伊藤英明主演の映画「BRAVE HEARTS 海猿」の舞台となった東京湾のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年08月03日
[最終更新日]2016年08月06日

伊藤英明主演の映画「BRAVE HEARTS 海猿 -ブレイブハーツ-」の舞台となった東京湾の撮影場所のロケ地を観光してみよう!

「命をかけて、命を救う」。

一人の海上保安官の熱い生き様を描いた映画「BRAVE HEARTS 海猿 -ブレイブハーツ-」は2012年7月に公開、累計動員570万人で興行収入72億円と空前の大ヒットとなりました。

地上波では2013年9月、2016年8月5日にも放送されるなど根強い人気を誇ります。

映画第4作目となる「BRAVE HEARTS 海猿 -ブレイブハーツ-」、通称「ブレ猿」は佐藤秀峰の原作の最終話でもある東京湾でのジャンボ旅客機の海上着水を巡る物語。

主演は一作目から仙崎大輔を演じる伊藤英明で、1作目は恋人役だった加藤あいとは結婚して子供もいる関係まで成長しています。

伊藤英明や加藤あい、佐藤隆太ファンにとっては「海猿」は思い入れの深い映画になっていますよね。

<sponsored link>

《あらすじ》映画「BRAVE HEARTS 海猿 -ブレイブハーツ-」ってどんな映画?

《あらすじ》映画「BRAVE HEARTS 海猿 -ブレイブハーツ-」ってどんな映画?
出典:http://www.umizaru.jp/

世界最大級の天然ガスプラント「レガリア」の爆発事故から2年が経過した。

海上保安官として海難事故にあった人々を救ってきた仙崎大輔は志願して、海難救助のエキスパートであり最も危険な仕事を担当する「特殊救難隊」で後輩の吉岡と共に海難現場の最前線にいた。

冷酷で厳しい嶋副隊長の指導の下、苛烈な仕事をこなす仙崎と吉岡はに充実した毎日を送る

大輔の妻の環菜は2人目の子を身ごもり、吉岡にはキャビンアテンダントの美香という恋人ができた。

そんな時、美香の搭乗するシドニー空港発羽田空港行のジャンボ旅客機「G-WING206便」は飛行中にエンジンが炎上した。

飛行が困難な中、総合対策室は前代未聞の東京湾への着水を提案する。

海上着水に成功してもジャンボ旅客機が 海上に浮かべる時間はわずか20分、乗客は全部で346名。

仙崎たち「海猿」は東京湾に着水しようとするジャンボ旅客機の乗客を救えるのかーー。

映画「BRAVE HEARTS 海猿 -ブレイブハーツ-」のキャストをまとめてご紹介!

仙崎大輔 – 伊藤英明
本作の主人公で33歳になった。
第三管区海上保安本部特殊救難隊第二隊隊員。
これまでの実績から機動救難隊の隊長の話が持ち上がっていたが、それを拒否して特殊救難隊に自ら志願して異動した。

伊藤英明が出演するのドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介

仙崎環菜 – 加藤あい
大輔の妻で32歳になった。
長男の大洋の子育てに専念している。
お腹には2人目の子を身籠っている。

仙崎大洋 – 大山蓮斗
大輔と環菜の長男。
成長して3歳になった。

吉岡哲也 – 佐藤隆太
第三管区海上保安本部特殊救難隊第二隊救急救命士。
第十管区から特殊救難隊に異動し大輔と行動を共にする。

矢部美香 – 仲里依紗
吉岡の恋人。
ジャンボ旅客機「G-WING206便」のキャビンアテンダント。

嶋一彦 – 伊原剛志
第三管区海上保安本部特殊救難隊第二隊副隊長。
レスキューには冷静な判断が大事だと考え、現場での感情を否定するストイックな人物。

服部拓也 – 三浦翔平
第五管区海上保安本部機動救難士。
第七管区より異動した。

三浦翔平が出演するのドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介

村松貴史 – 平山浩行
ジャンボ旅客機「G-WING206便」の機長。
コントロール不能となった206便の海上着水を決める。

伊勢原幸二 – 矢島健一
国土交通省交通局管理官。

堂上進二郎 – 蛍雪次朗
東京国際空港空港長。

角倉大吾 – 神保悟志
第三管区海上保安本部特殊救難隊第二隊隊長。

山路拓海 – 平山祐介
第三管区海上保安本部特殊救難隊第三隊隊長。

三井邦明 – 東根作寿英
海上保安庁警備救難部救難課業務係長。

辻修平 – 窪塚俊介
国土交通省交通局担当者。

池永 俊介 – 濱田龍臣
「G-WING206便」の乗客。

坂井義之 – 中丸新将
第三管区海上保安本部巡視船「いず」船長。

原田厚 – 緒形幹太
第三管区海上保安本部巡視船「いず」通信士。

下川嵓 – 時任三郎
海上保安庁警備救難部救難課長。

映画「BRAVE HEARTS 海猿 -ブレイブハーツ-」のスタッフ情報

原作 – 佐藤秀峰

原案 – 小森陽一

脚本 – 福田靖

音楽 – 佐藤直紀

監督 – 羽住英一郎

チーフプロデューサー – 臼井裕詞

主題歌 – シェネル「ビリーヴ」

制作プロダクション – ROBOT

配給 – 東宝

映画「BRAVE HEARTS 海猿」でのメインのロケ地は東京湾をはじめ、大阪湾、博多湾の3カ所!

