佐藤健主演の映画「何者」のロケ地、キャスト、あらすじ情報まとめ!

[記事公開日]2016年05月07日
[最終更新日]2016年07月31日

佐藤健主演の映画「何者」のロケ地、キャスト、あらすじ情報を徹底解説いたします!

就活生は、観ない方が良い。

そんな強烈なキャッチフレーズの映画「何者」が超豪華キャストで2016年10月15日、公開です。

原作「何者」は「桐島、部活やめるってよ」などで有名な朝井リョウの直木賞受賞作です。

そんな人気の小説「何者」は大学生5人の現代の就職活動を描いた問題作。

主演を佐藤健が務めるほか、山田孝之、菅田将暉、岡田将生、有村架純、二階堂ふみと2016年の映画界において主役級の6人が集結しました。

監督には「ボーイズ・オン・ザ・ラン」や「愛の渦」を手がけて劇作家でもある三浦大輔。

就職活動にありがちなボランティアやサークル活動の経験のアピール、SNSの活用など現代の就活生が直面する様々な問題が描かれている作品です。

就活ホラーとも言われる原作「何者」の映画を就活生が見るにはキャッチフレーズの通りに躊躇しますが、この超豪華キャストなら映画館に足を運ぶしかないですよね。

佐藤健ら5人は就活のリアル感を出すため、実際に就職活動中の大学生を交えてグループディスカッションを経験したことでも話題になっています。

<sponsored link>

《あらすじ》「何者」ってどんな映画?

就職活動の情報収集のために5人の大学生が一つの部屋に集まった。

かつては演劇サークルで脚本を書いていた二宮拓人は演劇への道を諦め就職活動に取り組もうとしていた。

拓人の友人の神谷光太郎は明るい性格で着実に就職活動のゴールである内定に近づいていく。

光太郎の元カノで実直な田名部瑞月はアメリカでインターンシップを経験、拓人は密かに想いを寄せている。

その瑞月と留学先で知り合った小早川里香はいわゆる「意識高い系」でありがながら内定が出ないことに不満をつのらせていく。

里香と付き合っている宮本隆良は社会のルールには従わないと強がるも、そんな4人を見て就職活動をするかどうかの気持ちが揺らいでいる。

拓人はそんな4人と表面上は上手く人間関係を築いていくも、裏ではTwitterの複アカウントで毒を吐いていた。

5人で就活対策を進めていくも各々で結果が変わっていき人間関係にも歪みが生じてくる。

就活も恋愛も上手くいかない拓人はサークルOBのサワ先輩に相談するも現実は厳しい。

やがて5人の中から内定者が出るとその人間関係はさらにこじれていく。

嫉妬や本音が明らかになっていく過程で、学生たちは自分が何者なのかという問いに直面することになるーー。

映画「何者」のキャストをまとめてご紹介!

 

二宮拓人 – 佐藤健
学生サークルでは演劇の脚本を作っていた。
しかし演劇に限界を感じて就職活動をはじめる。
観察能力が高く細かいことに気づき、4人のTwitterを頻繁にチェックしている。
裏の顔ではTwitterの複アカウントで他人を叩いている。

佐藤健が出演するドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介

神谷光太郎 – 菅田将暉
二宮拓人の友人でルームシェアをしている。
明るい性格でバンド活動に注力していた。
その実直な姿勢で就職活動を順調に進めていく。

菅田将暉が出演するのドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介

田名部瑞月 – 有村架純
神谷光太郎の元カノであり、二宮拓人が片思いをしている相手。
アメリカでインターンシップを経験して小早川里香と出会う。

有村架純が出演するのドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介!

小早川里香 – 二階堂ふみ
留学生の交流会で田名部端月と知り合い宮本隆良と付き合ってすぐで同棲している。
意識高い系として模擬面接やOB訪問などを徹底している。ポジティブな言葉のツイートが趣味。

二階堂ふみが出演するのドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介!

