能年玲奈と登坂広臣主演の映画「ホットロード」の舞台となった神奈川県藤沢市のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年07月03日
[最終更新日]2016年07月04日

能年玲奈と登坂広臣主演の映画「ホットロード」の舞台となった神奈川県藤沢市の撮影場所のロケ地を観光してみよう!

「こんなに誰かを好きになったのは、初めてだった」。

昭和の終わりを感じさせ懐かしいながらも新鮮な映画「ホットロード」は2014年8月16日に公開されました。

能年玲奈と登坂広臣しか出来なかったと言われる伝説の映画は2016年7月15日に日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で21時から地上波で初放送です。

原作の紡木たくの漫画「ホットロードは1986年から翌年まで別冊マーガレットで連載され全4巻ながら発行部数700万部という驚異的な人気を誇りました。

漫画の連載から約30年も映画化の誘いを断り続けていた原作者がこの人なら実写化しても良いと認めたのが女優の能年玲奈。

大ヒットした2013年のNHK連続ドラマ「あまちゃん」でブレイクする前から能年玲奈のホットロードへの出演は決まっており、その才能は既に見つけられていました。

ヒロインの能年玲奈の恋人役には映画初出演となった三代目J Soul Brothersのボーカル、登坂広臣。

伝説の漫画が能年玲奈と登坂広臣という類稀なる若き才能と融合した映画「ホットロード」。

監督は映画「陽だまりの彼女」で江ノ島を舞台にした撮影に定評がある三木孝浩で、2016年の映画「青空エール」や、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」で若者の感動的な恋愛物語を作り続けています。

映画公開後は藤井フミヤや的場浩司、糸井重里など著名人から絶賛のコメントが多数よせられました。

多くの人々が懐かしい思いを抱く映画「ホットロード」は神奈川県藤沢市の江ノ島や湘南海岸で撮影が行われました。

《あらすじ》「ホットロード」ってどんな映画?

《あらすじ》「ホットロード」ってどんな映画?
出典:http://hotroad-movie.jp/

14歳の少女、宮市和希は悩んでいた。

2歳の頃に父親が亡くなったが、その父親の写真は家に1枚もない。

母親は泣き父ではなく学生時代に付き合っていた男と交際を再開、結婚した夫は愛していなかったという。

和希は自分が望まれて生まれた子ではないと知り、夜の湘南で暴走族Nights(ナイツ)の集会に参加する。

和希がナイツで知り合ったのが16歳で自分の力だけで生活している春山洋志。

反目しあっていた和希と春山だが、ナイツで行動を共にするうちに二人は惹かれあっていく。

しかし、春山がナイツのリーダーに就任すると、敵対するチームとの抗争が二人の前に立ちはだかるーー。

映画「ホットロード」のキャストをまとめてご紹介!

 

宮市和希 – 能年玲奈(幼少時代:本間菜穂)
本作の主人公で中学2年生の14歳。
2歳の時に父親が亡くなり母親と2人暮らしをしている。
母親が父以外の男と交際していることに反発して非行に走る。

春山洋志 – 登坂広臣
本作の主人公で16歳。
高校に行かずガソリンスタンドでアルバイトをして一人暮らしをしている。
暴走族ナイツの湘南支部に所属している。

ママ – 木村佳乃
35歳。
女手一つで和希を育てる。
夫の死後、高校時代から好き合っていた鈴木と交際を再開する。

鈴木 – 小澤征悦
和希の母親の恋人。
妻がいるが離婚協議中。

玉見トオル – 鈴木亮平
全国に支部を持ち本部が横浜にある暴走族MAD SPECIAL THE NIGHTS、通称ナイツの総頭。
暴走族のメンバーに慕われている20歳。
春山に総頭の座を譲ろうとしている。

宏子 – 太田莉菜
ナイツ総頭のトオルの恋人で17歳。

えり – 竹富聖花
横浜から和希の学校に転校してきた。
親友の和希を暴走族ナイツに誘う。

赤根 – 野替愁平
ナイツと抗争している暴走族「漠統(ばくとう)」のリーダー。

永山 – 遠藤雄弥
ナイツと抗争している暴走族「漠統」のNo.2。

リチャード – 落合モトキ

金パ – 山田裕貴

おばさま先生 – 鷲尾真知子

医者 – 野間口徹

高津 – 利重剛

春山の母 – 松田美由紀

ユッコ – 渡辺恵伶奈

映画「ホットロード」のスタッフ情報!

