NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の舞台となった岩手県久慈市のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年02月14日
[最終更新日]2016年07月31日

大ヒットNHK連続テレビ小説ドラマ「あまちゃん」の舞台となった岩手県久慈市のロケ地を観光しよう!

21世紀で最高の朝ドラと呼ばれているのが「あまちゃん」です。

国民的なドラマであるNHK連続テレビ小説の中でも特に大ヒット、2013年4〜9月の放送後には「あまちゃんブーム」が沸き起こりました。

東北の北三陸を舞台に2011年の東日本大震災からの復興や東京でのアイドル活動などが展開され、東北の方言で驚きを表す「じぇじぇじぇ!」は多くの人々に使われています。

主人公の天野アキを演じた能年玲奈はその天真爛漫さと才能で日本に活力を与えてくれました。

アキの母親を演じた小泉今日子、大女優役の薬師丸ひろ子とのやり取りも多くの関心を集めましたね。

そして、アキの親友を演じた橋本愛、恋人役の福士蒼汰、アイドルグループGMT47のリーダーの松岡茉優など、あまちゃんを経て活躍している俳優たちも多い。

ロケ地になった岩手県久慈市ではドラマ放送後もあまちゃんが活力になっています。

あまちゃんのテーマ「小さな田舎の、地元アイドルによる村おこし」は、力強く根付いているようです。

<sponsored link>

《あらすじ》「あまちゃん」ってどんなドラマ?

《あらすじ》「あまちゃん」ってどんなドラマ?
出典:http://official-blog.line.me/

東京で育った地味な女子高生の天野アキ。

ある日、祖母危篤の報を受けて24年前に母の春子が家出同然で飛び出した東北の北三陸に向かう。

しかし祖母の夏ばっぱは元気そのものだ。危篤の話は人手不足の北三陸に春子を呼び寄せる嘘だった。

不満げな春子をよそに、アキは北三陸の人々に溶け込み海女修行に励む。

アキが町おこしのために親友のユイとコンビを組んで「お座敷列車」で歌を披露すると人気が爆発、東京の芸能プロダクションにスカウトされる。

親友のユイは家族のトラブルで上京を断念、過去にアイドルを目指し挫折した母親の春子に反対されるもアキは上京を決意。

アキは東京で憧れの女優の鈴鹿ひろ美の付き人となりアイドルの下積み活動を開始する。

実は音痴だった鈴鹿ひろ美の替え玉として代表曲「潮騒のメモリー」を歌っていたのがアキの母親の春子だった。

春子への後ろめたさから芸能事務所の社長の荒巻からアキは冷遇される。

だが、春子と荒巻が過去を直視してぶつかりあい、長年のわだかまりが溶けていく。

そして、アキのアイドル生活が輝こうとした2011年3月11日、東日本大震災が起こる。

東京でアイドル生活を続けていたアキは北三陸に戻り、前向な人々と一緒に復興のために生きようと決めた。

2012年7月1日、人々の心の支えだった北三陸鉄道が一部区間で復旧する。

蘇った「お座敷列車」で、アキは親友のユイとコンビを再結成して「潮騒のメモリー」を歌うーー。

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のキャストをまとめてご紹介!

天野アキ – 能年玲奈
本作の主人公。
高校2年生の16歳の夏に東京から北三陸市に移住して海女となる。
北三陸で海女のアピールのために親友のユイと一緒に「お座敷列車」で歌を披露すると人気が爆発、東京でのアイドル生活を夢見るようになる。

天野春子 – 小泉今日子(若き日:有村架純、少女期:田附未衣愛、幼少期:豊嶋花)
アキの母親。
18歳だった1984年の夏にアイドルを目指して家出して上京した。
夢叶わず正宗と結婚、一度の離婚ののち復縁する。
自身の夢を追うように娘のアキが目指すアイドル活動に反対するが、のちに娘を支えるべく芸能事務所経営者となる。

天野夏 – 宮本信子(若き日:徳永えり)
アキの祖母で春子の母親、通称は「夏ばっぱ」。
袖が浜の海女で海女クラブ会長。
喫茶「リアス」、スナック「梨明日」を経営する。

黒川正宗 – 尾美としのり(若き日:森岡龍)
アキの父親。
東京で個人タクシーの運転手をしている。
離婚後も娘のアキの芸能活動を支える。

天野忠兵衛 – 蟹江敬三
アキの祖父で春子の父親。
遠洋漁業の漁師。

足立ユイ – 橋本愛
アキと同学年のアイドル志望の美少女。
北三陸のミスコンで優勝しアキと「潮騒のメモリーズ」を結成する。
上京しようとするも家庭の事情による挫折する。
その後に海女、ローカルアイドルとして復活する。