映画「BRAVE HEARTS 海猿」でのメインのロケ地は東京湾をはじめ、大阪湾、博多湾の3カ所!

映画「BRAVE HEARTS 海猿」は東京湾に海上着水するジャンボ旅客機の乗客を主人公の仙崎たちが救いに行く物語です。

緊張感と迫力のあるシーンは見応え十分ですね。

東京湾に浮かんだ乗客たちを救い出す撮影では、実際の東京湾や大阪湾、博多湾の3カ所で大規模な撮影を行いました。

特に大阪湾では現実の海上保安庁第五管区海上保安本部や神戸市みなと総局が協力、大阪湾のど真ん中で海保の巡視船が動きながらのロケとなりましたね。

大迫力の救助シーンを撮影したロケ地は千葉県の「千葉中央ふ頭」

大迫力の救助シーンを撮影したロケ地は千葉県の「千葉中央ふ頭」
出典:http://response.jp/

東京湾に着水するジャンボ旅客機の乗客を救助するための救護所のシーンは千葉県千葉市の「千葉中央ふ頭」で撮影しました。

実際に救護所を作り、のべ1500人のエキストラを集めての大規模なロケとなりました。

千葉市消防局消防艇の「まつかぜ」も劇中に登場しているんですよ。

■基本情報
名称:千葉中央ふ頭
住所:千葉県千葉市中央区中央港1丁目
アクセス:京葉線 千葉みなと駅より徒歩25分

映画「BRAVE HEARTS 海猿」では淡路島の海水浴場もロケ地に

映画「BRAVE HEARTS 海猿」では淡路島の海水浴場もロケ地に
出典:http://like-awajishima.com/

東京湾や大阪湾、博多湾などをロケ地にした映画「BRAVE HEARTS 海猿」ですが、兵庫県の淡路島にある「慶野松原海水浴場」でもロケを行いました。

淡路島の西海岸にある松林&サンセットが有名な場所で美しいシーンを撮るのにも最適な海岸ですね。

淡路島観光に来たならば、ぜひ訪れておきたい海水浴場ですね!

■基本情報
名称:慶野松原海水浴場
住所:兵庫県南あわじ市松帆慶野
アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原ICより車で10分

映画「BRAVE HEARTS 海猿」のラストシーンで有名なロケ地は「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」

映画「BRAVE HEARTS 海猿」のラストシーンで有名なロケ地は「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」
出典:http://www.shimz.co.jp/

映画「BRAVE HEARTS 海猿」では主人公の仙崎を演じる伊藤英明やその妻役の加藤あいのラストシーンが感動を呼びました。

家族の大事さを実感できる場面のロケ地は「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」です。

横浜港における国内外の客船の主要発着埠頭で、横浜の主要な観光地でもありますね。

■基本情報
名称:横浜港大さん橋国際客船ターミナル
住所:神奈川県横浜市中区海岸通1丁目1
アクセス:みなとみらい線 日本大通り駅より徒歩5分

海猿シリーズで定番のロケ地でもある「横浜海上防災基地」

海猿シリーズで定番のロケ地でもある「横浜海上防災基地」
出典:http://bb-building.net/

「BRAVE HEARTS」も含めて映画「海猿」シリーズで定番のロケ地になっているのが神奈川県横浜市にある「横浜海上防災基地」です。

平常時は横浜海上保安部等の庁舎として訓練や研究に使用される場所ですが、大規模な海上災害発生時では現実の災害での緊急対応の中核拠点となります。

観光地の近くにあるだけに、横浜海上防災基地を外から見学するのも一興ですね。

■基本情報
名称:横浜海上防災基地
住所:神奈川県横浜市中区新港1−2−1
アクセス:みなとみらい線 日本大通り駅より徒歩12分

<sponsored link>

東京湾を舞台にした映画やドラマのロケ地情報をまとめてお届け!

