実写版ドラマ「弱虫ペダル」のロケ地、キャスト、あらすじ情報まとめ!

[記事公開日]2016年06月04日
[最終更新日]2016年07月28日

実写版ドラマ「弱虫ペダル(弱ペダ)」のロケ地、キャスト、あらすじを徹底解説いたします。

日本の自転車競技に新たな風を巻き起こした熱血漫画が実写化されます。

週刊少年チャンピオンで2008年から連載が開始した自転車競技を題材にした渡辺航の人気漫画「弱虫ペダル(弱ペダ)」がBSスカパー!のオリジナルドラマとして2016年8月、放送されます。

44巻まで発行されたコミックスの累計発行部数は1500万部を超える超人気漫画が原作です。

ありそうでなかった自転車競技での熱すぎる戦いを漫画にしたのが「弱虫ペダル」。

実写版のドラマを担当するスタッフは「半沢直樹」や「下町ロケット」などの演出を手がけた棚澤孝義が監督、ドラマ「天才バカボン~家族の絆」や映画「日々ロック」などの吹原幸太さんが脚本を担当する重厚な布陣です。

漫画「弱虫ペダル」は千葉県佐倉市や箱根を舞台にしているため、実写版でのロケ地も気になりますね。

《あらすじ》「弱虫ペダル」ってどんなドラマ?

千葉県立総北高等学校の新入生の小野田坂道はアニメやゲームや愛するオタク少年だ。

高校に入りアニメ・漫画研究部に入ろうとするが活動に必要な部員が集まらない。

坂道は大好きなアニメの聖地の秋葉原でグッズを買うため電車賃を節約するため45キロの道を自転車で走っていた。

そのため学校裏の斜度20パーセントを超える激坂もママチャリで歌いながら登板できる。

そんな坂道を見た同級生の今泉俊輔は驚き自転車レースを申し込む。

さらに坂道は関西から引っ越してきたばかりの自転車競技で活躍する鳴子章吉とも出会い、自転車競技の世界に引き込まれていく。

今泉と鳴子の二人に出会い、自転車で早く走る楽しみを知る坂道は自転車競技部に入部する。

秋葉原通いで身につけたクライマーとしての素質を生かし、先輩部員からの指導を受けながら坂道はペダルを必死に漕いで行くーー。

実写版ドラマ「弱虫ペダル(弱ペダ)」のキャストをまとめてご紹介!

 

小野田坂道 – 小越勇輝
本作の主人公で千葉県立総北高等学校の新入生。
眼鏡がトレードマークのオタクで小学生の頃から片道45キロメートル以上離れた秋葉原に自転車で通い続けている。
気づかぬうちに自転車の才能が磨かれ、高校で自転車競技部に入ってインタイーハイを目指すようになる。

今泉俊輔 – 木村達成
坂道の同級生。
努力家で普段は冷静。
勝負事になると途端に熱くなる。

鳴子章吉 – 深澤大河
坂道の同級生。
関西では有名なレーサーで、転入生として千葉県立総北高等学校にやってくる。
派手好きな性格で赤色で身の回りのものが占める。

金城真護 – 郷本直也
総北高校3年生で自転車競技部の主将。
2年の頃からエースで、強い精神力の持ち主。
坂道ら後輩の素質を引き出そうと厳しいが、根は優しくて実直。

福富寿一 – 滝川英治
ロードレースの名門、箱根学園の3年生。
自転車競技部主将のエース。
ロードレーサーの家系に生まれたサラブレッドで自負心が強い。
総北高校の自転車競技部の主将のと因縁があり、最強のチームを作り上げて正々堂々と勝負することを誓っている。

御堂筋翔 – 林野健志
京都伏見高校の天才。
スプリントや登坂の勝負でスペシャリストと同等の力を発揮する驚異的な能力を持つ。
坂道と同級生ながら京都伏見高校のエース。
勝利に異常に執着して手段を選ばない。

田所迅 – 友常勇気

巻島裕介 – 馬場良馬

手嶋純太 – 鯨井康介

青八木一 – 八島諒

古賀公貴 – 輝馬

寒咲通司 – 安里勇哉

荒北靖友 – 鈴木拡樹

東堂尽八 – 北村諒

新開隼人 – 宮崎秋人

黒田雪成 – 秋元龍太朗

真波山岳 – 植田圭輔

杉元照文 – 平井浩基

泉田塔一郎 – 青木空夢

寒咲幹 – 桜井美南

実写版ドラマ「弱虫ペダル(弱ペダ)」のスタッフ情報

原作 – 渡辺航『弱虫ペダル』(秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」)

脚本 – 吹原幸太

監督 – 棚澤孝義

制作 – 東宝映像事業部

制作協力 – ドリマックス・テレビジョン

製作 – スカパー!

実写版ドラマ「弱虫ペダル」で坂道と今泉のバトルは千葉県の御宿がロケ地に!

実写版ドラマ「弱虫ペダル」で坂道と今泉のバトルは千葉県の御宿がロケ地に!
出典:御宿町

主人公の小野田坂道と同級生の今泉俊輔の最初の自転車バトルのロケ地は千葉県御宿の険しい道となりました。

御宿は千葉県の房総半島の外房にあたり、海水浴場が有名な観光地です。

また千葉県夷隅郡といえば、最近では有村架純主演の映画「夏美のホタル」のロケ地なんかにも使われていました。

海から山に向かう道は自転車では最高に気持ちが良い場所ですね。

名称:
JR外房線 御宿駅

住所:
千葉県夷隅郡御宿町須賀195

主人公の坂道たちが通う総北高校のロケ地は千葉県いすみ市

主人公の坂道たちが通う総北高校のロケ地は千葉県いすみ市
出典:Wikipedia

坂道や今泉、鳴子たち一年生、金城ら三年生など主人公たちが通う総北高校の撮影は千葉県いすみ市で行いました。

漫画の「弱虫ペダル」は千葉県佐倉市が舞台ですが、実写版のドラマでは千葉県の外房を中心に撮影したようです。

千葉県いすみ市の高校であれば、2015年に学校再編により一部のみが活用されている千葉県立岬高等学校がロケ地になるかもしれませんね。

名称:
千葉県立岬高等学校

住所:
千葉県いすみ市岬町長者366

アクセス:
JR外房線 長者駅より徒歩8分

実写版ドラマ「弱虫ペダル」を楽しみにしてみましょう!

いかがだったでしょうか。

日本に自転車競技の熱をもたらせた漫画の「弱虫ペダル」がついに実写化されます。

アニメや舞台などでも人気の弱ペダが豪華なスタッフにより熱い自転車の戦いはどう表現されるのか。

アニメの実写化として再現度が高いと評判のBSスカパー!の技術にも期待です。

アニメの実写化ドラマといえば、最近では人気テニス漫画「ベイビーステップ」にも注目が集まっていますね!

実写版ドラマ「弱虫ペダル」の放送開始を楽しみに待ちましょう!



<sponsored link>


関連記事



<sponsored link>