足立ヒロシ – 小池徹平
ユイの兄。
あだ名は「ストーブ」。
観光協会のウェブ担当兼、海女カフェ担当。
家族のトラブルを引き受け一家を支える。
アキに片思いしている。

足立功 – 平泉成
ユイとヒロシの父で岩手県議会議員。
東日本大震災後、北三陸市長に就任する。

足立よしえ – 八木亜希子
ユイとヒロシの母で元アナウンサーの専業主婦。

大向大吉 – 杉本哲太(若き日:東出昌大)
北三陸駅の駅長で地元の活性化に尽力する。
幼馴染みの春子に片思いしている。

菅原保 – 吹越満(若き日:落合モトキ)
北三陸の観光協会長。
消極的なために大吉にカツを入れられている。

種市浩一 – 福士蒼汰
北三陸高校の潜水土木科出身。
アキの先輩で初恋相手。
上京後就職先で挫折して寿司店「無頼鮨」に弟子入りする。
卒業後にユイと遠距離恋愛を始めるが、その後にアキへの想いがつのっていく。

福士蒼汰が出演するのドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介!

小田勉 – 塩見三省(若き日:斎藤嘉樹)
「リアス」の常連客。
琥珀の掘削職人でいつも琥珀を磨いている。

梅頭 – ピエール瀧
東京EDOシアター裏の寿司店「無頼鮨(ぶらいずし)」の大将。

鈴鹿ひろ美 – 薬師丸ひろ子
清純派の大女優。
無頼鮨でアキと出会い、付き人として雇ってアキのアイドル人生を支える。

水口琢磨 – 松田龍平
北三陸にいるアキとユイをスカウト。
東京ではGMT47のマネージャーを経てアキの専属マネージャーとなる。

荒巻太一 – 古田新太
芸能事務所「オフィス・ハートフル」の社長兼プロデューサー。

河島耕作 – マギー
「アメ女」チーフマネージャーを経て、GMTの専属マネージャーとなる。

有馬めぐ – 足立梨花
「アメ女」のセンター。
プライドが高くステージへの想いはあるがスキャンダルをたびたび起こす。

入間しおり – 松岡茉優
GMTのリーダー。
責任感が強く熱い性格。

遠藤真奈 – 大野いと
GMTメンバー。
佐賀県出身。

宮下アユミ – 山下リオ
GMTメンバー。
徳島県出身。

喜屋武エレン – 蔵下穂波
GMTメンバー。
沖縄県出身。

小野寺薫子 – 優希美青
GMTメンバー。
宮城県出身。

ベロニカ – 斎藤アリーナ
アキ脱退後にGMTに加入したメンバー。
ブラジル人と山梨県民とのハーフ。

今野弥生 – 渡辺えり

今野あつし – 菅原大吉

長内かつ枝 – 木野花

長内六郎 – でんでん

熊谷美寿々 – 美保純

安部小百合 – 片桐はいり

花巻珠子 – 伊勢志摩

吉田正義 – 荒川良々

栗原しおり – 安藤玉恵

磯野心平 – 皆川猿時

ヒビキ一郎 – 村杉蝉之介

甲斐 – 松尾スズキ

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のスタッフ情報

作 – 宮藤官九郎

音楽 – 大友良英

制作統括 – 訓覇圭、菓子浩

アニメーション – 鉄拳

美術アドバイザー – 磯見俊裕

衣装アドバイザー – 伊藤佐智子

アイドル衣装監修 – 西川まり

演出 – 井上剛、吉田照幸、梶原登城、西村武五郎、桑野智宏

「あまちゃん」で北三陸の舞台の中心になった小袖漁港

まずはあまちゃんで使われた小袖漁港のロケ地へ
出典:Wikipedia

ドラマ「あまちゃん」は北三陸での海女の活動と東京でのアイドル生活が描かれます。

北三陸の舞台の中心になった「袖が浜漁港」のロケ地が岩手県久慈市の小袖(こそで)海岸にある小袖漁港です。

主人公のアキや海女クラブの面々がここから海に潜り、アキがなんども海に飛び込んだ堤防などあまちゃんの聖地となっていますね。

「じぇじぇじぇ」発祥の地として記念碑も置かれています。

オープニングに出てくる印象的な灯台はこの小袖漁港にある「小袖漁港防波堤灯台」。

この漁港には「小袖海女センター」があり、観光案内所や産直施設、海女を紹介する展示コーナーや軽食コーナーなどもあり、あまちゃんのロケ地巡りの拠点となっています。

■基本情報
名称:小袖海女センター
住所:岩手県久慈市宇部町24−110−2
公式サイト:<リンク> 小袖海女センター ホームページ
アクセス:JR八戸線、三陸鉄道北リアス線 久慈駅より車で25分

