山下智久主演のドラマ「クロサギ」の舞台となった東京都のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年08月11日

山下智久主演のドラマ「クロサギ」の舞台となった東京都の撮影場所のロケ地を観光してみよう!

詐欺師のみを騙す詐欺師、黒鷺(クロサギ)。

そんな一風変わったテーマで大人気を博した夏原武原案、黒丸による漫画「クロサギ」が、2006年にTBSにて連続テレビドラマ化されました。

ドラマの平均視聴率も15%を超えるヒット作となり、2008年には「映画 クロサギ」で劇場版にもなりました。

主演を務めたのは、当時NEWSのメンバーだった山下智久で、本作が初の単独主演作となりました。

山下智久は、その後「プロポーズ大作戦」、「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」、「SUMMER NUDE」などといった数々の主演ヒット作を飛ばしてきましたね。

ドラマ「クロサギ」では、カフェレストラン「桂」などをはじめ、その多くの撮影が東京都内を中心として行われました。

それでは、ドラマ「クロサギ」の気になる概要を詳しく見ていきましょう!

《あらすじ》「クロサギ」ってどんなドラマ?

《あらすじ》「クロサギ」ってどんなドラマ?
出典:http://msg.seesaa.net/

世の中には3種類の詐欺師がいる。

人(カモ)を騙して金銭を巻き上げる白鷺(シロサギ)。

異性(カモ)を餌として心と体を弄ぶ赤鷺(アカサギ)。

そして、人を喰らわず白鷺と赤鷺のみを喰らう黒鷺(クロサギ)。

今から6年ほど前、父親が詐欺師に嵌められ一家心中を図った家族がいた。

しかし、長男だった黒崎のみが奇跡的に一命をとりとめた。

黒崎は自分の家族を壊した詐欺師を嫌い憎んでいた。

そして、彼はいつしか詐欺師のみを喰らう詐欺師、通称:黒鷺(クロサギ)となり、この世の詐欺師をすべて喰らい尽くすために生きてきた。

果たして、詐欺師を騙し返し、警察にも追われ続ける黒崎の運命はどうなっていくのか…!?

ドラマ「クロサギ」のキャストをまとめてご紹介!

黒崎 – 山下智久
本作の主人公。
詐欺師のみをターゲットとするクロサギ。
幼少期に詐欺師に家族を奪われた経歴から、詐欺師を忌み嫌っている。
普段は詐欺師をしながら、氷柱が住むアパートのオーナーをしている。

吉川氷柱 – 堀北真希
本作のヒロイン。
政和大学の法学部の学生。
とても正義感が強く、将来は検事志望。
黒崎のアパートに暮らし、コーヒーショップでアルバイトをしている。

三島ゆかり – 市川由衣
氷柱の友人。
政和大学の文学部の学生。
一度黒崎に詐欺師から助けられ、根はいい人だと思っている。

大沢夕有子 – 麗菜
政和大学の法学部大学院生。

桂木敏夫 – 山崎努
カフェレストラン「桂」のオーナー。
しかしその実態は詐欺師業界の大物で黒幕。
黒崎にも詐欺師の案件を売っている。

早瀬真紀子 – 奥貫薫
桂木の助手。
普段はカフェレストラン「桂」にいる。

神志名将 – 哀川翔
警察庁のキャリア官僚で、現在は警部補。
政和大学法学部の卒業生。
詐欺師である黒崎のことを敵視しており、追っている。

桃山哲次 – 田山涼成
警部補。
神志名とともに黒崎を追う。

黒崎遼一 – 杉本哲太
黒崎の父。
過去詐欺師に騙され、一家心中を図る。

白石陽一 – 加藤浩次
シロサギの詐欺師。
しかし、ターゲットとするのは「人を食いものにする腐った大企業」のみで、普通の詐欺師とは少し違う。
黒崎からも一目置かれる存在でもある。

ドラマ「クロサギ」のスタッフ情報!

原作 – 黒丸、夏原武

脚本 – 篠崎絵里子

音楽 – 山下康介

演出 – 石井康晴、平野俊一、武藤淳、大岡進

主題歌 – 山下智久「抱いてセニョリータ」

プロデューサー – 伊與田英徳、松原浩

制作 – TBSテレビ

製作著作 – TBS

ドラマ「クロサギ」で、黒崎の活動拠点となるカフェレストラン「桂」のロケ地

ドラマ「クロサギ」で、黒崎の活動拠点となるカフェレストラン「桂」のロケ地
出典:http://machidainfo.cocolog-nifty.com/

ドラマ「クロサギ」の主人公である黒崎は、詐欺師などに関する情報を「親爺」と呼んでいる桂木敏夫から買っていました。

その情報提供の場は、いつも桂木敏夫が経営するカフェレストラン「桂」が舞台となっていましたね。

そんな黒崎の詐欺師としての活動拠点ともいえる場所でもあるカフェレストラン「桂」のロケ地となったのは、東京都中央区にある「CANOVIANO TOKYO」です。

この場所は、「崖っぷちのエリー」、「カエルの王女さま」など数々のドラマのロケ地となった有名な場所でした。

しかし残念ながら、現在はすでに閉店してしまっているようですので、このレストランで食事をすることはできません。

■基本情報
名称:CANOVIANO TOKYO
住所:東京都中央区八重洲1丁目9−9
アクセス:東京駅より徒歩5分

吉川氷柱がアルバイトとして働いていたコーヒーショップのロケ地は神田に!

