福士蒼汰主演の映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の舞台となった京都府京都市のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年07月01日
[最終更新日]2016年07月31日

福士蒼汰主演の映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする(ぼく明日)」の舞台となった京都府京都市の撮影場所のロケ地を観光してみよう!

その物語を読めば1回目で感動し、2回目で涙が溢れる。

「恋愛小説のおすすめランキング」で長期間1位の小説「ぼくは明日、昨日のきみとデートする(ぼく明日)」が2016年12月、映画化されます。

七月隆文の原作で、不思議な時間軸を持った涙を誘う恋愛物語です。

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の監督は映画「陽だまりの彼女」「青空エール」を手がける三木孝浩。

主演は2016年のドラマ「お迎えデス。」「モンタージュ 三億円事件奇譚」などの主演で勢いの止まらない福士蒼汰です。

特別な世界に生きるヒロインを演じるのは映画「バクマン。」や「ヒーローマニア-生活-」などで活躍する小松菜奈。

20歳の男女による爽やかで深い恋愛の舞台は原作と同じ京都府京都市がロケ地になりました。

京都の有名観光地が映画「ぼく明日」によって感動的な名所に変わっていきますね。

<sponsored link>

《あらすじ》「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」ってどんな映画?

《あらすじ》「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」ってどんな映画?
出典:枚方つーしん

京都の美大に通う南山高寿はいつものように大学に行くために電車に乗っていた。

ある日、電車の中で一人の女性に一目惚れをする。

奥手な高寿だったが、彼女が目的の駅で降りたのを見て思わず追いかけて話しかける。

「一目惚れしました」。

黒髪が美しい女性、福寿愛美は初めて見るはずの高寿を見て不思議な表情を見せる。

2人はそのまま散歩をしながら他愛もない話を続けた。

夜も遅くなり解散という時に高寿が「また会える?」と問いかける。

すると、愛美は突然に泣き出し高寿を抱きしめた。

高寿には愛美の涙も突然の行動の理由もわからなかったが、その後に二人は付き合い出す。

京都市内などを楽しくデートし、誰もが羨むような典型的な青春を二人は過ごしていた。

ただ、愛美には未来を知っているかのようなそぶりが多い。

不思議に思う高寿が愛美に尋ねると帰ってきた答えは「あなたの未来がわかるって言ったら、 どうする?」。

そして高寿は愛美にとっての「時間」に隠されていた秘密を知ることになる。

なぜ愛美は高寿と初めて会った日に涙をしたのか。

2人にとっての40日間はお互いが20歳の時だけの奇跡の時間だったのだ。

全てを知った高寿は涙して思う。

ぼくは明日、昨日のきみとデートするーー。

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のキャストをまとめてご紹介!

 

南山高寿 – 福士蒼汰
京都の美大に通う大学生。
普段は奥手だが、電車で目があった福寿愛美にひと目ぼれしてすぐに告白する。
将来の夢はイラストレーターか作家。

福士蒼汰が出演するのドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介!

福寿愛美 – 小松菜奈
黒髪が美しい女性。
美容の専門学校に通っている。
南山高寿の突然の告白を受け入れる。
付き合い始めはすぐに泣き出す涙もろい性格。
携帯電話をもっておらず門限は24時。

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のスタッフ情報

原作 – 七月隆文「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

監督 – 三木孝浩

脚本 – 吉田智子

配給 – 東宝

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のロケ地は原作と同じ京都!

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のロケ地は原作と同じ京都!

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の主なロケ地は原作と同じ京都です。

京都の観光名所を福士蒼汰と小松菜奈が20歳同士のさわやかでかつ切ないデートを楽しみます。

いくつもの観光名所が「ぼく明日」ファンにとっては涙を誘う聖地となりました。

福士蒼汰と小松菜奈が手を取り合ってはしゃぐロケ地は京都の鴨川

福士蒼汰と小松菜奈が手を取り合ってはしゃぐロケ地は京都の鴨川
出典:Travel.jp

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」では主人公の南山高寿を演じる福士蒼汰とヒロインの福寿愛美役の小松菜奈が楽しそうに京都でデートします。

