大人気テレビドラマ「Dr.(ドクター)コトー診療所」沖縄県与那国島のロケ地で観光!

[記事公開日]2016年02月08日
[最終更新日]2016年07月03日

Dr.(ドクター)コトー診療所のロケ地沖縄県与那国島を観光で満喫しよう!

日本最西端の島、沖縄県の与那国島(よなぐにじま)は2003年と2006年に放送された人気ドラマ「Dr.コトー診療所」の舞台となった志木那島診療所のロケ地です。

美しい海に囲まれ、自然豊かな与那国島の観光ではぜひともDr.コトーのロケ地も巡ってみましょう。

<sponsored link>

Dr.(ドクター)コトー診療所とはどんなドラマ?

Dr.コトーとは2000年の少年ヤングサンデーで連載が開始された漫画が原作となって、2003年にフジテレビでテレビドラマ化されたストーリーです。

主人公の五島健介は東京都の大病院の医師が沖縄の無医村の離島の診療所で医師をやることになった物語です。

多くの離島の患者を助け、島民達と信頼を築いていくとても暖かいストーリーの物語です。

ドラマのメイン舞台となったDr.コトーの診療所のロケ地


Dr.コトー診療所のロケ地は、与那国島南部にある「比川」という集落の近くにあります。

ややわかりにく場所ですが、細い路地を通っていくとDr.コトーの診療所にたどり着きます。

目の前には砂浜が広がり、とても気持ちの良い場所です。

ドラマ終了後もセットをそのまま残し、観光資源にしています。

屋上にも上がれます。

彩佳さんが洗濯干しをしていたシーンを思い出しますね。

診療所の目の前の海、比川浜で泳ぐこともできます。

穏やかな時間を味わうのには最適の場所です。

剛洋らが通っていた志木那島小学校

剛洋らが通っていた志木那島小学校が与那国島にはあります。

比川小学校という与那国島にある小学校が舞台となっています。

大塚寧々が演じる茉莉子の店

大塚寧々が演じる茉莉子の店もDr.コトーでは重要な舞台となっていました。

茉莉子の店の前にはナンタ浜という有名な浜辺があり、ドラマでも使われていた観光名所です。
とてもきれいなのでぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

ドラマのタイトルバックの外周道路

ドラマのタイトルバックで使われていた、爽快な道は南牧場線という島の外周道路です。
映像そのままの大変きれいで爽快な道になっています。

Dr.コトーで使われていた漁港

久部良港は作中では何度も登場した有名な漁港です。

泉谷しげるなどが演じる漁師さんたちの姿など、ご記憶の方も多いのではないでしょうか?

ここの本当の名前は与那国漁協ですが、ドラマで呼ばれていたのは志木那島漁協という名前でしたね。

<sponsored link>

他にも沖縄県の与那国島を観光するなら・・・

与那国島は中央に山地があり、断崖絶壁の海岸もある起伏に富んだ島です。

自転車で島を一周するには大きく、レンタカーで観光するのが無難でしょう。

まずは、島の繁華街に隣接しているビーチ、ナンタ浜がおすすめです。

静かな、穏やかなビーチでゆったりとして時間を過ごしましょう。

与那国島の東端には東崎(あがりざき)という展望台があります。

特筆すべきはその周辺の牧場です。

一般の観光客も入ることができますが馬がごく普通に歩いています。

都会育ちの人間では驚くかもしれません。

与那国島の中で美しいのが六畳ビーチです。

Dr.コトーの特別編で使われてました。

凄い場所を見せたいと剛洋がひなちゃんを連れてきた場所です。

入り口はちょっとわかりにくいです。

小さく舗装された道を通ると六畳ビーチが出てきます。

ここは非常に危険な道なので子供を連れて行くのは無理だと思います。

険しい山道を降りていけば六畳ビーチに到着です。

勇気ある観光客が代わる代わるやってくるでしょう。

なお、非常に歩きにくい道を進むので自己責任で。

与那国島で神の岩と呼ばれているのが立神岩です。

レンタカーで島を一周するのであれば休憩に立ち寄るのも良いかもしれません。

島の中心地にある山間部、ティンダハナタには長い遊歩道があります。

山道をゆっくり歩いた後には町を一望できて気持ちが良いものです。

日本最西端の島である与那国島では日本最後の夕日が眺められます。

その名もズバリ、日本最後の夕日が見える丘です。

夕方には多くの観光客が集まり夕日を堪能しています。

これはとある日の日本最後の夕日です。

「Dr.コトー診療所」のロケ地沖縄県与那国島へぜひ行ってみてください

与那国島は今でも非常にきれいな観光資源が多く残っています。

Dr.コトーの診療所のロケ地を巡るだけでなく、それ以外の観光も楽しめること間違いなしなので、ぜひ一度堪能してみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>




<sponsored link>


関連記事