北川景子主演のドラマ「家売るオンナ」の舞台となった東京都のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年05月08日
[最終更新日]2016年08月25日

北川景子主演の新ドラマ「家売るオンナ」の舞台となった東京都の撮影場所のロケ地を観光してみましょう!

今話題の北川景子が結婚後、初の連続ドラマ主演に挑戦します。

そんな彼女が挑戦するのは、「私に売れない家はない」という天才不動産営業ウーマン。

スーパーキャリアウーマンはぴったりの役柄です。

不動産営業という新しいテーマを舞台に、どんなドラマになるのか今から楽しみですね!

それでは、そんな新ドラマ「家売るオンナ」の概要を詳しくみていきましょう!

2016年夏ドラマの情報をまとめて確認したい方はこちら

<sponsored link>

《あらすじ》「家売るオンナ」ってどんなドラマ?

《あらすじ》「家売るオンナ」ってどんなドラマ?
出典:日本テレビ

舞台は東京オリンピックを4年後に控えた2016年夏の東京。

そんな東京では、熾烈な不動産売買が繰り広げられていた。

そこに現れた一人の天才不動産営業ウーマン、テーコー不動産の三軒屋万智。

「私に売れない家はない」

その言葉通りに、天才的なまでに不動産をバシバシ売りまくる。

1人の人生にとってほとんどの人が最大の買い物になるであろう住宅不動産。

そんなお買い物を、客の家庭にまで入り込み、どんな手段を講じても売りまくる。

彼女のその常識はずれなやり方は、結果は出ているものの、会社では浮いてしまいがち。

でも、そんなこともお構いなし。

目の前にある不動産を売るためにできることをすべてやり尽くす。

そんな不動産屋のスーパー営業ウーマンが、あなたの心を爽快に解き放ちます!

ドラマ「家売るオンナ」のキャストをまとめてご紹介!

三軒屋万智 – 北川景子
本作の主人公で、天才不動産営業ウーマン。
テーコー不動産の新宿営業所、売買仲介営業課のチーフとして働いている。
圧倒的な美貌の容姿を持つが、性格は気難しく絶対に媚びない。
担当している不動産を売るためには手段を選ばないそのやり方で成果は出しているが、会社では浮き気味。

庭野聖司 – 工藤阿須加
テーコー不動産の若手営業マン。
万智と行動をともにする。
万智の自由奔放なやり方にいつも振り回されている。

屋代 大 – 仲村トオル
テーコー不動産新宿営業所売買仲介営業課の課長。
万智の自分勝手なやり方にいつも手を焼いている。

白洲美加 – イモトアヤコ
テーコー不動産の新人営業ウーマン。
まだまだ売上はゼロで、万智にしごかれる。

足立聡 – 千葉雄大
テーコー不動産のエリート営業マン。
甘いマスクと優しい微笑みで家を売る。

布施誠 – 梶原善
テーコー不動産のベテラン営業マン。

室田まどか – 新木優子
テーコー不動産でデスクを務める。

珠城こころ – 臼田あさ美
BARちちんぷいぷいのママ。

八戸大輔 – 鈴木裕樹

宅間剛太 – 本多力

ドラマ「家売るオンナ」のスタッフ情報!

脚本 – 大石静

チーフプロデューサー – 伊藤響

プロデューサー – 小田玲奈、柳内久仁子

演出 – 猪股隆一、佐久間紀佳

制作協力 – AXON

製作・著作 – 日本テレビ

<sponsored link>

ドラマ「家売るオンナ」のメインの舞台の場所となったのは、やはり東京都!

ドラマ「家売るオンナ」のメインの舞台の場所となったのは、やはり東京都!

ドラマ「家売るオンナ」は、2016年の夏の東京都というのがドラマの設定の中で明示されていました。

そして、そのとおり東京都の様々な場所が撮影場所として中心となりました。

場所によっては東京都を外れて関東近郊でもいろんな撮影が行われているようですね。

それでは、ドラマ「家売るオンナ」のメインの舞台となった東京都の様々なロケ地を順番にご紹介してまいります。

北川景子演じる三軒家万智の住むわけあり事故物件の自宅のロケ地は田園調布に!

