映画「信長協奏曲(コンツェルト)」の舞台となった滋賀県のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年02月21日
[最終更新日]2016年07月02日

映画「信長協奏曲(コンツェルト)」の舞台となった滋賀県の撮影場所のロケ地を観光してみましょう!

滋賀県は琵琶湖を中心に周囲に山脈が取り囲み、京都に隣接することから古くは交通の要衝として栄えてきました。

近江と呼ばれていた時代では「近江を制するものは天下を制す」と言われました。

天下統一といえば戦国時代で有名な織田信長。

信長の居城だった安土城があるのも滋賀県です。

そんな信長ゆかりの土地、滋賀県を映画「信長協奏曲」のロケ地を巡りながら観光してみましょう。

《あらすじ》「信長協奏曲(コンツェルト)」ってどんな映画?

「信長協奏曲」(のぶながコンツェルト)は石井あゆみの漫画です。

高校生のサブローが戦国時代にタイムスリップして自分にそっくりな織田信長に出会います。

病弱な信長の代わりとして、サブローが信長として戦国時代を生き抜いていく物語です。

歴史を理解していないサブローが飄々と信長のように隣国の大名を打ち破っていき、天下統一への道を進んでいきます。

2014年7月よりテレビアニメ、2014年10月期より実写版がテレビドラマ化されました。

映画「信長協奏曲」は2016年1月23日に公開されました。

映画版で高校生のサブローや本物の織田信長でかつ明智光秀を演じるのは小栗旬。

妻・帰蝶(柴咲コウ)、家臣の池田恒興(向井理)らもサブローを盛り立てます。

織田信長といえば、やっぱりまずは安土城

織田信長といえば、やっぱりまずは安土城

信長の居城として有名なのが安土城です。

大型の天守を初めて持ち独創的で豪華絢爛な城だったようです。

廃城となったために現在は石垣など一部の遺構を残しています。

天守台からは琵琶湖、比叡山が一望できます。

2015年10月25日には第一回となる安土城址摠見寺コンサートが開催されました。

「人間50年、下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり」

信長が好んだ舞「敦盛」などが幻想的な雰囲気で楽しめます。

見学できる茶室などもあり、信長観光には必須の場所ですね。

名称:
安土城跡

住所:
滋賀県近江八幡市安土町下豊浦

公式サイト:
滋賀観光情報 <リンク>

アクセス:
JR琵琶湖線安土駅下車、徒歩25分

彦根城博物館で織田信長の時代の本物との出会い

彦根城博物館で織田信長の時代の本物との出会い
出典:れきし回廊

信長が父・信秀と会話していたシーンでは彦根城博物館が使われています。

1987年2月、彦根市の市制50周年を記念して彦根城表御殿跡地に復元を兼ねて建てられた博物館です。

彦根藩主を代々で勤めた井伊家が保有した豊富な美術工芸品や古文書、彦根および彦根藩に関する資料も収集して収蔵資料は8万6千件を超えます。

大名道具や復元された表御殿、能面・能装束など本物との出会いを楽しめます。

名称:
彦根城博物館

住所:
滋賀県彦根市金亀町1−1

公式サイト:
彦根城博物館ホームページ <リンク>

アクセス:
彦根駅下車、西出口から徒歩約15分

信長協奏曲(コンツェルト)で柴田勝頼の陣を設営したロケ地

信長協奏曲(コンツェルト)で柴田勝頼の陣を設営したロケ地
出典:http://www.nap-camp.com/

柴田勝頼の陣が設営されたのが野州市にあるマイアミ浜オートキャンプ場です。

琵琶湖中央にある琵琶湖大橋の近くにあるキャンプ場では自然を満喫したアウトドアが楽しめます。

琵琶湖カヌーセンターによるカヌースクール、 地元のびわこ豊積窯による体験陶芸教室なども人気です。

