青柳翔主演の映画「たたら侍」の舞台となった島根県雲南市のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年07月16日

青柳翔主演の映画「たたら侍」の舞台となった島根県雲南市の撮影場所のロケ地を観光してみよう!

EXILEが日本の伝統芸術を守っていく。

戦国時代の鉄・玉鋼をつくる技術「たたら吹き」をテーマにした映画「たたら侍」が2017年、公開です。

島根県出身の映画監督、錦織良成が2013年の映画「渾身 KON-SHIN」をきっかけにEXILEのHIROと出会い、日本の伝統やものづくりの「MADE IN JAPAN」の良さを伝える映画を一緒に作ろうとプロジェクトがスタートしました。

主演は劇団EXILEの青柳翔で、EXILEのAKIRAや三代目 J Soul Brothersの小林直己も出演して日本の奥深さを伝えます。

日本の伝統芸術の素晴らしさを伝えるため、映画のセットに使った10,000平方メートルを超える広大な敷地を「出雲たたら村」として2016年7月15日より一般に公開しました。

EXILEが日本の伝統芸術の素晴らしさを世界に届け、島根県の活性化にも尽力していきます。

<sponsored link>

《あらすじ》「たたら侍」ってどんな映画?

《あらすじ》「たたら侍」ってどんな映画?
出典:Twitter

戦国時代に貴重だった鉄。

出雲の山奥に千年錆びないといわれる幻の鋼を作るたたらの村があった。

その鋼を目当てに山賊たちがたたらの村を襲撃し、たたら技術を伝承する若者が激減してしまった。

それから村でたたら技術を継承するのは伍介のみとなった。

子供時代に山賊たちに襲撃された悔しさから伍介はたたら吹きの技術よりも武術の鍛錬に余念がない。

伍介の父はただ、鉄作りを続けてその背中で技術を教えようとする。

ある日、たたらの村の技術に目をつけた商人がやってくる。

村を守りたいとの伍介や若者の思いを巧みに利用して、秘伝の技術を盗み取ろうとする商人。

伍介は強くなるため村を出て侍になることを決意する。

たたらの村と秘伝の技術、戦乱の世が伍介の人生を翻弄するーー。

映画「たたら侍」のキャストをまとめてご紹介!

青柳翔

小林直己

AKIRA

田畑智子

石井杏奈

高橋長英

甲本雅裕

宮崎美子

品川徹

でんでん

氏家恵

橋爪遼

安部康二郎

菅田俊

音尾琢真

早乙女太一

中村嘉葎雄

佐野史郎

豊原功補

山本圭

笹野高史

奈良岡朋子

津川雅彦

映画「たたら侍」のスタッフ情報!

監督・脚本 – 錦織良成

エグゼクティブプロデューサー – HIRO(EXILE)

配給 – LDH PICTURES

映画「たたら侍」のロケ地は「出雲たたら村」となって島根県の新たな観光名所に

映画「たたら侍」のロケ地は「出雲たたら村」となって島根県の新たな観光名所に
出典:http://www.club-t.com/

映画「たたら侍」は島根県雲南市にある広い敷地をつかって戦国時代の原風景を再現したセットを組みました。

映画撮影後にロケ地は「出雲たたら村」と観光施設となりました。

映画のセットはのほか220インチの大画面での当地限定映像、主要キャストが身に纏った劇中の衣裳展示、最新技術のスマートグラスを使用してバーチャルに映画のシーンをセットで体験できるコーナーなど魅力ある施設となっています。

EXILEファンにとっては例年の夏に開催している「居酒屋えぐざいる」、EXILE TRIBEファンにはお馴染みの「駄菓子えぐざいる」、さらには映画スタッフらが監修したアクションショーが1日4回行われる一大イベント施設です。

出雲たたら村は2016年7月15日から10月2日(日)まで開催、この期間にEXILEファンは島根県に観光に行くしかないですね。

■基本情報
名称:出雲たたら村
住所:島根県雲南市掛合町多根3004-5番地
公式サイト:<リンク> 出雲たたら村ホームページ
アクセス:松江自動車道 三刀屋木次インターより車で15分

<sponsored link>

ロケ地だけじゃない!島根県雲南市の魅力的な観光情報をまとめてお届け!

ここからは、映画「たたら侍」のロケ地の島根県雲南市の観光情報をまとめてお届けします。

たたら吹きをテーマにした映画が島根県雲南市をロケ地に選んだのは偶然ではありません。

ここは、全国で唯一残った「たたら場」のある伝統芸術の町なんですよ。

映画「もののけ姫」でのたたら場のモデルになった「菅谷たたら山内」

映画「もののけ姫」でのたたら場のモデルになった「菅谷たたら山内」
出典:枯雑草の写真日記

島根県雲南市にあるのが砂鉄から和鋼を製造する「たたら」の風景を残す「菅谷たたら山内」です。

この地では鎌倉時代から製鉄が始まり、1751年から170年間も操業が続いた「菅谷高殿」は今では全国で唯一残っているたたら場です。

ここは映画「もののけ姫」で自然と戦う人間側の勢力としてエボシ御前が治める「タタラ場」のモデルにもなりました。

ジブリファンにとって聖地の一つですが、EXILEファンにとっても観光で必須の名所になりますね。

■基本情報
名称:菅谷たたら山内
住所:島根県雲南市吉田町吉田4210番地2
公式サイト:<リンク> 鉄の歴史村ホームページ
アクセス:松江自動車道 吉田掛合ICより車で15分