小袖漁港から坂道を登って10分には海を一望できる監視小屋もロケ地巡りに必須

小袖漁港から坂道を登って10分には海を一望できる監視小屋もロケ地巡りに必須
出典:https://www.tripadvisor.jp/

小袖漁港からバス停の方に歩き、住宅地のある坂を登ると「監視小屋250m」という手書きの看板があります。

横の坂道を10分ほど登ると小袖海岸を一望できる監視小屋に到着です。

アキに好意を持つ足立ヒロシが覗いていた場所としても有名ですね。

春子や夏もここに訪れた重要な場所で、あまちゃんのロケ地巡りでは欠かせない観光名所になりました。

■基本情報
名称:監視小屋
住所:岩手県久慈市宇部町第24地割
アクセス:小袖海女センターより徒歩15分

劇中で「北三陸駅」として登場した久慈駅では名物「うに弁当」も

劇中で「北三陸駅」として登場した久慈駅では名物「うに弁当」も
出典:http://blogs.c.yimg.jp/

ドラマ「あまちゃん」で北三陸鉄道・北鉄の「北三陸駅」として頻繁に登場した場所のロケ地が久慈駅です。

三陸鉄道北リアス線の北の玄関口であり、JR八戸線とも乗り合う交通の要衝となっています。

駅舎には観光案内所と売店があり、あまちゃんにも登場した1日限定20食の「うに弁当」はここで販売されていますよ。

劇中の北三陸駅の開通式は地元の人々がエキストラとして久慈駅に集まりロケを行いました。

■基本情報
名称:久慈駅
住所:岩手県久慈市中央3丁目39−3

北三陸観光協会のあった久慈駅前デパートは通称「あまちゃんビル」

北三陸観光協会のあった久慈駅前デパートは通称「あまちゃんビル」
出典:http://mapio.net/

ドラマで北三陸の町おこしについて取り組む北三陸観光協会のロケ地が久慈駅すぐの駅前デパートです。

北の海女、北三陸鉄道、潮騒のメモリーズの看板を残し、通称「あまちゃんビル」として活躍を続けています。

ビルは老朽化しており、あまちゃんビルを含めた久慈駅周辺では再開発の計画が進んでいます。

再開発長期的な計画のため、あまちゃんビルの見学はまだまだ楽しめそうですよ。

■基本情報
名称:久慈駅前デパート
住所:岩手県久慈市中央3丁目42
アクセス:JR八戸線、三陸鉄道北リアス線 久慈駅よりすぐ

物語で重要な「喫茶リアス・スナック梨明日」のモデルは老舗の喫茶店「モカ」

物語で重要な「喫茶リアス・スナック梨明日」のモデルは老舗の喫茶店「モカ」
出典:Twitter

ドラマ「あまちゃん」でたびたび登場する「喫茶リアス・スナック梨明日」も忘れられません。

スタジオでセットを作った喫茶リアスですが、久慈駅前にある老舗の喫茶店「モカ」がモデルになっています。

ロケハンに訪れたスタッフが4日間かけて店内を記録して喫茶リアスが誕生しました。

あまちゃんの撮影時には実際にモカに訪れた俳優たちも多く、サインも飾られています。

久慈駅前にあるので電車の時間調整に立ち寄るのも良いですね。

■基本情報
名称:喫茶「モカ」
住所:岩手県久慈市本町1-20
公式サイト:<リンク> 喫茶 モカ 食べログページ
アクセス:JR八戸線、三陸鉄道北リアス線 久慈駅より徒歩3分