監督 – 三木孝浩

脚本 – 吉田智子

主題歌 – 尾崎豊「OH MY LITTLE GIRL」

エグゼクティブプロデューサー – 秋元一孝、奥田誠治

企画・プロデューサー – 吉田繁暁、藤村直人

音楽 – mio-sotido

配給 – 松竹

映画「ホットロード」の聖地となったロケ地は湘南に浮かぶ江ノ島

映画「ホットロード」の聖地となったロケ地は湘南に浮かぶ江ノ島
出典:鵠沼・昔砂丘の一本松

映画「ホットロード」は神奈川県の湘南海岸を中心に撮影しています。

暑い夏に海に集まる人々、夜の海岸線を走る暴走族など昭和の時代を反映している物語には湘南こそが相応しいですね。

その湘南の海に浮かぶ江ノ島は映画「ホットロード」の聖地となりました。

特に江ノ島にある湘南港灯台が頻繁に物語に登場しています。

能年玲奈と登坂広臣がバイクで走っていたのは江ノ島に向かう際に通る江ノ島大橋です。

また、登坂広臣が仲間と殴り合いを演じ、暴走族のリーダーと話し合っていたシーンは江ノ島の入り口にある江ノ島アイランドスパの道路を挟んで逆側にある広場で撮影されました。

二人のように定番のデートスポットである江ノ島巡りを楽しみたいですね。

■基本情報
名称:湘南港灯台(しょうなんこうとうだい)
住所:神奈川県藤沢市江の島1丁目12−3
アクセス:小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅より徒歩20分

能年玲奈と登坂広臣の伝説のシーンのロケ地は湘南海岸公園

能年玲奈と登坂広臣の伝説のシーンのロケ地は湘南海岸公園
出典:かながわなび

映画「ホットロード」では主演の能年玲奈と登坂広臣が触れ合う伝説のシーンがあります。

能年玲奈が涙を流し、登坂広臣がそのほっぺをつねるシーンは感動的ですね。

この場面は藤沢市にある湘南海岸公園の芝生広場のほぼ中央で撮影されました。

映画公開後、芝生広場には「HOT ROAD Location Spot」の看板も立っていたんですよ。

■基本情報
名称:湘南海岸公園
住所:神奈川県藤沢市鵠沼海岸1丁目18
公式サイト:<リンク> 湘南海岸公園ホームページ
アクセス:小田急江ノ島線 鵠沼海岸駅から徒歩10分

登坂広臣がたった一人で抗争する暴走族と対決する名場面のロケ地は県立湘南海岸公園西部駐車場

登坂広臣がたった一人で抗争する暴走族と対決する名場面のロケ地は県立湘南海岸公園西部駐車場
出典:ちぃ★のブログ

暴走族ナイツのリーダーを務めることになった主人公の春山洋志を演じる登坂広臣が、たった一人で抗争する暴走族「漠統」と対決する名場面のロケ地が県立湘南海岸公園西部駐車場です。