中でも福士蒼汰と小松菜奈のお気に入りの場所は鴨川だったそうです。

鴨川にある飛び石を福士蒼汰と小松菜奈が手を取り合ってはしゃぎました。

北東から流れてくる高野川、北西から流れてくる賀茂川の合流点は鴨川デルタと呼ばれ風情のある雰囲気から多くの人々の憩いの地になっています。

映画「パッチギ」「鴨川ホルモー」などのロケ地にも登場、アニメ「けいおん!」の舞台にもなっているんですよ。

■基本情報
名称:鴨川デルタ
住所:京都府京都市左京区下鴨宮河町
アクセス:京阪電鉄 出町柳駅よりすぐ

鴨川デルタからさらに下流にある歴史的な三条大橋もロケ地に

鴨川デルタからさらに下流にある歴史的な三条大橋もロケ地に
出典:
新日本聴行(きこう)

鴨川デルタからさらに下流に歩いたところにかかる三条大橋も映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のロケ地になりました。

この三条大橋は京都市内の繁華街にありながら風情のある橋として多くの人々に愛されています。

昼はオフィスで働く人の移動手段として夜は歓楽街に足を運ぶ人たちの目的地として京都で存在感を放っていますね。

■基本情報
名称:三条大橋
住所:京都府京都市中京区中島町
アクセス:地下鉄東西線 三条京阪駅より徒歩3分

福士蒼汰と小松菜奈は「お稲荷さん」の総本営の伏見稲荷大社にも訪れる

福士蒼汰と小松菜奈は「お稲荷さん」の総本営の伏見稲荷大社にも訪れる

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」で福士蒼汰と小松菜奈は「お稲荷さん」の総本営の伏見稲荷大社にも訪れます。

奈良時代の和銅4年(711)2月初午の日に稲荷大神が鎮座した歴史ある大社です。

朱色の鳥居が幾重にも続く千本鳥居の幻想的な風景は京都ならではですね。

今では訪日外国人の人気スポットナンバーワンと呼ばれるほどの観光名所になっています。

■基本情報
名称:伏見稲荷大社
住所:京都府京都市伏見区深草藪之内町68
公式サイト:<リンク> 伏見稲荷大社ホームページ
アクセス:JR奈良線 稲荷駅より徒歩5分

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の原作にも登場した京都市左京区の宝ヶ池も映画のロケ地に

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の原作にも登場した京都市左京区の宝ヶ池も映画のロケ地に
出典:京都着物散策ブログ

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の原作で主人公がヒロインに告白し、最初に一緒の時間を過ごすのが京都市左京区にある宝ヶ池です。

象徴的なシーンだけに、映画でもしっかりと宝ヶ池がロケ地になりました。

宝ヶ池で話し合う福士蒼汰と小松菜奈を見るだけで、原作のファンは泣いてしまうかもしれません。

■基本情報
名称:宝ヶ池公園
住所:京都府京都市左京区松ケ崎狐坂6
アクセス:叡山電鉄 宝ケ池駅より徒歩5分

喫茶店のワンシーンのロケ地には銭湯をリノベーションしたカフェ「さらさ西陣」

喫茶店のワンシーンのロケ地には銭湯をリノベーションしたカフェ「さらさ西陣」
出典:http://www.kyo1010.com/

京都でも珍しいカフェ「さらさ西陣」も喫茶店のワンシーンのロケ地になりました。

この「さらさ西陣」は築80年の銭湯旧藤の森温泉をリノベーションした不思議な場所です。

鮮やかなマジョリカタイルが壁を埋め尽くし、元銭湯ならではの独特な雰囲気が客を楽しませます。

夜は地域の人から観光客が集まりライブも披露される素敵な場所ですよ。

■基本情報
名称:さらさ西陣
住所:京都府京都市北区紫野東藤ノ森町11−1
公式サイト:<リンク> さらさ西陣ホームページ
アクセス:市営地下鉄烏丸線 鞍馬口駅より徒歩15分

金閣寺の近くにある「わら天神」では屋台を出しての撮影も

金閣寺の近くにある「わら天神」では屋台を出しての撮影も
出典:京都検定に挑戦

金閣寺の近くにある通称「わら天神」、敷地神社でも撮影を行いました。

ここでは屋台のセットを出して、大規模なロケを行いました。

日本を代表する観光名所の金閣寺におもむく際に、映画「ぼく明日」のロケ地巡りという楽しみがまた一つ増えましたね。

■基本情報
名称:わら天神(敷地神社)
住所:京都府京都市北区衣笠天神森町10
公式サイト:<リンク> わら天神ホームページ
アクセス:京福電気鉄道北野線 北野白梅町駅より徒歩15分

