伊藤英明主演の「海猿」シリーズまとめ!あのロケ地も巡って観光してみよう!

[記事公開日]2016年08月05日
[最終更新日]2016年08月06日

伊藤英明主演の「海猿」シリーズまとめ!ロケ地も巡って観光をしてみよう!

伊藤英明主演の映画「海猿」は映画4本、ドラマ1本と回を追うごとに人気を集めて国民的な作品となりました。

2作目から4作目の映画「海猿」はどれも興行収入70億円超という邦画では化け物と呼ばれる人気を誇ります。

原作は「ブラックジャックによろしく」で有名な佐藤秀峰が1999年から2001年に小学館の週刊ヤングサンデーに連載した漫画で、救命活動に命をかける海上保安庁の潜水士を描いた漫画「海猿」です。

漫画、映画、ドラマと続いて起きた海猿ブームは海上保安官の志願者を急増させるほどの社会現象となりました。

海猿シリーズは各物語ごとに象徴的なロケ地を使うのでも有名です。

海猿のロケ地を巡りながら、日本全国の観光も楽しんでみましょう!

「海猿」ってどんなシリーズ?

「海猿」ってどんなシリーズ?
出典:http://solife-a.com/

「海猿」は健康食品会社の営業マンだった仙崎大輔が、海が好きなことから海上保安庁に転職し、一流の潜水士を目指す物語です。

フジテレビ制作で伊藤英明主演での海猿シリーズを順番に並べてみます。

第1作目・映画「海猿 ウミザル」(2004年6月公開)

第2作目・ドラマ「海猿 UMIZARU EVOLUTION」(2005年放送)

第3作目・映画「LIMIT OF LOVE 海猿」(2006年公開)

第4作目・映画「THE LAST MESSAGE 海猿」(2008年公開)

第5作目・映画「BRAVE HEARTS 海猿」(2012年公開)

シリーズを重ねるごとに主人公の仙崎大輔とヒロインの環菜は成長し、その関係も変わっていきます。

当初は見習いだった主人公が成長し、ベテランとなっていく過程を楽しめるのも海猿シリーズの魅力の一つですね。

海猿シリーズでの主要なキャストをご紹介!

仙崎大輔 – 伊藤英明
本作の主人公で潜水士として成長していく。
健康食品会社の優秀な営業マンだったが、友人にセールスを掛ける生活に嫌気が差し、海が好きなため海上保安庁に転職する。
広島県呉市の海上保安大学校で訓練を受け、友人の死などを乗り越えながら潜水士としての力を高めていく。
お調子者であるが実直な人間で、海難事故の際には極限まで力を振り絞って要救助者を助けていく。
海上保安大学校時代に出会った環菜と純粋な恋愛を続け、ついに結ばれる。

伊藤英明が出演するのドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介

伊沢環菜 – 加藤あい
本作のヒロインで広島県呉市の出身。
明るい性格だが恋愛には奥手。
当初はファッション雑誌編集者だったが契約を打ち切られてショックを受ける。
仙崎に出会い自分の夢だった服作りの道に進み、縫製スタジオ「リアンリアン」へデザイナーとして働く。
海難事故で活躍する仙崎を支え続けて結婚し、子供をもうける。

吉岡 哲也 – 佐藤隆太
仙崎のバディとして潜水士として共に現場で活躍する。
明るい性格で仲間たちのムードメーカー。
当初は仙崎を軽んじていたが、その熱い想いに惹かれて慕うようになる。
仙崎と共に全国を転勤し、いくつもの恋愛にチャレンジする。

下川 嵓 – 時任三郎
海保大出身の幹部候補だったが、海難事故のバディの責任をとり現場にとどまり続けている。
横浜で仙崎と共に仕事をしてから深い信頼関係を持つ。
その後に鹿児島や北九州、東京湾の現場で常に仙崎を支援し続ける。

シリーズ1作目の映画「海猿 ウミザル」のロケ地は広島県呉市!

シリーズ1作目の映画「海猿 ウミザル」のロケ地は広島県呉市!
出典:https://setouchifinder.com/

元祖「海猿」となる1作目の映画「海猿 ウミザル」のロケ地は広島県呉市です。

健康食品会社を辞めて海上保安庁に転職した主人公の仙崎大輔は一流の潜水士になるために海上保安大学校で訓練を受けます。

広島県呉市には実際に潜水士になるための海上保安大学校があり、本物の海猿たちの活動の場所となりますね。

仙崎大輔は呉市を舞台に潜水士としての訓練をしながら環菜と出会い、激動の仕事と恋愛を進めていきます。

映画「海猿 ウミザル」では主人公の仙崎たちが広島県呉市で潜水士になるための厳しい訓練をするシーンが登場します。

中でも海猿効果で呉市の観光地になったのが「両城の200階段」。

海猿たちがウェットスーツに酸素ボンベを背負って駆け上がる訓練のシーンで有名になり、海猿の聖地として名を馳せました。

映画「海猿 ウミザル」のロケ地のご紹介はこちら

■基本情報
名称:両城の200階段
住所:広島県呉市両城二丁目
アクセス:JR呉線 呉駅から徒歩10分

シリーズ2作目のドラマ「海猿 UMIZARU EVOLUTION」のロケ地は神奈川県横浜市!

