佐藤健と神木隆之介主演の実写版映画「バクマン。」の舞台となった東京都八王子市のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年07月13日
[最終更新日]2016年08月04日

佐藤健と神木隆之介主演の実写版映画「バクマン。」の舞台となった東京都八王子市の撮影場所のロケ地を観光してみましょう!

2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」で連載された人気漫画「バクマン。」。

その作者は、原作・大場つぐみ、作画・小畑健というあの人気漫画「デスノート」のコンビの2年ぶりの再集結で、大きな話題を呼びましたね。

その「バクマン。」の主人公の2人を務めたのは、佐藤健と神木隆之介。

この2人は、同様に週刊少年ジャンプで連載されていた「るろうに剣心」の実写映画にもともに出演していました。

それでは、大きな注目を集めた「バクマン。」の実写映画の詳しい概要をみていきましょう!

《あらすじ》「バクマン。」ってどんなドラマ?

《あらすじ》「バクマン。」ってどんなドラマ?
出典:http://www.bakuman-movie.com/

いたって平凡な高校生活を送っていた主人公・真城最高(サイコー)。

彼は唯一の特技として、並外れた画力を持っていた。

ある日、サイコーの絵を見たクラスメイトの高木秋人(シュージン)から一緒に漫画を描かないかと誘われる。

シュージンは、漫画家になることを夢見ており、天才的な文才を持つものの、絵がどうしても下手だったのだ。

そんな誘いを最初は夢物語だと断り続けたサイコー。

しかし、憧れの存在だった亜豆美保が、

「漫画がアニメ化されその声優を亜豆が務めたら結婚する」

という約束を交わしてくれた!

それをきっかけに二人は本気で漫画の世界に飛び込んでいく。

努力、才能、そして運。

いろんなものが絡み合う漫画の世界で、二人は悪戦苦闘しながら週刊少年ジャンプの連載を目指し、日々奮闘していく…!

ドラマ「バクマン。」のキャストをまとめてご紹介!

真城最高 – 佐藤健
本作の主人公で、あだ名はサイコー。
もともと絵が非常にうまく、天才的な画力を持つ。
平凡な人生を送る高校生だったが、高木秋人に誘われて二人で漫画の世界に飛び込んでいく。

佐藤健が出演するドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介

高木秋人 – 神木隆之介
本作のもう一人の主人公で、あだ名はシュージン。
学校随一の秀才であり、文才に長けているが絵が下手。
それでも漫画家になる夢を捨てきれず、真城最高を誘い漫画の世界に飛び込む。

神木隆之介が出演するドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介

亜豆美保 – 小松菜奈
本作のヒロイン。
真城最高の同級生であり、憧れの相手。
一流の声優になるのが夢。
サイコーの漫画がアニメ化され、亜豆がその声優になったら結婚することを約束する。

新妻エイジ – 染谷将太
週刊少年ジャンプに連載を持つ、新進気鋭の漫画家。
10年に1人の逸材とまで言われる天才。
真城最高、高木秋人と同世代であり、ライバルとして切磋琢磨していく。

福田真太 – 桐谷健太
亜城木夢叶と同時期に世に出てくる漫画家。
下積み時代が長く、漫画の仕事を続けられるかの瀬戸際を走る。
性格は短期で口が悪い。

中井巧朗 – 皆川猿時
亜城木夢叶と同時期に世に出た遅咲きの中年漫画家。
ベテランならではのうまい背景画のスキルを持つ。

平丸一也 – 新井浩文
亜城木夢叶と同時期に世に出る異色の漫画家。
性格がものすごく変わり者で、その作品も特色が強い。

川口たろう – 宮藤官九郎
真城最高の叔父。
元は週刊少年ジャンプに連載を持つ漫画家。
連載終了後、過労により亡くなってしまう。

服部哲 – 山田孝之
週刊少年ジャンプの編集者。
亜城木夢叶を担当。

佐々木 – リリー・フランキー
週刊少年ジャンプの編集長。
面白さ絶対主義で、経歴などに関係なくとにかく面白ければ採用する。

ドラマ「バクマン。」のスタッフ情報!

原作 – 大場つぐみ、小畑健

脚本・監督 – 大根仁

音楽 – サカナクション

主題歌 – サカナクション「新宝島」

製作 – 市川南

エグゼクティブプロデューサー – 山内章弘

企画・プロデュース – 川村元気

ラインプロデューサー – 田口生己、小泉朋

プロダクション統括 – 佐藤毅

アソシエイトプロデューサー – 馬場千晃

配給 – 東宝

映画「バクマン。」の高校のモデルとなった学校のロケ地は八王子学園八王子高校

映画「バクマン。」の高校のモデルとなった学校のロケ地は八王子学園八王子高校
出典:http://www.syutoken-mosi.co.jp/

本作の主人公である真城最高と高木秋人は高校2年生で、高校のクラスメイト。

この高校での運命の出会いをきっかけに、2人は漫画の世界に飛び込んでいくこととなります。

また、ヒロインの亜豆美保と結婚の約束を取り交わしたのもこの学校でしたね。

そんな「バクマン。」の聖地とも言える学校のモデルとなったロケ地は、東京都の八王子学園八王子高校です!

