武井咲主演のドラマ「瀬戸内少年野球団」の舞台となった兵庫県淡路島のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年06月05日
[最終更新日]2016年07月31日

武井咲主演のドラマ「瀬戸内少年野球団」の舞台となった兵庫県淡路島の撮影場所などのロケ地を観光してみよう!

「わたしたち 野球をやりましょう」。

伝説の女優、夏目雅子がヒロインを演じて遺作となった「瀬戸内少年野球団」が2016年の秋、テレビ朝日系列でスペシャルドラマとして放送です。

27歳の若さで他界した夏目雅子、生涯手がけた作詞は5,000曲以上という昭和の作詞家、阿久悠の自伝的小説を原作にし、渡辺謙の映画デビュー作でもある歴史に残る名作です。

最初の映画「瀬戸内少年野球団」は1984年に公開、1987年には原作から10年後をテーマにした映画「青春篇 最後の楽園」が公開されるなど人気の物語ですね。

初代の「瀬戸内少年野球団」は原作者の阿久悠の出身の兵庫県淡路島を舞台にしています。

2016年版の「瀬戸内少年野球団」でも原点に回帰、兵庫県淡路島を舞台にして敗戦を迎えた子供たちが絶望感から野球を軸に前向きになる物語が描かれます。

夏目雅子がヒロインの駒子を演じてから30年が経ち、その主演を務めるのは武井咲となりました。

《あらすじ》「瀬戸内少年野球団」ってどんなドラマ?

 

昭和19年の春。

駒子は出征を控えた網元の長男と結婚式を挙げた。

甲子園球児だった夫は生きて帰って来ると駒子に告げて野球のたいボールを手渡す。

夫が戦争にいき、駒子は江坂町国民学校の先生として苦しい時代を生き抜いていた。

戦争が終わると駒子には夫の戦士を伝える1枚の紙切れが届く。

終戦を機に学校の教育方針はかつての軍国主義から一変する。

その夏に海軍提督の娘で可愛らしい波多野武女が江坂町国民学校に転校して学校の男子たちは大いに盛り上がる。

淡路島にも進駐軍が上陸すると島はアメリカ文化に感化され少年たちが夢を追って島を出て行ってしまう。

子どもたちに明るい希望を与えるために駒子は少年野球団「江坂タイガース」を結成する。

わたしたち、野球をやりましょうーー。

「瀬戸内少年野球団」のキャストをまとめてご紹介!

 

中井駒子 – 武井咲
本作の主人公で江坂町国民学校の先生。
子どもたちにとって憧れの美人先生。
戦後の混乱ですさんでいく子どもたちと向き合う。
子どもたちに夢と希望を与えるため明確なルールがありチーム一丸となれる野球を教えていく。
紙切れ一枚で夫の戦死が伝えられる。

武井咲が出演するドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介!

波多野武女 – 本田望結
江坂町国民学校に転校してくる海軍提督の娘。
男だらけの学校においてマドンナ的な存在。

中井鉄夫 – 栗山航
戦死が伝えられた駒子の夫の弟。
駒子の悲しい思いを理解している。

中井銀造 – 大杉漣
戦死が伝えられた駒子の夫の父。
長男の戦死を聞き、弟の鉄夫の嫁に駒子が相応しいと思っている。

中井豊乃 – 高橋惠子
戦死が伝えられた駒子の夫の母。

穴吹トメ – 友近

正木次郎 – えなりかずき

池田新太郎 – 山内圭哉

足柄竜太 – 坂田湧唯

足柄忠勇 – 平泉成

「瀬戸内少年野球団」のスタッフ情報

原作:阿久悠

企画:古賀誠一

脚本:寺田敏雄

プロデューサー:大川武宏・池田邦晃、森田光則

監督:松田礼人

制作:テレビ朝日・オスカープロモーション

2016年版の「瀬戸内少年野球団」のロケ地は兵庫県淡路島

2016年版の「瀬戸内少年野球団」のロケ地は兵庫県淡路島

「瀬戸内少年野球団」はその名の通りに瀬戸内海にある小学校の野球団を舞台にした物語です。

2016年版の「瀬戸内少年野球団」の撮影は瀬戸内海に浮かぶ淡路島でロケが行われました。

敗戦時から立ち上がる瀬戸内海の野球の物語に期待ですね。

初代「瀬戸内少年野球団」の撮影では兵庫県南あわじ市阿那賀にある当時の辰美中学校分校、香川県の金刀比羅宮、岡山県の真鍋島がロケ地でした。

武井咲主演の「瀬戸内少年野球団」ではどんな風景がロケ地になったのでしょうか。

こちらのロケ地に関する情報は判明次第に更新してまいります。

ロケ地だけじゃない!兵庫県淡路島の魅力的な観光情報をまとめてお届け!

