生田斗真主演の映画「彼らが本気で編むときは、」のキャスト、あらすじ、ロケ地情報まとめ!

[記事公開日]2016年07月02日
[最終更新日]2016年07月30日

生田斗真主演の映画「彼らが本気で編むときは、」のキャスト、あらすじ、ロケ地情報を徹底解説いたします!

心と体の性別に差があるトランスジェンダーを生田斗真が体当たりで演じます。

男として生まれ女として生きる人間を描いた映画「彼らが本気で編むときは、」が2017年2月25日、公開です。

トランスジェンダーの主人公、リンコを演じるのは生田斗真。

2015年の映画「グラスホッパー」や、2016年の「秘密 THE TOP SECRET」など従来の主演作品とはまったく異なった役に挑戦します。

生田斗真の恋人役となるのは映画「バクマン。」やドラマ「水族館ガール」など多くの作品で活躍する桐谷健太。

生田斗真と桐谷健太の恋人同士の関係にファンも大注目です。

挑戦的なテーマを選んだ監督は映画「かもめ食堂」や「めがね」で穏やかな作品を作り続けてきた荻上直子で、今作で従来の殻をぶちやぶる。

トランスジェンダーのリンコに関係する人々を小池栄子や田中美佐子、門脇麦など実力派女優たちが盛り立てます。

性とは何か、家族とは何か、人生とは何か。

映画「彼らが本気で編むときは、」は多くの疑問を観客に問いかけます。

《あらすじ》「彼らが本気で編むときは、」ってどんな映画?

11歳の女の子、トモは母親のヒロミと2人暮らしをしていた。

ある日、母親のヒロミがシングルマザーとしての生活に限界を感じてトモを置いて去ってしまう。

一人になったトモが頼ったのは母親ヒロミの弟、叔父にあたるマキオだ。

トモがマキオの家を訪れるとそこには美しい恋人のリンコがいた。

男性のマキオと付き合っているリンコは性別適合手術を受けた元男性だった。

マキオとトランスジェンダーのリンコ、母に捨てられたトモの3人の奇妙な生活が始まるーー。

映画「彼らが本気で編むときは、」のキャストをまとめてご紹介!

 

リンコ – 生田斗真
本作の主人公で男性として生まれる。
しかし、男性としての体と女性としての心に違和感を持ち、性別適合手術を受けて女性として人生を再出発する。
介護士として老人ホームで働いている。

生田斗真が出演するのドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介!

マキオ – 桐谷健太
女性となったリンコの恋人。
二人で穏やかに暮らしていたところ、姉のヒロミが育児放棄をしてその娘のトモを引き取る。

トモ – 柿原りんか
11歳の女の子。
母親のヒロミに置き去りにされる。
ひとりぼっちになってしまったため、叔父のマキオのもとを訪れる。

ヒロミ – ミムラ
マキオの姉。
シングルマザーとして娘のトモ育ててきたが、限界を感じて育児放棄する。

ナオミ – 小池栄子
小学生のトモの同級生・カイの母親。
家庭環境が複雑なトモが自分の息子に近づくのに警戒心を抱いている。

佑香 – 門脇麦
リンコの職場の同僚。
女性でありながら男っぽい性格。
リンコとはお互いに影響を与え合っている友人で、自身は結婚を控えている。

サユリ – りりィ
マキオとヒロミの母親。
痴呆が進みリンコが介護士として勤めている老人ホームに入居している。
娘を捨てた娘のヒロミとは不仲が続いている。

フミコ – 田中美佐子
リンコの母親。
子供の頃から自分の性に悩むリンコを支え続けてきた。

映画「彼らが本気で編むときは、」のスタッフ情報

監督・脚本:荻上直子

配給:スールキートス

映画「彼らが本気で編むときは、」のロケ地は千葉県流山市

映画「彼らが本気で編むときは、」のロケ地は千葉県流山市

映画「彼らが本気で編むときは、」はトランスジェンダーの生田斗真と恋人の桐谷健太を中心とした物語です。

映画では女性の姿をした生田斗真が編み物をし、家庭料理にいそしんで桐谷健太との恋人生活を送ります。

ロケ地の一つには千葉県流山市が選ばれました。

女性となった生田斗真は劇中でどんな表情を見せ、トランスジェンダーを演じていくのでしょうか。

映画「彼らが本気で編むときは、」のロケ地に関する情報は判明次第、更新してまいります。

生田斗真主演の映画「彼らが本気で編むときは、」を楽しみにしていましょう!

いかがだったでしょうか。

生田斗真はドラマ「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」などでイケメンを演じてきました。

映画「彼らが本気で編むときは、」ではいつものイケメンではなく、美しい女性を演じて新境地を開きます。

生田斗真にとって俳優人生の転機になるような作品であり、ファンとしては見逃せませんね。

トランスジェンダーに真正面から挑戦する映画「彼らが本気で編むときは、」を楽しみにしていましょう!



<sponsored link>


関連記事



<sponsored link>