2人の将来を決定付けた運命の場所、ぜひ一度見てみたいですね。

■基本情報
名称:八王子学園八王子高校
住所:東京都八王子市台町4丁目35−1
アクセス:西八王子駅より徒歩8分

映画「バクマン。」で登場する書店のロケ地となったのが「まつおか書房」

映画「バクマン。」で登場する書店のロケ地となったのが「まつおか書房」
出典:http://welovehachioji.seesaa.net/

映画「バクマン。」は漫画家の物語なので、当然書店も登場してきていました。

そんな映画で登場する書店のロケ地となったのが、東京都八王子にある「まつおか書房 本店」です。

とても趣のある古本屋さんなので、八王子に来たらぜひこの古本屋で好みの本を漁ってみるのも楽しそうですね。

■基本情報
名称:まつおか書房 本店
住所:東京都八王子市東町10-12
公式サイト:<リンク> まつおか書房ホームページ
アクセス:八王子駅より徒歩5分

漫画といえばやっぱりここ!集英社の週刊少年ジャンプ編集部もロケ地に!

漫画といえばやっぱりここ!集英社の週刊少年ジャンプ編集部もロケ地に!
出典:http://movie.smt.docomo.ne.jp/

映画「バクマン。」で主人公の2人が目指したのが、週刊少年ジャンプのジャンプの連載でした。

漫画の原稿の持ち込みや、連載の打ち合わせなど、編集部の登場シーンも非常に多かったですね!

そんな集英社の週刊少年ジャンプ編集部があるのは、東京都千代田区です。

漫画の持ち込みもできるようですので、ぜひ興味のある方は連載目指してチェレンジしてみてはいかがでしょうか?

■基本情報
名称:集英社 週刊少年ジャンプ編集部
住所:東京都千代田区神田神保町3-13
アクセス:神保町駅より徒歩3分

映画「バクマン。」で登場する病院のロケ地には静岡県牧之原市の榛原病院が!

映画「バクマン。」で登場する病院のロケ地には静岡県牧之原市の榛原病院が!
出典:静岡観光おでかけガイド

映画「バクマン。」では、病院でのシーンも登場してきました。

そんな病院のロケ地となったのが、静岡県牧之原市の榛原病院です。

2006年に改築された、とても綺麗で大きな病院なんですよ。

■基本情報
名称:榛原病院
住所:静岡県牧之原市細江2887−1

茨城県水戸市にある水戸プラザホテルもロケ地として登場!

茨城県水戸市にある水戸プラザホテルもロケ地として登場!
出典:http://www.mito-plaza.jp/

映画「バクマン。」では、それ以外にも茨城県の水戸プラザホテルでも撮影が行われました。

水戸プラザホテルは、森の中の迎賓館というコンセプト通り、至る所に緑が散りばめられた非常に美しい場所です。

普段はホテルとしての宿泊施設はもちろん、結婚式で使われたり、おいしいレストランなども有しています。

今回の映画では200人を超えるエキストラを集めた非常に大規模な撮影が行われたようですね!

■基本情報
名称:水戸プラザホテル
住所:茨城県水戸市千波町2078−1
公式サイト:<リンク> 水戸プラザホテル ホームページ
アクセス:水戸駅より車で20分

ロケ地だけじゃない!東京都八王子市の魅力的な観光情報をまとめてお届け!

ここからは、映画「バクマン。」のロケ地となった東京都八王子市の観光情報をまとめてご紹介してまいります。

八王子にはあの有名な山登りの名所でもある高尾山をはじめ、魅力的な場所が盛りだくさん。

その中でも特に厳選した観光情報をまとめてご紹介してまいります!

誰でも気軽に山登りができる人気スポットの高尾山

誰でも気軽に山登りができる人気スポットの高尾山

東京都の八王子市において、言わずと知れた最大の人気観光スポットが高尾山です!

誰でも気軽に登れるノープウェイや整えられた道もあれば、ハードな道を求める人向けのコースまで用意されており、どんな方でも気軽に山登りを体験できます。

自分の力で時間をかけて登ったその山頂からの景色はまた絶景。

山頂にあるお店で、山頂の気持ちのよい風に吹かれながら、昼食を食べたりビールを飲んだりするのもとても心地よいですよ。

■基本情報
名称:高尾山
住所:東京都八王子市高尾町
アクセス:高尾山口駅より

GTOの有名ロケ地として知られる富士見台公園が八王子市に!

