藤原竜也と伊藤英明主演の映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」のキャスト、あらすじ、ロケ地情報まとめ!

[記事公開日]2016年07月16日
[最終更新日]2016年08月07日

藤原竜也と伊藤英明主演の映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」のキャスト、あらすじ、ロケ地情報を徹底解説いたします!

「はじめまして、私が殺人犯です」。

未解決のまま時効を迎えた殺人犯による衝撃的な手記から始まる危険な映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」が2017年夏、公開です。

2012年に韓国で製作・公開されて大人気となった映画「殺人の告白」を日本風にアレンジした作品となります。

主演の一人、妖艶な殺人犯を演じるのは映画「カイジ」「デスノート」、2016年の夏ドラマ「そして、誰もいなくなった」などインターネット上で最も人気のある俳優と言える藤原竜也。

その犯人を追うもう一人の主演が2016年の春ドラマ「僕のヤバイ妻」など数々の作品で実績を残す伊藤英明とくれば、この映画はキャスティングの時点で成功したも同然ですね。

監督は2014年の映画「日々ロック」や2016年の映画「太陽」などで活躍を始めた新進気鋭の入江悠。

2017年の夏、藤原竜也がどんな怪しい殺人犯を演じるのかに期待が高まります。

そんな映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」は東京の池袋や大田区、千葉県木更津市や栃木県足利市などで撮影を行います。

<sponsored link>

《あらすじ》「22年目の告白-私が殺人犯です-」ってどんな映画?

《あらすじ》「22年目の告白-私が殺人犯です-」ってどんな映画?
出典:Twitter

1995年の日本。

阪神大震災や地下鉄サリン事件が起きて混乱していた時、5件の連続殺人が起きた。

殺人の瞬間を被害者に近い人間い見せつけ、目撃者に犯行をメディアに証言させるという残虐な事件だった。

事件を追っていた刑事の牧村航は犯人を追い詰めかけたものの、狡猾な罠により上司が殺されてしまう。

犯人はそれから逃亡して消息不明になり事件は未解決のまま時効を迎えた。

それから22年後、一冊の本が出版される。

「私が殺人犯です」。

1995年の事件の犯人を名乗る男が書いた手記だった。

出版記念会見に現れたのは曾根崎雅人という美しい男。

世間は大騒ぎになりマスコミ報道は加熱する。

2017年の日本ではSNSにより曾根崎の注目度が高まり一躍、時の人になる。

そして、日本を大騒ぎに巻き込んだ曾根崎の手記は新たな事件の幕開けだったーー。

映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」のキャストをまとめてご紹介!

曾根崎雅人 – 藤原竜也
22年前に時効になった殺人事件の告白本を出版した男。
メディアで大きく取り上げられ、その美しい外見からSNSなどを通じて一躍、時の人になる。
殺人事件は被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつけて、犯行をメディアに証言させるというルールで行われていた。

藤原竜也が出演するのドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介

牧村航 – 伊藤英明
22年前の殺人事件を追っていた刑事。
犯人を追っていたものの、罠にかかって尊敬する上司が殺されてしまう。

伊藤英明が出演するのドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介

映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」のスタッフ情報!

監督 – 入江悠

脚本 – 平田研也、入江悠

製作幹事・共同企画 – 日本テレビ放送網

企画・制作プロダクション – ROBOT

配給 – ワーナー・ブラザース映画

<sponsored link>

「私が殺人犯です」と大々的なイベントを行ったロケ地は品川の「大森ベルポート」

「私が殺人犯です」と大々的なイベントを行ったロケ地は品川の「大森ベルポート」
出典:http://www.omoribellport.jp/

映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」で殺人事件の告白本を出版した藤原竜也が演じる曾根崎雅人が大々的に世の中に出てきます。

藤原竜也が「私が殺人犯です」と銘打って堂々としたイベントを開催した場所のロケ地が品川区の「大森ベルポート」。

アトリウムを代表とするイベントスペースは実際に多くのイベントが開催されていますが、ドラマや映画の撮影でも頻繁に登場します。

ドラマ「せいせいするほど、愛してる」や「花咲舞が黙ってない」、「仮面ライダークウガ」など数え切れないほどの作品に使われていますよ。

■基本情報
名称:大森ベルポート
住所:東京都品川区南大井6丁目26−2
アクセス:大森駅より徒歩5分

藤原竜也と伊藤英明主演の映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」を楽しみにしていましょう!

いかがだったでしょうか。

藤原竜也が時効をすぎた連続殺人犯を演じ、22年後に手記を出版して世間の注目を浴びる。

このストーリーだけで藤原竜也ファンならずとも期待が高まります。

藤原竜也と伊藤英明の初めての共演とあってどんな化学反応が生まれるのかにも注目です。

そんな映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」の続報を楽しみにしていましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>




<sponsored link>


関連記事