アキが素潜りの練習をしていたロケ地は天然の海水プール

アキが素潜りの練習をしていたロケ地は天然の海水プール
出典:http://www.iwatetabi.jp/

ドラマ「あまちゃん」で主人公のアキが海女になるため素潜りの練習をするシーンで登場したのが天然の海水プール「侍浜海水プール」です。

岩場海水プールとも呼ばれ岩を削って造られたプールです。

夏には多くの子供たちの海水浴で賑わい、隣接した北侍浜野営場ではバーベキューやキャンプを楽します。

夏にあまちゃんのロケ地巡りに来たならば海水プールに飛び込むのも気持ち良いですね。

■基本情報
名称:侍浜海水プール(岩場海水プール)
住所:岩手県久慈市侍浜町向町第7地割133
アクセス:JR八戸線、三陸鉄道北リアス線 久慈駅より車で35分

劇中で頻繁に登場する袖ヶ浜駅のモデルは三陸鉄道の堀内駅

劇中で頻繁に登場する袖ヶ浜駅のモデルは三陸鉄道の堀内駅
出典:http://blog.livedoor.jp/

ドラマ「あまちゃん」の劇中で頻繁に登場する袖ヶ浜駅のモデルは三陸鉄道の堀内(ほりない)駅です。

高台にあるホームからは三陸の漁場を眺められる美しい景色が広がります。

あまちゃんのロケ地巡りとして人気の観光スポットの一つですよ。

■基本情報
名称:三陸鉄道 堀内駅
住所:岩手県下閉伊郡普代村第20地割馬場野109-1

ユイやヒロシの町の畑野駅のロケ地は三陸鉄道の田野畑駅

あまちゃん出演者のサインがずらりとある田野畑駅
出典:Wikipedia

ドラマ「あまちゃん」でユイやヒロシの家がある町の畑野駅のロケ地が三陸鉄道の田野畑駅です。

復興イベントなどのシーンでも登場、その特徴ある外観から覚えている人も多いのではないでしょうか。

駅にはあまちゃん出演者のサインがずらりと並び、地元の鉄道らしい趣のある作りになっています。

宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」に登場する人物に由来して「カンパネルラ田野畑駅」とも言われています。

駅の近くの北鉄の車両がデザインされた水門も有名で、三陸鉄道の観光名所の一つですよ。

■基本情報
名称:三陸鉄道 田野畑駅
住所:岩手県下閉伊郡田野畑村和野38-14

<sponsored link>

ロケ地だけじゃない!岩手県久慈市の「あまちゃん」ゆかりの観光情報をまとめてお届け!

ここからはドラマ「あまちゃん」ゆかりの観光情報をまとめてお届けします。

岩手県久慈市は2013年のドラマ放送後もあまちゃん観光に力を入れています。

2016年には「新あまちゃんハウス」や5年ぶりに再開した水族館「もぐらんぴあ」など、震災からの復興の力を感じとれますね。

久慈駅前では新「あまちゃんハウス」が観光名所に

久慈駅前では新「あまちゃんハウス」が観光名所に
出典:http://www.tanseisha.co.jp/

2013年のドラマ放送後、あまちゃん関連グッズは道の駅くじ・やませ土風館、まちなか水族館、あまちゃんハウスの3カ所に分散して展示されていました。

久慈駅前にある旧もぐらんぴあ・まちなか水族館が閉館したことから、2016年8月6日に新「あまちゃんハウス」がオープン、あまちゃんグッズが一カ所に集います。

ロケセットや北三陸市のジオラマなどが展示されドラマに登場する「海女カフェ」を再現した休憩スペースも設置されます。

2016年もあまちゃん旋風は続いていますね。

■基本情報
名称:あまちゃんハウス
住所:岩手県久慈市中央2丁目9
アクセス:JR八戸線、三陸鉄道北リアス線 久慈駅より徒歩3分

あまちゃんにも出てきた琥珀を飾る久慈市自慢の琥珀博物館

あまちゃんにも出てきた琥珀を飾る久慈市自慢の琥珀博物館
出典:http://www.japan-iwate.net/

ドラマ「あまちゃん」では 勉さんが喫茶リアスで琥珀の掘削職人としていつも琥珀を磨いていました。

実は久慈市は日本でも最大の琥珀の産地なんです。

そんな久慈市にあるのが琥珀を展示、琥珀の採掘や琥珀アクセサリー作りを体験できる久慈琥珀博物館です。

久慈で産出される琥珀は約8,500万年前のものがあり、映画ジュラシックパークのように恐竜時代に属しています。

久慈市の観光では外せない名所ですよ。

■基本情報
名称:久慈琥珀博物館
住所:岩手県久慈市小久慈町19-156-133
公式サイト:<リンク> 久慈琥珀博物館ホームページ
アクセス:JR八戸線、三陸鉄道北リアス線 久慈駅より車で10分

日本初の地下水族館「もぐらんぴあ」は2016年についに再開

日本初の地下水族館「もぐらんぴあ」は2016年についに再開
出典:http://www.web-aquarium.net/

新あまちゃんハウスができたきっかけは、 久慈駅前にあった旧もぐらんぴあの閉館です。

水族館「もぐらんぴあ」は日本初の地下水族館として1994年に開館しましたが、東日本大震災により全壊してしまいました。

そのもぐらんぴあは2016年4月23日、5年の歳月を経て再開しました。

トンネル水槽には世界中の海の生き物が泳ぎ、震災を生き延びたアオウミガメの「かめ吉」にも会えます。

4階にはドラマ「あまちゃん」にも出演したさかなクンコーナーもあるんですよ。

■基本情報
名称:久慈地下水族科学館もぐらんぴあ
住所:岩手県久慈市侍浜町麦生 1-43-7
アクセス:JR八戸線、三陸鉄道北リアス線 久慈駅より車で15分

うまいものたくさん!岩手県久慈市にあるあまちゃんゆかりのグルメ情報をまとめてお届け!