GTOの有名ロケ地として知られる富士見台公園が八王子市に!
出典:とうきょうナビ

東京都八王子市にある噴水のあるとてもすがすがしい公園の富士見台公園。

この場所は、あの反町隆史と松嶋菜々子が出演する伝説のドラマ「GTO」で、鬼塚英吉が冬月を抱きかかえて噴水に投げ込むシーンでロケ地として使われました。

鬼塚に説教されている気分で、自分の目から見えている景色を今一度見つめ直してみるのはいかがでしょうか?

■基本情報
名称:富士見台公園
住所:東京都八王子市松木
アクセス:京王堀之内駅より徒歩25分

八王子にある三井アウトレットパークでショッピングを楽しもう!

八王子にある三井アウトレットパークでショッピングを楽しもう!
出典:Black Velvet

東京都八王子市では、南大沢駅にある「三井アウトレットパーク 多摩南大沢」がいつも大盛況です。

広大な敷地に所狭しと並ぶ有名店舗の中から、買いたいものを選び放題!

たしかなブランドの商品が、アウトレットだからこその価格で買えるのが、なんといっても魅力ですよね!

■基本情報
名称:三井アウトレットパーク 多摩南大沢
住所:東京都八王子市南大沢1-600
公式サイト:<リンク> 三井アウトレットパーク 多摩南大沢ホームページ
アクセス:京王線 南大沢駅からすぐ

うまいものたくさん!東京都八王子市のグルメ情報をまとめてお届け!

ここからは、映画「バクマン。」のロケ地となった東京都八王子市の厳選グルメ情報をご紹介してまいります。

東京都八王子市には、とても人気な有名店がたくさん点在しています。

八王子に来たからには、ぜひ有名店でおいしいグルメを味わって帰っていってくださいね。

高尾山の登山後に訪れたいお蕎麦屋さん「高橋家」

高尾山の登山後に訪れたいお蕎麦屋さん「高橋家」
出典:食べログ

高尾山の登山が終わってお腹が空いたら、ぜひ訪れたいお蕎麦屋さんが「高橋家」です。

ロープウェイの入り口手前のアクセスの良い場所にあり、おいしいお蕎麦をいただけます。

天然の自然薯をつかった「とろろ蕎麦」は絶品なので、ぜひ試してみてくださいね。

■基本情報
名称:高橋家
住所:東京都八王子市高尾町2209
公式サイト:<リンク> 高橋家ホームページ
アクセス:高尾山口駅より徒歩7分

まるで別世界に来たかのような美しい世界観が広がる「うかい竹亭」

まるで別世界に来たかのような美しい世界観が広がる「うかい竹亭」
出典:ぐるなび

最高のおもてなしで私たちを迎えてくれる八王子の名店こそ「うかい竹亭」です。

高級感が漂うその佇まいの入り口から入ったら、まるでもうそこは別世界。

ゆったりとした広い空間の部屋から見える高尾の庭の景色は、我々の日常の疲れを癒してくれます。

そんな自然溢れるお庭を眺めながら、絶品の懐石料理に舌鼓を打つのが「うかい竹亭」のなによりの魅力ですね。

■基本情報
名称:うかい竹亭
住所:東京都八王子市南浅川町2850
公式サイト:<リンク> うかい竹亭ホームページ
アクセス:高尾山口駅より徒歩30分

リーズナブルでおいしいお寿司屋さん「戸吹鮨忠」

リーズナブルでおいしいお寿司屋さん「戸吹鮨忠」
出典:食べログ

八王子にあるリーズナブルでおいしいお寿司を提供するお店が「戸吹鮨忠」です。

新鮮な魚を使った絶品のお寿司はもちろん、京野菜などの季節の素材をふんだんに活かした料理が評判です。

本格的な味をリーズナブルなお値段でいただける、高いコストパフォーマンスを魅力にもつ名店にぜひ訪れてみてくださいね。

■基本情報
名称:戸吹鮨忠
住所:東京都八王子市戸吹町195
公式サイト:<リンク> 戸吹鮨忠 ホームページ
アクセス:秋川駅より車で10分

佐藤健と神木隆之介主演の実写版映画「バクマン。」の舞台となった東京都八王子市のロケ地を観光してみよう!

いかがでしたでしょうか?

今人気の俳優陣が集結した人気漫画を「バクマン。」の実写映画化。

佐藤健、神木隆之介は本当に多くの漫画の実写化を行っていますね。

「バクマン。」のロケ地となった高校、古本屋、そして高尾山においしいグルメ。

魅力たっぷりの八王子市をぜひ観光で訪れてみてはいかがでしょうか?



<sponsored link>


関連記事



<sponsored link>