宿は仙台藩の直轄領ではないために助成金が給付されずに重税に苦しんでいた。

破産と夜逃げが相次いで寂れていく小さな宿場町の吉岡宿。

町の将来を心配する十三郎は、町一番の知恵者と自称する篤平治に相談する。

篤平治が考えたのは藩に大金を貸し付けて利息を巻き上げるという秘策。

百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想だが、計画が明るみに出れば打ち首は確実だ。

3億円=千両の大金を水面下で集める百姓たちの逆襲の頭脳戦が始まる。

「この行いを末代まで決して人様に自慢してはならない」。

そんな掟を課しながら、十三郎と弟の甚内、宿場町の仲間たちは、町のため人のため、時には私財を投げ売って金集めに奔走するーー。

映画「殿、利息でござる」のキャストをまとめてご紹介!

 

穀田屋 十三郎 – 阿部サダヲ
寂れていく小さな宿場町の吉岡宿で造り酒屋を営む。
思い込んだら試練の道を行く男。
飯屋の女将で未亡人のときに恋心を抱いている。

菅原屋 篤平治 – 瑛太
寂れる宿場町の吉岡宿で、「自称」吉岡宿一の知恵者の茶師。

浅野屋 甚内 – 妻夫木聡
十三郎の弟で吉岡宿一の造り酒屋「浅野屋」の主。
ケチな金貸しとの噂が広まっている。

とき – 竹内結子
吉岡宿の多くの人に愛される飯屋の女将で未亡人。

伊達重村 – 羽生結弦
由緒正しい仙台藩の第7代の藩主。

萱場 杢 – 松田龍平

松田龍平が出演するドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介

幾右衛門 – 寺脇康文

仲内 – 千葉雄大

穀田屋 十兵衛 – きたろう

新四郎 – 橋本一郎

善八 – 中本賢

寿内 – 西村雅彦

十三郎の母 – 草笛光子

十三郎の父 – 山崎努

加代 – 岩田華怜

穀田屋 音右衛門 – 重岡大毅

なつ – 山本舞香

映画「殿、利息でござる」のスタッフ情報!

監督 – 中村義洋

原作 – 磯田道史 『無私の日本人』所収「穀田屋十三郎」文春文庫刊)

プロデューサー – 池田史嗣

脚本 – 中村義洋、鈴木謙一

音楽 – 安川午朗

企画協力 – 文藝春秋

主題歌 – RCサクセション「上を向いて歩こう」

制作・配給 – 松竹

製作 – 『殿、利息でござる!』製作委員会

映画「殿、利息でござる」の撮影は時代劇のロケ地の聖地、「スタジオセディック庄内オープンセット」

映画「殿、利息でござる」の撮影は時代劇のロケ地の聖地、「スタジオセディック庄内オープンセット」
出典:山形県鶴岡市観光連盟

映画「殿、利息でござる」の撮影は山形県鶴岡市にある時代劇のロケの聖地とも言える「スタジオセディック庄内オープンセット」で行なわれました。

ここは広大な敷地を時代劇のオープンセットとして展開、その魅力ある雰囲気を一般公開していることで有名な場所です。

漁村や農村、宿場町と山間集落などの様々な時代劇用のセットがあり多くの映画やドラマの撮影のロケ地となってきました。

2009年9月12日より「庄内映画村オープンセット」として一般公開を開始、観光客を集める新しい観光資源ともなっています。

映画「超高速! 参勤交代」や「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」、「おしん」や「おくりびと」などの撮影に使われました。

土日には殺陣の剣劇を披露するアトラクションなども開催されています。

名称:
スタジオセディック庄内オープンセット

住所:
山形県鶴岡市羽黒町川代東増川山102

公式サイト:
<リンク> スタジオセディック庄内オープンセット ホームページ

アクセス①:
JR鶴岡駅より車で30分

アクセス②:
山形道 庄内あさひICより車で30分

クライマックスのシーンで使われたのは真田丸で有名になった「真田邸」

クライマックスのシーンで使われたのは真田丸で有名になった「真田邸」

物語のクライマックスでは阿部サダヲたち庶民が仙台藩の役人たちと対峙するシーンがあります。

この重要な場面は2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」で一躍、有名になった長野県にある「真田邸」です。