北川景子演じる三軒家万智の住むわけあり事故物件の自宅のロケ地は田園調布に!
出典:Twitter

ドラマ「家売るオンナ」で、「私に売れない家はない」という北川景子演じる主人公の三軒家万智。

そんな彼女が住む自宅はいったいどんなところだろうと非常に気になりますよね。

第1話の最後で、彼女の住む自宅が登場し、とてもキレイな外観の西洋風の豪華な自宅であることが判明しました。

しかし、工藤阿須加演じる庭野聖司がオフィスに戻って確認したところ、その自宅は殺人事件が行った事故物件であることが分かりました。

そんな三軒家万智の事故物件の自宅のモデルとなったロケ地は、東京都大田区の田園調布にある「マーブルヒルスタジオ」というハウススタジオでした!

ドラマで登場してきたとおり、高級住宅街の田園調布にふさわしい非常に美しい豪邸のような建物なので、ぜひ一度見学に行ってみてくださいね。

■基本情報
名称:マーブルヒルスタジオ
住所:東京都大田区田園調布5丁目20−21
アクセス:田園調布駅より徒歩15分

ドラマ「家売るオンナ」の舞台となったテーコー不動産のロケ地!

ドラマ「家売るオンナ」の舞台となったテーコー不動産のロケ地!
出典:http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/

主人公の三軒家万智は、不動産のカリスマ営業マンとしてテーコー不動産の新宿営業所に異動してきました。

そのテーコー不動産こそが物語の中心の場所となり、三軒家万智が仲間たちを振り回していくことになっていきます。

そんなテーコー不動産の入るビルのモデルとなったロケ地は、東京都中央区にある「akebono日本橋ビル」です!

あくまでビルの外観として利用されているようなので、営業所としての内装はスタジオで撮影されていそうですね。

■基本情報
名称:akebono日本橋ビル
住所:東京都中央区日本橋小網町19−5
アクセス:日本橋駅より徒歩8分

第1話で白洲美加がサンドイッチを食べていたカフェのロケ地は原宿に!

第1話で白洲美加がサンドイッチを食べていたカフェのロケ地は原宿に!
出典:食べログ

ドラマ「家売るオンナ」において、イモトアヤコ演じる白洲美加は、売上ゼロなのに営業努力をしないことから、三軒家万智に家の鍵を没収され、サンドイッチマンをしながら街中で営業をさせられていました。

そんな彼女は懲りることなく、サンドイッチを食べながらカフェで休憩をしていましたね。

そのカフェで、マイケル富岡演じる男性に声をかけられ、営業が成功したと喜ぶも騙されてしまっただけでした。

そんなイモトアヤコが訪れたカフェのロケ地となったのが、東京都渋谷区にある「ECO FARM CAFE 632」です。

自社農園で栽培した野菜などこだわりの食材を使った料理を開放的なテラス席などで楽しめるカフェなので、ぜひ次の機会に訪れてみてはいかがでしょうか?

■基本情報
名称:ECO FARM CAFE 632
住所:東京都渋谷区神宮前6丁目32番
公式サイト:<リンク> ECO FARM CAFE 632 食べログページ
アクセス:原宿駅より徒歩5分

北川景子主演のドラマ「家売るオンナ」の舞台となった東京都のロケ地を観光してみよう!

いかがでしたでしょうか?

北川景子主演ということで、話題性抜群の本作。

ストーリーも、今までにない展開が待ち受けていそうな予感がします!

そして、ドラマ「家売るオンナ」の舞台となったテーコー不動産のモデルとなった日本橋のビルや、北川景子演じる三軒屋万智の住む田園調布の事故物件など、ぜひ東京都のロケ地を観光してみてはいかがでしょうか?

<sponsored link>

 

あなたにおすすめの記事

 

同じカテゴリの作品を探す

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>