釣り好きなら琵琶湖は一度は釣ってみたい場所です。

漁港や湖岸から琵琶湖に流れこむ河川に至るまでいろんな釣りスポットがあり、マイアミ浜オートキャンプ場を拠点にして釣りも楽しめます。

名称:
マイアミ浜オートキャンプ場

住所:
滋賀県野洲市吉川3326−1

公式サイト:
マイアミ浜オートキャンプ場ホームページ <リンク>

アクセス:
名神高速・栗東ICより20km、車で約40分

信長協奏曲(コンツェルト)で石山本願寺の兵との合戦が行われたロケ地

信長協奏曲(コンツェルト)で石山本願寺の兵との合戦が行われたロケ地
出典:森のぐらさん

石山本願寺の兵との合戦シーンで使われたのが湖南アルプスです。

小さな岩山の湖南アルプスは近くに金勝寺があることから金勝(こんぜ)アルプスとも呼ばれます。

磨崖仏やオランダ堤などの遺構もあり、低山ながら見所は多い。

かなりワイルドな岩場を登っていく山道が続きます。

湖南アルプスにある堂山の標高は384メートルですが、低山を感じさせない景色は必見です。

戦国時代にはこの湖南アルプスでの激戦が繰り広げられていたのでしょうか。

名称:
湖南アルプス

住所:
滋賀県大津市田上里町

公式サイト:
湖南アルプスコースガイド <リンク>

サブローと帰蝶が夫婦の絆を強く確かめ合う神社の場所

サブローと帰蝶が夫婦の絆を強く確かめ合う神社の場所
出典:滋賀文化のススメ

サブローと帰蝶が夫婦の絆を強く確かめ合うのが油日神社(あぶらひじんじゃ)です。

油日大神(あぶらひのおおかみ)を主祭神とし、武士から勝軍神として崇敬を受け油の火の神としても信仰されました。

甲賀地域の随一の名社であり中世には「甲賀の総社」とされていました。

油日神社の周辺には数百年を経た老樹が密生して、社殿は歴史を感じさせるものです。

なにせ創建は古く聖徳太子が社壇を建立し油日大明神を祀ったと伝承されているほどです。

正面の参道から見ると、楼門・回廊(かいろう)・拝殿・本殿が一直線に並んでいます。

樹齢700年以上と推定されている境内にある高野槇(コウヤマキ)も見所十分ですね。

名称:
油日神社

住所:
滋賀県甲賀市甲賀町油日1042

公式サイト:
マイアミ浜オートキャンプ場ホームページ <リンク>

アクセス①:
JR草津線油日駅下車、徒歩30分

アクセス②:
JR草津線甲賀駅下車、車で10分

信長協奏曲(コンツェルト)の石山本願寺のロケ地

信長協奏曲(コンツェルト)の石山本願寺のロケ地
出典:http://yamaryu.tv/

劇中に出てくる石山本願寺のロケ地は京都は長岡京にある西山浄土宗の総本山光明寺です。

近年撮影の許可はおりていませんでしたが、映画「信長協奏曲」において解禁されました。

紅葉の名所としても知られ、山道に広がる紅葉の美しさには言葉も出ません。

秋には長岡京市観光協会主催で「もみじ祭」も開催されます。

樹齢約500年の柏槙(びゃくしん)も長岡京市の天然記念物に指定されています。

名称:
光明寺

住所:
京都府長岡京市粟生西条ノ内26-1

公式サイト:
マイアミ浜オートキャンプ場ホームページ <リンク>

アクセス:
長岡京駅下車、西出口バス停の阪急バス20,22系統、旭が丘ホーム前下車、20分

映画「信長協奏曲(コンツェルト)」の舞台となった滋賀県のロケ地を観光をしてみよう!

いかがだったでしょうか。

信長のゆかりの地である滋賀県には戦国時代を感じさせる魅力十分な観光地があふれています。

その歴史的な雰囲気を感じれば「信長協奏曲」のサブローのようにタイムスリップした気分になれるでしょう。

琵琶湖を中心とした滋賀県で映画「信長協奏曲」のロケ地の観光。

「人間50年」から寿命の伸びた現代においても、生きている間に訪れたいですね。



<sponsored link>


関連記事



<sponsored link>