二宮和也主演の映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」のキャスト、あらすじ、ロケ地情報まとめ!

[記事公開日]2016年07月23日
[最終更新日]2016年07月24日

二宮和也主演の映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」のキャスト、あらすじ、ロケ地情報を徹底解説いたします!

「人生の最後に食べる伝説のフルコース」。

伝説のレシピを巡って2000年代と1930年代をめぐる料理ミステリーの映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」が2017年夏、公開です。

原作はテレビのバラエティ番組「料理の鉄人」を手がけた田中経一の2014の小説「麒麟の舌を持つ男」。

2000年代のパートで絶対味覚を持つ天才料理人は嵐のニノこと二宮和也。

映画の役作りのために2ヶ月ほど渋谷の服部栄養専門学校に通いました。

1930年代のパートで絶対味覚を持つ料理人を演じるのは西島秀俊で、他にも宮崎あおい、綾野剛、竹野内豊など主演級がずらりと揃って伝説のレシピを追い求めます。

監督は2008年の映画「おくりびと」で第81回アカデミー賞・外国語映画賞受賞という日本映画史上初の快挙を成し遂げた滝田洋二郎。

豪華な陣容で中国の満漢全席に拮抗すると言われる幻のレシピ「大日本帝国食菜全席」をめぐる謎を追っていきます。

《あらすじ》「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」ってどんな映画?

《あらすじ》「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」ってどんな映画?
出典:http://tr.twipple.jp/

料理人の佐々木充は依頼主が人生の最後に食べたいと言う思い出の味を再現する「最期の料理請負人」として高額な報酬を稼いでいる。

天才とも言われる佐々木は麒麟の舌とも言われる絶対味覚を持ちながら、料理への情熱を失いかけていた。

そんな時、佐々木は謎の中国人・楊に呼び出され、かつてないく仕事の依頼を受ける。

それは第二次世界大戦中、日本軍の特命を受けた天才宮廷料理人の山形直太朗が完成させた究極の料理「大日本帝国食菜全席」のレシピを再現するというもの。

中国の満漢全席に拮抗すると言われる幻のレシピだ。

佐々木は巨額の謝礼を目の前にし、戦争で失われた美味112品によるフルコース「大日本帝国食菜全席」のレシピの謎を追う。

伝説のレシピには1930年代に麒麟の舌を持った料理人・山形直太朗の信念と当時の満州国の存在をも揺るがす陰謀が繋がっていたーー。

映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」のキャストをまとめてご紹介!

佐々木充 – 二宮和也
本作の主人公で2000年代初頭に生きる天才料理人。
麒麟の舌と言われる絶対味覚を持つ。
愛を知らずに育ち、高額な報酬のために依頼人が人生の最期に食べたい料理を再現する「最期の料理人」。

柳沢健 – 綾野剛
佐々木充と同じ施設で兄弟同然に育つ。
充の唯一無二の理解者。

綾野剛が出演するドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介

楊晴明 – 笈田ヨシ
佐々木充に「大日本帝国食菜全席」の復元を依頼する中国料理界の重鎮。

山形直太朗 – 西島秀俊
1930年代に生きた料理人。
麒麟の舌と言われる絶対味覚を持つ。
「大日本帝国食菜全席」というレシピ作成に人生を捧げた。

千鶴 – 宮﨑あおい
山形直太朗の妻。

鎌田正太郎 – 西畑大吾(関西ジャニーズJr.)
山形直太朗の調理助手を務める若き料理人。

三宅太蔵 – 竹野内豊
山形直太朗に大日本帝国食菜全席の作成を命じる陸軍大佐。

映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」のスタッフ情報

監督 – 滝田洋二郎

原作 – 田中経一

企画 – 秋元康

脚本 – 林民夫

調理指導 – 服部幸應(服部栄養専門学校)

映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」のロケ地は都内や群馬県、山形県で

映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」のロケは2016年の7月下旬から10月上旬にかけて都内や群馬県、山形県で撮影していきます。

料理がテーマの物語だけにどんなレストランがロケ地となるかに注目ですね。

映画では1930年代と2000年代のパートがあるため、歴史を感じさせる建造物や現代の高級レストランが交互に登場しそうです。

これら映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」のロケ地に関する情報は判明次第、更新してまいります。

映画「ラストレシピ」で登場する料亭のロケ地に日本橋の「辰巳」

映画「ラストレシピ」で登場する料亭のロケ地に日本橋の「辰巳」
出典:食べログ

映画「ラストレシピ」では料亭のロケ地の一つとして東京の日本橋にある「辰巳」が使われたようです。

昭和26年創業の日本料理の老舗で日本料理を気軽に楽しめるお店です。

しっかりした技術で頂ける割烹でランチでは行列もできる人気店。

ニノファンにとっては聖地の一つになりそうですね。

■基本情報
名称:辰巳
住所:東京都中央区日本橋茅場町2丁目1−9
公式サイト:<リンク> 辰巳 食べログページ
アクセス:地下鉄 日本橋駅より徒歩2分

映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」で二宮和也が料理を特訓した服部栄養専門学校

映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」で二宮和也が料理を特訓したロケ地は服部栄養専門学校
出典:http://www.homemate-research-senmon.com/

映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」で主人公の天才料理人を演じる嵐の二宮和也は東京都渋谷区にある服部栄養専門学校で2ヶ月もの特訓に励んだそうです。

この専門学校はテレビ番組「料理の鉄人」に出演していた陳建一や坂井宏行が料理を教えることでも有名です。

二宮和也の親もここで教師をしていた縁もあり、監督と主演の双方にゆかりのある料理専門学校と言えますね。

■基本情報
名称:服部栄養専門学校
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-25-4
アクセス:JR総武線 代々木駅東口から徒歩3分

二宮和也主演の映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」を楽しみにしていましょう!

いかがだったでしょうか。

2017年の映画は木村拓哉の「無限の住人」、大野智の「忍びの国」、松本潤の「ナラタージュ」とジャニーズの大物作品が続きます。

さらにでてきたのは二宮和也による料理をテーマにした映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」。

どの映画にも目が離せない展開となってきましたね。

超一流の料理映画を二宮和也がどうやって調理するのか、映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の続報を楽しみにしていましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>




<sponsored link>


関連記事