吉川氷柱がアルバイトとして働いていたコーヒーショップのロケ地は神田に!
出典:http://tokyocoffee.blog59.fc2.com/

黒崎のアパートに住む大学生のヒロインの吉川氷柱は、お金持ちというわけではありませんでした。

そこで、彼女はいつもコーヒーショップでアルバイトとして働いていましたね。

そんな吉川氷柱が働くコーヒーショップのロケ地となった場所は、東京都千代田区にある「Cafe BIOT」です。

世界各地より厳選して取り寄せたコーヒー豆を自家焙煎した美味しいコーヒーをいただけるこだわりのお店なんですよ。

また、この場所は、「大切なことはすべて君が教えてくれた」や「息もできない夏」などのロケ地としても登場している場所なんですよ。

■基本情報
名称:Cafe BIOT(カフェ・ビィオット)
住所:東京都千代田区神田美倉町1
公式サイト:<リンク> カフェビオット 食べログページ
アクセス:神田駅より徒歩4分

ドラマ「クロサギ」で氷柱、ゆかり、夕有子らが通う政和大学のロケ地

ドラマ「クロサギ」で氷柱、ゆかり、夕有子らが通う政和大学のロケ地
出典:Wikipedia

ヒロインの吉川氷柱は、将来検事を目指している政和大学の法学部に通う学生でした。

いつも親友である文学部の三島ゆかりらとともに大学に行っていましたね。

そんな政和大学のモデルとなったロケ地となったのは、東京都八王子市にある首都大学東京です!

首都大学東京はドラマや映画のロケ地としても非常に有名なスポットで、生田斗真主演の「遅咲きのヒマワリ」、嵐の櫻井翔主演の「謎解きはディナーのあとで」、嵐の松本潤の主演作品で「ごくせん」「バンビ~ノ!」「失恋ショコラティエ」などといった数々の名作に登場してくる場所なんですよ。

この大学に行ってみれば、あの名場面が蘇ってくるかもしれませんね。

■基本情報
名称:首都大学東京
住所:東京都八王子市南大沢1丁目1
アクセス:南大沢駅より徒歩11分

黒崎の天敵である警察の拠点「東京中央警察署」のロケ地

黒崎の天敵である警察の拠点「東京中央警察署」のロケ地
出典:シモキタのtokyoboy

主人公の黒崎は、詐欺師のみをターゲットとする詐欺師ではありますが、やはり犯罪者として警察に追われていました。

そんな黒崎自身も、自分の過去を壊した詐欺師を逮捕できなった警察を嫌っていましたね。

黒崎の天敵ともいえる警察の拠点となった東京中央警察署のモデルとなったロケ地は、東京都渋谷区にある「津田塾会」です。

この津田塾会は、同じく山下智久主演のドラマ「ドラゴン桜」のロケ地になっていたり、ドラマ「ギャルサー」などにも登場してくる場所でもあるんですよ。

■基本情報
名称:津田塾会
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目
アクセス:千駄ヶ谷駅より徒歩1分

ドラマ「クロサギ」でよく登場してくる河原のロケ地

ドラマ「クロサギ」でよく登場してくる河原のロケ地
出典:http://68535631.at.webry.info/

ドラマ「クロサギ」では、頻繁に登場してくる河原がありましたね。

そんな河原の舞台となったロケ地は、東京都北区にある「旧岩淵水門公園」です。

風の気持ちよい清々しい公園となっているので、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

■基本情報
名称:旧岩淵水門公園
住所:東京都北区志茂5丁目41
アクセス:赤羽岩淵駅より徒歩18分

山下智久主演のドラマ「クロサギ」の舞台となった東京都のロケ地を観光してみましょう!

いかがでしたでしょうか?

今は主演俳優として確固たる地位を確立した山下智久の初の単独主演作品「クロサギ」。

その印象的なストーリーと独特の世界観は、多くの方の脳裏に焼き付いているのではないでしょうか?

そんな方は、ぜひ一度「クロサギ」のロケ地となった、あのお店や場所などに足を運んでみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>




<sponsored link>


関連記事