登坂広臣が両手を腰に当てて大勢の暴走族と対峙するシーンはファンならずともしびれます。

この駐車場に車を停め、登坂広臣のポーズをとって写真を撮りたいですね。

映画公開後、実際にこの駐車場に1,000人を超える三代目J Soul Brothersファンが詰め掛けたんですよ。

■基本情報
名称:県立湘南海岸公園西部駐車場
住所:神奈川県藤沢市鵠沼海岸1丁目17−24
アクセス:小田急江ノ島線 鵠沼海岸駅から徒歩10分

映画「ホットロード」で登場するナイツのメンバーが話し合っていたロケ地の「喫茶ジュリアン」

映画「ホットロード」で登場するナイツのメンバーが話し合っていたロケ地の「喫茶ジュリアン」
出典:食べログ

映画「ホットロード」で暴走族ナイツのメンバーが従来のリーダーの引退を話し合っていたお店が藤沢駅のすぐ近くにある「喫茶ジュリアン」です。

外観の丸窓が特徴的で昭和40年代から営業している歴史を感じさせる喫茶店です。

ジュリアンの名はスタンダールの小説「赤と黒」のジュリアン・ソレルにちなんでいます。

ホットロードのほか、2008年の映画「20世紀少年」に登場する喫茶店「さんふらんしすこ」のロケ地にもなっているんですよ。

■基本情報
名称:喫茶ジュリアン
住所:神奈川県藤沢市藤沢110
公式サイト:<リンク> 喫茶ジュリアン 食べログページ
アクセス:JR藤沢駅北口から徒歩3分

能年玲奈と登坂広臣も訪れたロケーション抜群の湘海亭

能年玲奈と登坂広臣も訪れたロケーション抜群の湘海亭
出典:食べログ

映画「ホットロード」の撮影中に能年玲奈と登坂広臣が訪れたのが「湘海亭(しょうかいてい)」です。

窓際席は稲村ヶ崎が望める絶好のオーシャンビューで、外のテラス席も気持ちの良いお店です。

看板メニューは湘南の名物のシラス丼で苦味のない生き生きとしたシラスが味わえます。

夜はマグロのステーキなどビールに合うメニューも多い名店で、能年玲奈と登坂広臣のサインも飾ってありますよ。

■基本情報
名称:湘海亭(しょうかいてい)
住所:神奈川県鎌倉市稲村ガ崎3-5-6
公式サイト:<リンク> 湘海亭 食べログページ
アクセス:江ノ島電鉄 稲村ガ崎駅より徒歩2分

ホットロードのロケ地だけじゃない!神奈川県藤沢市の魅力的な観光情報をまとめてお届け!

ここからは、映画「ホットロード」のロケ地の神奈川県藤沢市の観光情報をまとめてお届けします。

全国的に有名な観光地の江ノ島を持つ藤沢市は映画やドラマなどでいくつものロケ地になっています。

海を感じる美しい街の藤沢でホットロード以外のロケ地を巡るのも楽しいですよ。

江ノ島観光で外せない恋人の聖地「龍恋の鐘」で松潤詣で

江ノ島観光で外せない恋人の聖地「龍恋の鐘」で松潤詣で

江ノ島観光で外せないのが島の奥深くにある恋人の丘と言われる「龍恋の鐘」です。

デートスポットの鉄板の江ノ島にある小さな鐘は恋人同士で鳴らすと幸せになると言われています。

ここは嵐の松本潤主演の2013年の映画「陽だまりの彼女」で重要なシーンのロケ地もなっています。

昭和の時代から人気のある観光名所ですが、嵐ファンにとっては江ノ島でも必須の聖地ですね。

映画「陽だまりの彼女」のロケ地のご紹介はこちら

■基本情報
名称:恋人の丘「龍恋の鐘」
住所:神奈川県藤沢市江の島2−5
アクセス:小田急電鉄江ノ島線 片瀬江ノ島駅より徒歩25分

二階堂ふみと山崎賢人もデートする「新江ノ島水族館」

二階堂ふみと山崎賢人もデートする「新江ノ島水族館」

江ノ島に渡る江ノ島大橋の直前にある「新江ノ島水族館」、通称「えのすい」も人気スポットです。

江ノ島を舞台にした映画では頻繁に登場する水族館ですが、2016年の映画「オオカミ少女と黒王子」で主演の二階堂ふみと山崎賢人がデートをする場所にも使われました。

「えのすい」では江ノ島が面する相模湾に棲む海洋生物を展示しており、日本の近海に住む海洋生物の3分の1以上を見れる素晴らしい水族館なんですよ。

有人潜水調査船「しんかい 2000」や不思議なクラゲなど決して飽きない水族館です。

映画「オオカミ少女と黒王子」のロケ地のご紹介はこちら

■基本情報
名称:新江ノ島水族館(えのすい)
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
公式サイト:<リンク> 新江ノ島水族館ホームページ
アクセス:小田急電鉄江ノ島線 片瀬江ノ島駅より徒歩3分

ショッピングや映画を楽しめる湘南最大級のショッピングモール「テラスモール湘南」

ショッピングや映画を楽しめる湘南最大級のショッピングモール「テラスモール湘南」
出典:株式会社タカギフーズ

藤沢市の辻堂駅と直結しているのが湘南最大級のショッピングモール「テラスモール湘南」です。

2011年11月11日に開業した新しい複合施設でUNIQLOやZARA、山野楽器や109シネマズなどが入っている魅力ある施設です。

「人々が集う丘」がコンセプトで上層階に向かって外壁が緑に変わっていく丘をイメージした建物です。

ここは桐谷美玲主演の2016年の夏の月9ドラマ「好きな人がいること」のロケ地にもなっているんですよ。

ドラマ「好きな人がいること」のロケ地のご紹介はこちら

■基本情報
名称:テラスモール湘南
住所:神奈川県藤沢市辻堂神台1丁目3−1
公式サイト:<リンク> テラスモール湘南ホームページ
アクセス:辻堂駅より徒歩3分

うまいものたくさん!神奈川県藤沢市のグルメ情報をまとめてお届け!