ここからは、ドラマ「瀬戸内少年野球団」のロケ地の淡路島の観光情報をまとめてお届けします。

兵庫県に属する淡路島は瀬戸内海最大の島として知れ渡っていますね。

淡路島を本州と結ぶ大橋、四国と結ぶ大橋はどちらも大迫力であり絶好の観光スポットとなっています。

瀬戸内海の素晴らしさを淡路島で堪能してみましょう。

淡路島最大の観光スポットは瀬戸内海で揺れ動く世界最大のうず潮

淡路島最大の観光スポットは瀬戸内海で揺れ動く世界最大のうず潮
出典:阿波ナビ

淡路島最大の観光スポットと言えば鳴門のうず潮です。

直径が最大で30メートルのうず潮は世界最大と言われます。

淡路島と徳島を結ぶ大鳴門橋付近には無料の展望台があり大迫力のうず潮を眺められます。

周辺からは観光船も多く出ていて、うず潮をより近い距離で眺め大迫力の音と一緒に楽しめます。

徳島県側からは大鳴門橋の橋桁内に造られた海上遊歩道の「渦の道」で歩いて近づけ、渦の上の45メートルの高さからガラス床をのぞき込み、うず潮の轟音を体感できますよ。

名称:
道の駅うずしお

住所:
兵庫県南あわじ市福良丙947-22

公式サイト:
<リンク> 道の駅うずしおホームページ

アクセス:
神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南インターから車で5分

淡路島と関西を結ぶ明石海峡大橋では高さ300メートルの主塔への体験ツアーも

淡路島と関西を結ぶ明石海峡大橋では高さ300メートルの主塔への体験ツアーも

淡路島と四国を結ぶのが大鳴門橋であれば、淡路島と関西を結ぶのが明石海峡大橋です。

全長3,911m、中央支間1,991mで世界最長の吊り橋として有名ですね。

建設費5000億円の橋は大迫力で、夜には光のイルミネーションが美しく街を彩ります。

海面から登頂までの高さは300mで、体験ツアーに申し込めばその主塔に登り360度のパノラマを見学できるんですよ。

名称:
明石海峡大橋

住所:
兵庫県神戸市垂水区

公式サイト:
<リンク> 明石海峡大橋ホームページ

アクセス:
JR神戸線舞子駅からすぐ

淡路島に鎮座する日本最古の神社のイザナギ神宮

淡路島に鎮座する日本最古の神社のイザナギ神宮
出典:気ままに。

淡路島の中央部に鎮座するのが日本最古の神社と言われる伊弉諾(イザナギ)神宮です。

祀るのは日本神話の国産み・神産みに登場する伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)。

古事記や日本書紀にも登場する伝説的な神社です。

日本神話ではこの夫婦の神が一番最初に淡路島に国を作り、イザナギがこの地に住居を構えて余生を過ごしたとされています。

明治時代まで禁足の地とされていた神々しい場所にも是非とも立ち寄ってみたいですね。

名称:
伊弉諾(イザナギ)神宮

住所:
兵庫県淡路市多賀740

公式サイト:
<リンク> 伊弉諾神宮ホームページ

アクセス:
神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮インターより5分

うまいものたくさん!兵庫県淡路島のグルメ情報をまとめてお届け!