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」で福士蒼汰が通う大学のロケ地は華頂短期大学

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」で福士蒼汰が通う大学のロケ地は華頂短期大学
出典:http://www.nikken.co.jp/

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の主人公を演じる福士蒼汰が通う大学のロケ地は華頂短期大学です。

1953年に設立された華頂短期大学の趣のある雰囲気が撮影にピッタリだったのでしょうか。

原作では作者の七月隆文の出身校でもある京都精華大学が舞台になっていました。

■基本情報
名称:華頂短期大学
住所:京都府京都市東山区林下町3−456
アクセス:地下鉄東西線 東山駅より徒歩5分

大阪にある最古の現役アパートと言われるトヨクニハウスも舞台の一つに

大阪にある最古の現役アパートと言われるトヨクニハウスも舞台の一つに
出典:観葉植物レンタルのアルファ・ウィン

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」は京都を中心に撮影されましたが、大阪にある歴史あるアパート「トヨクニハウス」も舞台になりました。

このアパートは戦前の昭和7年(1934年)築と、日本最古のアパートとも言われています。

玄関のステンドグラスや牛乳瓶受けなど風情のある雰囲気が残り、映画のロケ地にも相応しい場所ですね。

■基本情報
名称:トヨクニハウス
住所:大阪市都島区高倉町1ー14ー1
アクセス:大阪市営地下鉄谷町線 都島駅より徒歩10分

福士蒼汰と小松菜奈のデートのロケ地には大阪の「ひらパー」でも

福士蒼汰と小松菜奈のデートのロケ地には大阪の「ひらパー」でも
出典:まいぷれ

福士蒼汰と小松菜奈のデートの場所のロケ地は京都だけでなく大阪のひらかたパーク、通称ひらパーでも撮影を行いました。

このひらパーは地元の枚方市出身であるV6の岡田准一をイメージキャラクターの超ひらパー兄さんとして起用しています。

岡田准一を尊敬していると公言する福士蒼汰はこのひらパーで岡田准一パネルでの写真なども撮ってはしゃいでいたんですよ。

■基本情報
名称:ひらかたパーク(ひらパー)
住所:大阪府枚方市枚方公園町1−1
公式サイト:<リンク> ひらかたパーク ホームページ
アクセス:京阪電鉄 枚方公園駅より徒歩3分

<sponsored link>

ロケ地だけじゃない!京都府京都市の魅力的な観光地をまとめてお届け!

ここからは映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のロケ地の京都の観光情報をまとめてお届けします。

京都は世界的にも有名な独自の歴史を持つ観光名所です。

映画「ぼく明日」のロケ地めぐりを楽しみながら、観光地として最高級の魅力を持つ京都を楽しみたいですね。

京都の観光名所として絶大な地位の金閣寺

京都の観光名所として絶大な地位の金閣寺

京都の観光名所として絶大な地位を誇るのが金閣寺です。

正式名称は鹿苑寺と言って臨済宗相国寺派の寺になります。

鎌倉時代の元仁元年(1224年)から幾多の歴史を持つ金閣寺は、昭和25年(1950年)の放火により焼失し、昭和30年(1955年)に再建されたことでも有名です。

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のロケ地のわら天神にも近く、福士蒼汰ファンにとっては是非とも立ち寄りたい観光名所ですね。

■基本情報
名称:金閣寺(鹿苑寺)
住所:京都府京都市北区金閣寺町1
公式サイト:<リンク> 金閣寺ホームページ
アクセス:京福電気鉄道北野線 北野白梅町駅より徒歩20分

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の原作の舞台になった京都市動物園

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の原作の舞台になった京都市動物園
出典:FindTravel

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の原作では京都市動物園で主人公とヒロインがキリンの前で偶然に出会います。

京都市動物園には実際にキリンがいて、「ぼく明日」の二人の気分を味わえます。

この京都市動物園は明治36(1903)年4月に開園した全国で2番目に歴史ある動物園でもあるんですよ。

■基本情報
名称:京都市動物園
住所:京都府京都市左京区岡崎法勝寺町
公式サイト:<リンク> 京都市動物園ホームページ
アクセス:地下鉄東西線 蹴上駅より徒歩7分