シリーズ2作目のドラマ「海猿 UMIZARU EVOLUTION」のロケ地は神奈川県横浜市!
出典:http://bb-building.net/

海猿シリーズで2作目となるのが2005年のドラマ「海猿 UMIZARU EVOLUTION」です。

1作目の映画が成功してからドラマでその続編を放送するという珍しい展開になりました。

海上保安大学校を卒業した仙崎大輔が配属されたのは横浜市にある第三管区横浜海上保安部所属PL型巡視船「ながれ」。

海猿シリーズは海上保安庁から全面協力を受けているため、2作目のドラマ「UMIZARU EVOLUTION」では現実に災害応急対策活動の拠点となる横浜海上防災基地がロケ地の一つになりました。

ドラマでは海猿たちが横浜のバーで飲み、仙崎が環菜と観光名所でデートしたんですよ。

ドラマ「海猿 UMIZARU EVOLUTION」のロケ地のご紹介はこちら

■基本情報
名称:横浜海上防災基地
住所:神奈川県横浜市中区新港1−2−1
アクセス:みなとみらい線 日本大通り駅より徒歩12分

シリーズ3作目の映画「LIMIT OF LOVE 海猿」のロケ地は鹿児島県鹿児島市!

シリーズ3作目の映画「LIMIT OF LOVE 海猿」のロケ地は鹿児島県鹿児島市!
出典:kenmayu503のブログ

1作目の映画、2作目のドラマに続いて3作目は再び映画となった「LIMIT OF LOVE 海猿」。

主人公の仙崎は若き潜水士時代を経て、しっかりと成長を続けています。

広島県呉市での海上保安大学校、神奈川県横浜市の配属を経て、仙崎は鹿児島に異動となります。

遠距離恋愛となった仙崎と環菜が出会うのはなんと大型フェリー船の座礁事故。

620人の乗客、195台もの車両を載せた大型フェリーが沈むなかでの緊迫した映画のロケ地は鹿児島鹿児島市です。

九州でも最南端で南国の魅力が溢れる鹿児島市が海猿の聖地の一つになりました。

映画「LIMIT OF LOVE 海猿」のロケ地のご紹介はこちら

■基本情報
名称:鴨池港
住所:鹿児島県鹿児島市鴨池新町23−5
アクセス:JR指宿枕崎線 南鹿児島駅より徒歩20分

シリーズ4作目の映画「THE LAST MESSAGE 海猿」のロケ地は福岡県北九州市!

シリーズ4作目の映画「THE LAST MESSAGE 海猿」のロケ地は福岡県北九州市!
出典:http://www.kitakyushu-museum.jp/

海猿シリーズの4作目となったのが映画「THE LAST MESSAGE 海猿」。

今までの海猿シリーズと異なり、原作にはない完全オリジナルのストーリーです。

大型の台風が迫るなか、巨大天然ガスプラント施設「レガリア」で火災が発生する。

国家のプライドと現場での人命優先のせめぎ合いが物語に深みをもたせています。

そんな迫力あるシーンのロケ地になったのは福岡県北九州市。

プラント内は旧清掃工場を舞台に緊張感のあるシーンが撮影されました。

また、海猿は北九州門司の第七管区海上保安本部が物語に頻出するため、門司港は海猿シリーズではたびたび登場する海猿の聖地でもあります。

映画「THE LAST MESSAGE 海猿」のロケ地のご紹介はこちら

■基本情報
名称:門司港駅
住所:福岡県北九州市門司区西海岸1丁目5−31

シリーズ5作目の映画「BRAVE HEARTS 海猿」のロケ地は東京湾!

シリーズ5作目の映画「BRAVE HEARTS 海猿」のロケ地は東京湾!

海猿シリーズの5作目となったのが映画「BRAVE HEARTS 海猿 -ブレイブハーツ-」。

通称「ブレ猿」は原作最終話となる東京湾でのジャンボ旅客機の海上着水を巡る物語です。

ジャンボ旅客機を救う大掛かりなロケは東京湾や大阪湾、博多湾で邦画市場かつてない規模のロケを敢行しました。

海上保安庁の協力のもと本物の巡視船が映画に登場。

東京湾に着水するジャンボ旅客機の乗客を救助するシーンは実際に救護所を作り、のべ1500人のエキストラを集めて緊張と感動のシーンを作り上げました。

映画「BRAVE HEARTS 海猿」のロケ地のご紹介はこちら

伊藤英明主演の「海猿」シリーズのロケ地を巡って観光をしてみよう!

いかがだったでしょうか。

「海猿」シリーズは映画・ドラマと回を重ねるごとに人気をたかめました。

現実に海上保安官を目指すほどの影響を作った「海猿」は今でも高い人気を誇っています。

初代「海猿」のロケ地となった広島県呉市の「両城の200階段」などは海猿をきっかけに観光名所になるほどです。

国民的物語となった海猿シリーズのロケ地を巡りながら敢行を楽しんでみましょう!



<sponsored link>




<sponsored link>