宮本隆良 – 岡田将生
小早川里香の彼氏で付き合ってすぐに同棲している。
就職活動自体に批判的で自分だけの道を生きようと思っている。
ただ、4人の就職活動の動向を見ているうちに気持ちが揺らいでくる。

岡田将生が出演するドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介

サワ先輩 – 山田孝之
二宮拓人と親交のある先輩。
就職活動が上手くいっていない二宮拓人の相談に乗る。

映画「何者」のスタッフ情報!

原作 – 朝井リョウ『何者』(新潮文庫刊)

監督、脚本 – 三浦大輔

製作 – 映画「何者」製作委員会

製作プロダクション – 東宝映画

<sponsored link>

映画「何者」で1500人のエキストラを集めて撮影したロケ地が厚木市文化会館

映画「何者」で1500人のエキストラを集めて撮影したロケ地が厚木市文化会館
出典:厚木市文化会館

映画「何者」では1500人のエキストラを集めて、神奈川県厚木市にある厚木文化会館で撮影を行いました。

この厚木文化会館ではいす席だけで1400席ある大ホールがあり、演劇やオペラに利用されています。

映画「何者」では主演の佐藤健は演劇サークルでの活動を諦めて就職活動に取り組みます。

夢を追い続ける人々のシーンの撮影が行われたのでしょうか。

映画の公開が楽しみですね。

名称:
厚木市文化会館

住所:
神奈川県厚木市恩名1丁目9−20

アクセス:
小田急小田原線 本厚木駅より徒歩13分

映画「何者」では厚木の映画館をロケ地に大々的な撮影を敢行

映画「何者」では厚木の映画館をロケ地に大々的な撮影を敢行
出典:有限会社アイオイ商事

映画「何者」は御山大学という架空の大学を舞台として話が展開していくとおもわれます。

豪華キャストながらロケ地に関する情報が現時点で少ない映画「何者」ですが、厚木の映画館「アミューあつぎ映画.comシネマ」で大量のエキストラを募集して撮影が行われました。

大人数のエキストラを集めていったいどんなシーンを撮影したのでしょうね。

名称:
アミューあつぎ映画.comシネマ

住所:
神奈川県厚木市中町2-12-15

公式サイト:
<リンク> アミューあつぎ映画.comシネマ ホームページ

アクセス:
小田急線 本厚木駅から徒歩5分

映画「何者」で舞台となった大学や街並みなどのロケ地

映画「何者」では佐藤健を中心とした豪華俳優陣が大学を中心に物語が展開されていくと思われます。

いったいどんな大学や街並みがロケ地となったのでしょうか。

佐藤健、山田孝之、菅田将暉、岡田将生、有村架純、二階堂ふみと多忙な豪華俳優陣を起用していますが、現時点ではロケ地に関する情報が少ないのが不思議ですね。

原作「何者」は学生5人のやりとりが中心だけに、実際の大学ではなく人目につかない場所でロケを行っていた可能性も高いです。

これら映画「何者」に関するロケ地の情報は、判明次第に追加してまいります。

佐藤健主演の映画「何者」を楽しみに待ちましょう!

いかがだったでしょうか。

映画「何者」は「桐島、部活やめるってよ」の朝井リョウが原作であることから人気を集めること間違いなし。

人気原作に加えて、佐藤健、山田孝之、菅田将暉、岡田将生、有村架純、二階堂ふみと2016年の主役級がズラリと揃えば映画の成功も確約されたようなものです。

2016年の映画として話題を集めることが確実な映画「何者」を楽しみにまっていましょう!

 

こちらの記事も合わせてぜひどうぞ。

佐藤健が出演する人気作品のロケ地を観光!

映画「世界から猫が消えたなら」の舞台となった北海道函館市のロケ地を観光!

映画「るろうに剣心」の舞台となった滋賀県大津市のロケ地を観光!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>