ここらからは映画「BRAVE HEARTS 海猿」の舞台となった東京湾周辺で映画やドラマのロケ地となった名所の情報をまとめてお届けします。

東京湾は東京都、神奈川県、千葉県に広がっており、都心からすぐの立地を生かして多くの作品のロケ地になっています。

ちょっとした旅行やデートで有名作品のロケ地巡りも楽しいですよ。

東京湾を代表する観光名所のレインボーブリッジ

東京湾を代表する観光名所のレインボーブリッジ

東京湾といえば最初に出てくるのはレインボーブリッジですね。

1993年に開通してから多くのドラマや映画で登場するロケ地です。

この橋をテーマにした2003年の映画「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」は10年超を経過しても色あせない名作ですね。

レインボーブリッジ遊歩道では東京湾の光景や臨海副都心の夜景まで、美しい東京を眺められますね。

■基本情報
名称:レインボーブリッジ
住所:東京都港区

ドラマや映画の空港のロケ地として定番の「テレコムセンター」

ドラマや映画の空港のロケ地として定番の「テレコムセンター」

多くのドラマや映画では主人公やヒロインの旅立ちの場面などで空港のロビーが登場します。

地方の空港であれば撮影するタイミングもありますが、羽田空港や成田空港は常に混雑しており実際のロケ地にするのは難しい。

そんな時に空港のロビーとして定番のロケ地になっているのが複合施設「テレコムセンター」です。

東西二つの塔にわかれた独特の外観で、吹き抜けのアトリウムの内部は空港に見えると評判です。

「花より男子」「リッチマン、プアウーマン」など数え切れない作品で空港シーンのロケ地になっています。

オフィスが中心のビルですが、屋上の展望台からはお台場を全貌できる観光スポットになっていますよ。

「花より男子」のロケ地のご紹介はこちら

「リッチマン、プアウーマン」のロケ地のご紹介はこちら

■基本情報
名称:テレコムセンター
住所:東京都江東区青海2丁目5−10
公式サイト:<リンク> テレコムセンター ホームページ
アクセス:ゆりかもめ線 テレコムセンター駅すぐ

デートシーンの撮影からゴジラまでやってくる「海ほたる」

デートシーンの撮影からゴジラまでやってくる「海ほたる」

東京湾のど真ん中にある観光スポットが東京湾アクアラインのパーキングエリア「海ほたる」。

1997年12月18日に東京湾アクアラインの開通と同時に開業し、ただのパーキングエリアだけでなくお洒落なデートスポットとしても賑わっています。

ドラマのデートシーンの撮影に登場するほか、漫画「20世紀少年」では橋が破壊されて刑務所として登場するなど多くの作品で使われています。

2016年の映画「シン・ゴジラ」では海ほたるにゴジラもやってきましたね。

「シン・ゴジラ」のロケ地のご紹介はこちら

■基本情報
名称:海ほたる
住所:千葉県木更津市中島地先海ほたる
公式サイト:<リンク> 海ほたる ホームページ

東京湾を挟んだ神奈川と千葉の灯台も観光名所でロケ地に

東京湾を挟んだ神奈川と千葉の灯台も観光名所でロケ地に
出典:ゆったりらっくりイージーリスニング♪Relaxing Piano♪

東京湾と太平洋の境は神奈川県と千葉県の南端となります。

東京湾を挟んだ位置にある神奈川県と千葉県にある灯台は観光スポットの一つであり映画などの撮影場所にも使われます。

神奈川県側にある三浦市の「剱埼灯台(つるがさきとうだい)」は今や大スターになった藤原竜也の出世作、2000年の映画「バトル・ロワイヤル」のロケ地になりました。

また、千葉県側にある館山市の「洲崎灯台(すのさきとうだい)」は国民的アイドルとなったAKB48のメジャーデビューシングル「会いたかった」のPVのメインの撮影場所です。

どちらの灯台もドライブやツーリングで立ち寄るには気持ちの良い場所で、将来の出世を目指すにはゲンがいい場所ですね。

「バトル・ロワイヤル」のロケ地のご紹介はこちら

AKB48の「会いたかった」のPVのロケ地のご紹介はこちら

■基本情報
名称:洲崎灯台
住所:千葉県館山市洲崎1043
アクセス:JR内房線 館山駅より車で30分

伊藤英明主演の映画「BRAVE HEARTS 海猿 -ブレイブハーツ-」の舞台となった東京湾のロケ地を観光してみよう!

いかがだったでしょうか。

映画「海猿」シリーズは邦画としてかつてないほどの人気を集めました。

4作目となる「BRAVE HEARTS 海猿 -ブレイブハーツ-」はこれが本当のシリーズ最後の作品と言われています。

主題歌でシェネルの「ビリーヴ」のサビ、「離さない このまま」というフレーズが今も胸に焼き付いている人も多いのではないでしょうか。

映画「BRAVE HEARTS 海猿 -ブレイブハーツ-」のロケ地を巡りながら東京湾の観光も楽しんでみましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>




<sponsored link>


関連記事