原作の舞台になった伏見大手筋商店街の近くの寺田屋も必見

原作の舞台になった伏見大手筋商店街の近くの寺田屋も必見
出典:幕末歴史探訪

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の原作では京阪電車の伏見桃山駅を降りてすぐの伏見大手筋商店街もモデルになっています。

この商店街のすぐ近くにあるのが歴史好きにとっての聖地の寺田屋。

幕末で活躍した坂本龍馬が滞在していた宿で、幕府役人に襲われて命からがら逃げた舞台として有名ですね。

寺田屋の旧跡地、旅籠の建屋は見学が可能で幕末ファンにとっては聖地になっています。

■基本情報
名称:寺田屋
住所:京都府京都市伏見区南浜町263
アクセス:京阪電車 中書島駅より徒歩5分

うまいものたくさん!京都府京都市のグルメ情報をまとめてお届け!

ここからは映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のロケ地の京都のグルメ情報をまとめてお届けします。

観光地として日本最高級の京都はありとあらゆるグルメでも日本トップクラスです。

福士蒼汰ファンにとっては京都のスイーツを味わうのが至福の喜びになるかもしれませんね。

こだわりぬいた味でおもてなしの「ぎおん徳屋」

こだわりぬいた味でおもてなしの「ぎおん徳屋」
出典:食べログ

京都名物のスイーツをどれでも最高品質で味わえるのが「ぎおん徳屋」です。

芸妓さんや舞妓さんが行きかう祇園にある甘味処で、素材の質に徹底している大人気です。

大粒の丹波産大納言小豆を使ったぜんざいにおしるこ、国産の本わらび粉と和三盆糖のわらび餅など京都名物がずらりと並びます。

専用のコンロを使って自分でお餅を焼くのも面白く、京都観光にはもってこいの名店ですよ。

■基本情報
名称:ぎおん徳屋
住所:京都府京都市東山区祇園町南側570-127
公式サイト:<リンク> ぎおん徳屋ホームページ
アクセス:京阪本線 祇園四条駅から徒歩5分

京都を知り尽くした外国人オーナーが絶妙のカフェ「らん布袋」

京都を知り尽くした外国人オーナーが絶妙のカフェ「らん布袋」
出典:食べログ

明治43年に建てらた建物をリフォームして味のあるカフェとして人気なのが「らん布袋 (ほてい)」、

ただの古民家カフェでなく、オーナーが外国人ということから大正ロマンと西洋の融合が独特の雰囲気を作っています。

基本の抹茶と和菓子のほか、 抹茶スムージーや抹茶ラテも極上の逸品。

カナダ出身のオーナーが茶道裏千家教授であることから一流の京都の味が楽しめますよ。

■基本情報
名称:らん布袋 (ほてい)
住所:京都府京都市中京区三条通大宮西入ル上瓦町64
公式サイト:<リンク> らん布袋ホームページ
アクセス:地下鉄東西線 二条城前駅より徒歩5分

「ぼく明日」の原作の舞台でもあり、世界最高と言われる鴨川のスタバ

「ぼく明日」の原作の舞台でもあり、世界最高と言われる鴨川のスタバ
出典:PlusDiary

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の原作で登場するのが鴨川にあるスターバックス(スタバ)です。

ただのスタバと思うなかれ、鴨川納涼床で楽しむコーヒーはスターバックスの中でも世界最高峰と言われます。

京都では毎年5月になると鴨川に木組みのやぐらが並びます。

鴨川納涼床と呼ばれるやぐらですが、スターバックスの京都三条大橋店も三条大橋のたもとに床を設けて風情のある喫茶店となっています。

京都の風景とスターバックスが融合した極上の喫茶店を、「ぼく明日」の聖地としても堪能するのは心地よいですね。

■基本情報
名称:スターバックス 京都三条大橋店
住所:京都府京都市中京区三条通河原町東入ル中島町113
公式サイト:<リンク> スターバックス ホームページ
アクセス:京阪本線 三条駅より徒歩2分

福士蒼汰主演の映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする(ぼく明日)」の舞台となった京都府京都市のロケ地を観光してみましょう!

いかがだったでしょうか。

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」。

その感動的な物語が映画化されれば涙なしでは見られません。

後に、福士蒼汰と小松菜奈の代表作と呼ばれていく可能性も高いですね。

二人の特殊な時間軸による、初めてだけど最後になる出会いと別れ。

映画「ぼく明日」の公開を楽しみにまちながら京都の観光も楽しんでみましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>




<sponsored link>


関連記事