ここからはドラマ「あまちゃん」ゆかりのグルメ情報をまとめてお届けします。

岩手県久慈市ではあまちゃんで有名になった地元の魅力あるグルメがあふれています。

あまちゃんのロケ地巡りでは地元の名物を味わうのも楽しみの一つですね。

あまちゃんで一躍有名になった久慈市の名物「まめぶ汁」なら「まめぶの家」で

あまちゃんで一躍有名になった久慈市の名物「まめぶ汁」なら「まめぶの家」で
出典:食べログ

ドラマ「あまちゃん」で全国的に一躍有名になったのが久慈市の名物「まめぶ汁」です。

久慈まめぶ汁とは、煮干しと昆布のだし汁に、ゴボウ・にんじん・油揚げ・しめじ・かんぴょう・焼き豆腐を加えて、まめぶ(クルミと黒砂糖を包んだ小麦団子)を入れて煮込む料理です。

あまちゃんでは「おかずかおやつか分からない微妙な食べ物」と言われていました。

久慈駅前にあるその名もずばりの「まめぶの家」は郷土料理のお店でまめぶ汁が看板メニューになっていますよ。

■基本情報
名称:まめぶの家 久慈駅前店
住所:岩手県久慈市中央3-37
公式サイト:<リンク> まめぶの家ホームページ
アクセス:JR八戸線、三陸鉄道北リアス線 久慈駅すぐ

岩手の海の幸がつまった海女丼が魅力のレストラン「山海里」

岩手の海の幸がつまった海女丼が魅力のレストラン「山海里」
出典:http://kohaku-street.seesaa.net/

久慈市にある「道の駅くじ」には久慈市の観光と特産品の情報発信基地「やませ土風館」があります。

観光の名所であるやませ土風館にあるのが地場食材レストラン「山海里(さんかいり)」。

名物は岩手の海の幸がつまった「海女丼」です。

本物の海女さんたちが「海女丼」を紹介する動画などもあり、あまちゃん旋風をグルメにも生かしています。

■基本情報
名称:やませ土風館 レストラン「山海里」
住所:岩手県久慈市中町2丁目5−1
公式サイト:<リンク> やませ土風館ホームページ
アクセス:JR八戸線、三陸鉄道北リアス線 久慈駅から徒歩8分

あまちゃんファンなら絶対に食べたい夏ばっぱの「うに弁当」

あまちゃんファンなら絶対に食べたい夏ばっぱの「うに弁当」
出典:食べログ

ドラマ「あまちゃん」で主人公のアキの祖母の夏ばっぱが作っていた「ウニ丼」が忘れられません。

劇中で北鉄名物「リアスのウニ丼」とされていたモデルが三鉄名物「リアス亭のうに弁当」です。

久慈駅にある「三陸リアス亭」では1日20食限定の「うに弁当」が販売されています。

この三陸リアス亭のうに弁当と働いている方があまちゃんのウニ丼と夏ばっぱのモデルになりました。

あまちゃんファンなら絶対に食べたい一品ですね。

■基本情報
名称:三陸リアス亭
住所:岩手県久慈市中央3丁目38ー2
公式サイト:<リンク> 三陸リアス亭ホームページ
アクセス:JR八戸線、三陸鉄道北リアス線 久慈駅内

NHK連続テレビ小説ドラマ「あまちゃん」の舞台となった岩手県久慈市のロケ地を観光してみましょう!

いかがだったでしょうか。

NHKの連続テレビ小説として第88シリーズとなった「あまちゃん」は日本中に勇気を希望を与えてくれました。

宮藤官九郎が初めてNHKで手がけた脚本で、涙あり、笑いあり、そして感動の物語。

あまちゃんは放送された2013年にいくつもの賞を総ナメし、「じぇじぇじぇ」は流行語大賞になりました。

放送から数年たってもあまちゃんのロケ地巡りは活況でロケ地の岩手県久慈市など東北に活力を与えています。

あまちゃんで明らかになった東北の魅力を味わいながら、岩手県久慈市の観光を楽しんでみましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>