松代城と一体で国の史跡にも指定され、江戸末期の御殿建築が特徴的です。

見学も可能なので長野県の観光の際には是非とも立ち寄ってみたいですね。

NHK大河ドラマ「真田丸」のロケ地のご紹介はこちら

名称:
真田邸

住所:
長野県長野市松代町松代1

公式サイト:
真田宝物館ホームページ

アクセス①:
長野駅から松代行き30分、松代駅下車徒歩5分

アクセス②:
上信越自動車道長野ICより 10分

料金:
一般800円 / 小・中学生300円

仙台城の大手門の撮影に使われたロケ地は長野県の松代城

仙台城の大手門の撮影に使われたロケ地は長野県の松代城
出典:真田宝物館

阿部サダヲたち庶民と対立する仙台藩が使う仙台城の大手門の撮影に使われたのは長野県の松代城です。

真田邸のすぐ近くにあるためセットでロケ地巡りが楽しめますね。

真田邸と同じく、大河ドラマ「真田丸」のモデルの真田家が江戸時代に藩主となって真田10万石の城下町として発展してきました。

名称:
松代城跡

住所:
長野県長野市松代町松代44

公式サイト:
真田宝物館ホームページ

アクセス:
JR松代駅から徒歩5分

原作者の磯田道史が出演したシーンでは文武学校がロケ地に

原作者の磯田道史が出演したシーンでは文武学校がロケ地に
出典:http://www.n-kaihatu.com/

「殿、利息でござる」では原作者の磯田道史がお奉行さまとして特別に出演しています。

原作者が登場する江戸時代の室内のシーンは真田邸からすぐの文武学校がロケ地となりました。

松代藩の子弟が学問と武道を学ぶ場で江戸時代の面影を残した貴重な場所を見学もできますよ。

名称:
文武学校

住所:
長野県長野市松代町松代205−1

公式サイト:
真田宝物館ホームページ

アクセス:
JR松代駅から徒歩5分

温泉のシーンのロケ地は松代にある加賀井温泉・一陽館

温泉のシーンのロケ地は松代にある加賀井温泉・一陽館
出典:YoshiRm .jp

「殿、利息でござる」で温泉のシーンに使われたのが松代にある「加賀井温泉・一陽館」です。

松代町に古くからある温泉で緑かかった茶色で濁りが強い色合いが特徴的です。

松代町に観光に来たら必ず入りたい温泉ですね。

大きな混浴の露天風呂もあるんですよ。

名称:
加賀井温泉・一陽館

住所:
長野県長野市松代町東条55

アクセス:
上信越自動車道 長野ICより車で15分

<sponsored link>

ロケ地だけじゃない!山形県鶴岡市の魅力的な観光情報をまとめてお届け!

ここからは、映画「殿、利息でござる!」のロケ地の鶴岡市の観光情報をまとめてお届けします。

山形県は「庄内映画村オープンセット」があるように自然溢れる見力ある場所です。

東北でも古い歴史を持つ塔や樹木など都心の人が心をリフレッシュできる場所があふれていますよ。

鶴岡にある樹齢1000年の大木と東北最古の五重塔

鶴岡にある樹齢1000年の大木と東北最古の五重塔
出典:まさとしくんのブログ

鶴岡で有名なのは月山、湯殿山、羽黒山を合わせた出羽三山です。

このうち羽黒山には三山の神を祀る祭殿があり、参道の途中には五重塔が建っています。

近くには樹齢1000年と言われる周囲10mの巨杉の「爺杉」があり、観光客に神秘な雰囲気を感じさせています。

この五重塔は 東北地方では最古の塔といわれ、昭和41年(1966年)に国宝に指定されました。

山麓随神門より山頂に至る約2kmの山道での自然を楽しみながらの登山をお勧めですよ。

名称:
羽黒山五重塔

住所:
山形県鶴岡市羽黒町手向7

公式サイト:
<リンク> 出羽三山神社ホームページ

アクセス:
JR鶴岡駅より車で50分

世界一のクラゲを展示する加茂水族館

世界一のクラゲを展示する加茂水族館

鶴岡で有名なのが山形県内で唯一の水族館となる加茂水族館です。

別名はクラゲドリーム館と呼ばれ、50種類以上に及ぶクラゲの展示数は世界一。

色とりどりの魅惑的なクラゲが漂う様子は幻想的です。

水族館らしくアシカショーやウミネコの餌付けなども子供から人気です楽しさ満載。

海月(くらげ)ラーメンやクラゲアイスなども味わってみたいポイントですね。

名称:
加茂水族館(クラゲドリーム館)