ここからは、映画「瀬戸内少年野球団」のロケ地の淡路島のグルメ情報をまとめてお届けします。

瀬戸内海に浮かぶ淡路島は新鮮な海の幸をこれでもかと味わえます。

また、全国に広がるご当地バーガーでもトップ級の人気を誇るなど独特のグルメ文化を楽しめますよ。

全国ご当地バーガーの1位と2位を独占した「あわじ島バーガー」

全国ご当地バーガーの1位と2位を独占した「あわじ島バーガー」
出典:食べログ

全国ご当地バーガーグランプリにて1位と2位を独占したのが「あわじ島バーガー」です。

5種類の味付けされてあ淡路島玉ねぎに甘辛く煮た淡路牛がたっぷりのった「あわじ島オニオンビーフバーガー」が2013年の1位を獲得し、王者のうまさを見せつけます。

また、2014年に2位となった「あわじ島オニオングラタンバーガー」は淡路鶏の食感や旨みを引き出し、淡路島牛乳や淡路島玉ねぎなど現地の食材をふんだんに使っています。

バーガーの聖地、淡路島に来たからにはあわじ島バーガーは味わなければいけない一品です。

名称:
あわじ島バーガー淡路島オニオンキッチン本店

住所:
兵庫県南あわじ市福良丙947-22

公式サイト:
<リンク> 淡路島オニオンキッチン紹介ページ

アクセス:
神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南インターから車で5分

瀬戸内海の海産物を堪能できる水産者直営の「新島水産」

瀬戸内海の海産物を堪能できる水産者直営の「新島水産」
出典:食べログ

瀬戸内海に浮かぶ淡路島に来たからには新鮮な海鮮を味わいたいもの。

水産者が直営の「新島水産」が新鮮で活きの良い海鮮が食べられると淡路島で大人気です。

新鮮な海鮮のお造りや豪華なウニ丼の他に磯焼きが自慢の一品。

あさり、サザエ、カラフルなヒオウギ貝を目の前で焼けば海の豊かさが口の中に広がります。

各席に淡路方言とその標準語訳で貝の焼き方の説明書きがついているのも観光気分を盛り上げてくれますね。

名称:
新島水産

住所:
兵庫県洲本市由良町由良2581-2

公式サイト:
<リンク> 潮彩市ホームページ

アクセス:
神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICより車で30分

淡路島を代表する寿司屋が魚屋が始めた「林屋」

淡路島を代表する寿司屋が魚屋が始めた「林屋」
出典:苺の友の関西食べあるき♪

関西から明石海峡を渡ってすぐの場所にあるのが淡路島を代表する寿司屋の「林家」。

もともとは魚屋を経営していたところ、寿司を始めたら大ヒットして人気店になったお店です。

瀬戸内海でとれた新鮮な寿司が堪能でき、東京の高級料理店の味が手頃な価格で味わえると評判です。

白身や貝の鮮度が抜群えコリコリとした食感はここでしか味わえないレベル。

林家の寿司を楽しむために関西から明石海峡大橋を渡ってくる人がいるほどですよ。

名称:
林屋

住所:
兵庫県淡路市岩屋1168

公式サイト:
<リンク> 林屋 食べログページ

アクセス:
神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICよりすぐ

武井咲主演のドラマ「瀬戸内少年野球団」の舞台となった兵庫県淡路島のロケ地を観光してみよう!

いかがだったでしょうか。

夏目雅子の遺作となり、渡辺謙の映画デビュー作の「瀬戸内少年野球団」は日本の映画史に残る作品です。

武井咲が主演の2016年版のドラマにも期待が高まりますね。

また、武井咲は滝沢秀明とともに、TBS系列で放送される2016年夏ドラマ「せいせいするほど、愛してる」にも出演が決まっています。

こちらのドラマも逃さずチェックしておきたいですね!

舞台となった瀬戸内の魅力が詰まった素晴らしい淡路島の観光も楽しんでみましょう!

 

こちらの記事も合わせてぜひどうぞ。

 
近くで放送予定のSPドラマ

「モンタージュ 三億円事件奇譚」(主演:福士蒼汰)

「ふつうが一番」(主演:東山紀之)

「居酒屋もへじ-母という字-」(主演:水谷豊)
 
兵庫県がロケ地となった作品

兵庫県が舞台となった人気のドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介!
 
厳選!おすすめ記事!

2016年春ドラマの聖地をまとめてご紹介!

2016年夏ドラマの情報をまとめてご紹介!



<sponsored link>


関連記事



<sponsored link>