ここからは、映画「ホットロード」のロケ地の神奈川県藤沢市のグルメ情報をまとめてお届けします。

藤沢にある江ノ島周辺では名物「シラス丼」がいくつものお店で味わえます。

お洒落なお店、老舗の名店といくつもの店舗が映画やドラマのロケ地としても登場していますよ。

江ノ島の中でシラス丼を食べるなら映画「海街diary」のロケ地の「文佐食堂」で

江ノ島の中でシラス丼を食べるなら映画「海街diary」のロケ地の「文佐食堂」で
出典:寝言は寝て言うも~ん

江ノ島の中でシラス丼を味わうなら主演の映画「海街diary」のロケ地にもなった「文佐食堂」がおすすめです。

映画「海街diary」では主演の綾瀬はるかや広瀬すずらが頻繁に訪れる食堂「海猫食堂」の舞台となっています。

店主役の風吹ジュンのイメージが残っている人もいるかもしれませんね。

江ノ島名物のしらす丼などが味わえる昔から人気のある名店です。

映画「海街diary」のロケ地のご紹介はこちら

■基本情報
名称:文佐食堂
住所:神奈川県藤沢市江の島1丁目6−22
公式サイト:<リンク> 文佐食堂 食べログページ
アクセス:江ノ島電鉄 江ノ島駅より徒歩20分

江ノ島で最も有名な海の見えるレストラン「iL CHIANTI BEACHE」は鉄板のロケ地

江ノ島で最も有名な海の見えるレストラン「iL CHIANTI BEACHE」は鉄板のロケ地
出典:Hotpepper

江ノ島で最も有名な海の見えるレストランが「iL CHIANTI BEACHE (イル・キャンティ・ビーチェ)」です。

江ノ島名物のしらす料理などが見渡すかぎりのオーシャンパノラマで楽しめる場所で湘南でも数少ないビーチの上に立つレストランです。

頻繁にテレビ番組で紹介されるお店で高い人気を保ち続けています。

2006年のドラマ「タイヨウのうた」や2010年のドラマ「ヤンキー君とメガネちゃん」などドラマなどで鉄板のロケ地にもなっていますね。

■基本情報
名称:iL CHIANTI BEACHE(イル・キャンティ・ビーチェ)
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2丁目20−3
公式サイト:<リンク> iL CHIANTI BEACHE ホームページ
アクセス:小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅より徒歩1分

超老舗の名店はその名もズバリの「江之島亭」

超老舗の名店はその名もズバリの「江之島亭」
出典:食べログ

江ノ島展望台のさらに奥に位置するのが超老舗の名店の「江之島亭」です。

創業はなんと明治42年(1909年)と100年超の歴史を持ちます。

名物の江ノ島丼のほか、しらす三昧御膳やさざえ刺身膳も極上の味わいです。

老舗の名店らしく、レジェンドの寅さん映画第29作目「男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋」で、寅さんとヒロインのいしだあゆみが夕陽を浴びて会話する重要なシーンのロケ地にもなっています。

■基本情報
名称:江之島亭
住所:神奈川県藤沢市江の島2-6-5
公式サイト:<リンク> 江之島亭ホームページ
アクセス:小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅より徒歩25分

能年玲奈と登坂広臣主演の映画「ホットロード」の舞台となった神奈川県藤沢市のロケ地を観光してみましょう!

いかがだったでしょうか。

映画「ホットロード」は若者には今の熱い青春を感じさせる物語であり、大人には「あの頃」を思い出させて涙させる感動物語です。

歴史的な原作が実写化されて名作になったのは俳優として天才的な能力を持つ若手の能年玲奈と登坂広臣だったからこそ。

観光地として有名な藤沢市の江ノ島や湘南ですが、映画「ホットロード」のロケ地を巡ることでさらに魅力的な場所になりましたね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>




<sponsored link>


関連記事