住所:
山形県鶴岡市今泉字大久保657-1

公式サイト:
<リンク> 加茂水族館ホームページ

アクセス①:
JR鶴岡駅より車で30分

アクセス②:
山形道 庄内あさひICより車で15分

プロが証明する温泉があつみ温泉「萬国屋」

プロが証明する温泉があつみ温泉「萬国屋」
出典:あつみ温泉 萬国屋

鶴岡市にある山形県あつみ温泉「萬国屋」は「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」を36年連続で受賞しました。

創業から約350年の超老舗の旅館で山里の風情を今に伝える純和風の旅館です。

庄内地域で屈指の広さの「庭園露天風呂・大浴場」は多くの観光客を満足させ、海と山と川の旬の料理は絶品です。

名称:
山形県あつみ温泉「萬国屋」

住所:
山形県鶴岡市湯温海丁1

公式サイト:
<リンク> 萬国屋ホームページ

アクセス:
JR羽越本線 あつみ温泉駅から車で10分

うまいものたくさん!山形県鶴岡市のグルメ情報をまとめてお届け!

ここからは、映画「殿、利息でござる!」のロケ地の鶴岡市のグルメ情報をまとめてお届けします。

自然に溢れた鶴岡では独自のグルメも発達しています。

観光客と地元の人で行列ができる名店も多くありますよ。

鶴岡の名物は「麦切りといううどん」の寝覚屋半兵エ

鶴岡の名物は「麦切りといううどん」の寝覚屋半兵エ
出典:http://maatable.exblog.jp/

鶴岡の名物は「麦切りといううどん」です。

麦切りとは小麦粉を塩水で捏ねて細く切ったもの。

ツルツルした食感で麺はコシが適度にあり、やや甘めのつゆが味を効かせます。

創業100年超の老舗「寝覚屋半兵衛」では多くの観光客が訪れるために、駐車場は大型バスをも受け入れる規模です。

地元の名産、麦切りの専門店としても言える寝覚屋半兵エは鶴岡で必須のグルメです。

名称:
寝覚屋半兵エ

住所:
山形県鶴岡市馬町枇杷川原74

公式サイト:
<リンク> 寝覚屋半兵エ 食べログページ

アクセス:
JR羽越本線 羽山大前駅から車で10分

鶴岡で行列のできるラーメン店は琴平荘

鶴岡で行列のできるラーメン店は琴平荘
出典:ぐるなび

パッと見ると民宿のような建物の「琴平荘」(こんぴらそう)が鶴岡で行列のできるラーメン屋です。

自家製の縮れ麺に王道の魚介スープのラーメンは庄内地方の伝統的な味。

「中華そば(こってり)」の香りは独特で、ラーメン好きは鶴岡にきたら是非とも訪れたい名店ですね。

名称:
中華そば処 琴平荘 (こんぴらそう)

住所:
山形県鶴岡市三瀬己381-46

公式サイト:
<リンク> 中華そば処 琴平荘 食べログページ

アクセス:
JR羽越本線 三瀬駅から車で7分

鶴岡の素材を生かしたケッチァーノが庄内の味に深みを与える

鶴岡の素材を生かしたケッチァーノが庄内の味に深みを与える
出典:食べログ

山形の庄内の地場産の素材を活用したレストランが「アル・ケッチァーノ」です。

地場産の味を追求したレストラン「アル・ケッチァーノ」が人気を集め、店舗の隣にはカフェ&ドルチェの店「イル・ケッチァーノ」も開店しています。

地元の名産の食材が目の前で調理されるオープンキッチン、庄内の風土や食を説明する上映会なども開催され、観光客にとっては楽しいランチを楽しめる場所となっています。

名称:
アル・ケッチァーノ

住所:
山形県鶴岡市下山添一里塚83

公式サイト:
<リンク> アル・ケッチァーノ ホームページ

アクセス:
JR羽越線 鶴岡駅から車で15分

阿部サダヲ主演の映画「殿、利息でござる」の舞台となった山形県鶴岡市のロケ地を観光してみましょう!

いかがだったでしょうか。

時代劇の映画「殿、利息でござる」が2016年5月14日に公開、お金を取り巻くコメディーのような実話の映画は注目を集めるでしょう。

主演の阿部サダヲや瑛太、妻夫木聡、竹内結子 、松田龍平などが自由本坊に暴れまわったのは時代劇の聖地とも言える「スタジオセディック庄内オープンセット」。

その時代劇の雰囲気と大自然溢れて魅力的な山形県鶴岡市を観光してみましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>