島根県で大人気の美しい風景を楽しむトロッコ列車「おろち号」

島根県で大人気の美しい風景を楽しむトロッコ列車「おろち号」
出典:http://www.unnan-kankou.jp/

島根県雲南市を中心にして山間の美しい景色を楽しめるとして大人気なのが木次線トロッコ列車 「奥出雲おろち号」です。

JR西日本が1998年から運転を行っているトロッコ列車で4月から11月までの金曜日・土曜日・休日などに走行する臨時列車で予約が必要なほど大人気の路線です。

当初は木次駅から備後落合駅までの運行でしたが、人気のために2010年から始発駅が出雲市駅に延長されています。

窓がなく開放感あふれるトロッコ列車で島根の風景を楽しみ、車内で味わう弁当は格別の楽しみですよ。

■基本情報
名称:木次線トロッコ列車 奥出雲おろち号
住所:島根県雲南市木次町里方26−1
公式サイト:<リンク> 木次線トロッコ列車 奥出雲おろち号ホームページ
アクセス:JR西日本 木次駅

EXILEファンなら聖地の隠岐島にも訪れたい!

EXILEファンなら聖地の隠岐島にも訪れたい!

EXILEファンとして島根県雲南市の「出雲たたら村」まで来たならば、もう少し足を伸ばしてグループの聖地とも言える隠岐島にも訪れたいところ。

ここは青柳翔が主演した2013年の映画「渾身 KON-SHIN」の舞台として有名であり、映画「たたら侍」が生まれるきっかけになった場所でもあります。

また、2014年9月3日に発売された「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の6枚目のシングル「Always with you」のPVのロケ地でもあるんですよ。

EXILEファンにとって島根県の観光は一粒で二度美味しい聖地巡りができますね。

■基本情報
名称:隠岐島
住所:島根県隠岐郡隠岐

うまいものたくさん!島根県雲南市のグルメ情報をまとめてお届け!

ここからは、映画「たたら侍」のロケ地の島根県雲南市のグルメ情報をまとめてお届けします。

島根県雲南市では大自然を生かした現地だけのグルメが盛りだくさん。

都会の喧騒を忘れて山奥の町だからこそ楽しめる料理を味わいたいですね。

養鶏場からの直営店で絶品のぷりんが味わえる「ままたまご」

養鶏場からの直営店で絶品のぷりんが味わえる「ままたまご」
出典:https://jp.pinterest.com/

島根県雲南市で大人気の洋菓子店が「ままたまご」。

ここは養鶏場の直営店でまさに採れたてで新鮮な卵を毎日使用した、素材の旨みを味わえる商品が並びます。

看板メニューの「ままたまごプリン」は一つのぷりんに卵黄を一個を贅沢に使い、養鶏場からすぐの立地だからこその新鮮さで濃厚な味わいです。

すべての手作り商品に添加物を一切使用せず、「ままたまごシュー」や「ままたまごソフト」など極上の逸品が並んでいますよ。

■基本情報
名称:ままたまご
住所:島根県雲南市吉田町4378-31
公式サイト:<リンク> ままたまご 食べログページ
アクセス:松江自動車道 雲南吉田IC降りてすぐ

ワイナリー「奥出雲葡萄園」で風雅なランチやワインを楽しむ

ワイナリー「奥出雲葡萄園」で風雅なランチやワインを楽しむ
出典:食べログ

島根県雲南市にあるオシャレなワイナリー「奥出雲葡萄園」も人気です。

自社農園で丹精込めて葡萄を育て食事に合う本格派ワインが味わえます。

ワインはもちろん地元食材を使ったランチや葡萄ジュース、木次乳業のチーズなどここにしかない料理を堪能できますよ。

また、樽貯蔵庫や地下展示ギャラリーの見学が無料で雲南市での穏やかな時間を過ごすのにも最適です。

■基本情報
名称:奥出雲葡萄園
住所:島根県雲南市木次町寺領2273−1
公式サイト:<リンク> 奥出雲葡萄園 食べログページ
アクセス:松江自動車道 三刀屋木次ICから車で15分

日本の農村が持っていた自治と自給を求める「室山農園」でどぶろくと田舎料理を堪能

日本の農村が持っていた自治と自給を求める「室山農園」でどぶろくと田舎料理を堪能
出典:http://www.unnan-kankou.jp/

日本の農村が持っていた「自治の精神」と「自給の実現」への回帰、健康をテーマに活動しているのが「室山農園」です。

無農薬有機栽培による酒米を使った、どぶろく製造所があり、日本書紀にある須佐之男命(すさのおのみこと)が八岐大蛇(やまたのおろち)を退治するために作った酒「八塩折之酒(やしおおりのさけ)」という神話に由来したどぶろく酒を販売しています。

予約制のどぶろくと田舎料理バイキングでは島根の歴史を感じる素晴らしい体験が待っていますよ。

茅葺の家で休憩や宿泊もできるのが魅力的ですね。

■基本情報
名称:室山農園
住所:島根県雲南市木次町寺領565
アクセス:松江自動車道 三刀屋木次ICから車で15分

青柳翔主演の映画「たたら侍」の舞台となった島根県雲南市のロケ地を観光してみましょう!

いかがだったでしょうか。

戦国時代の鉄をつくる技術「たたら吹き」をテーマにした映画「たたら侍」がEXILEの手によって若者向けに発信されます。

日本の伝統「MADE IN JAPAN」を深く知るのも良い文化体験になりますよね。

映画のロケ地にもなり、伝統技術を残す島根県雲南市をEXILEの聖地巡りをしながら観光してみましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>




<sponsored link>


関連記事