佐藤江梨子と瑛太主演の映画「リングサイド・ストーリー」のキャスト、あらすじ、ロケ地情報まとめ!

[記事公開日]2016年08月11日
[最終更新日]2016年08月23日

佐藤江梨子と瑛太主演の映画「リングサイド・ストーリー」のキャスト、あらすじ、ロケ地情報を徹底解説いたします!

プロレスなど輝いている世界の裏側にはどんな人たちがいるのか。

売れない役者と彼を支える恋人の物語、映画「リングサイド・ストーリー」が2017年春、公開です。

2014年に公開された「百円の恋」で日本アカデミー賞など映画賞を総なめにした武正晴の待望の次回作です。

主演は2014年の映画「抱きしめたい-真実の物語-」以来、出産後の初の映画出演となるサトエリこと佐藤江梨子。

そのサトエリが支える売れない俳優には2016年の映画「64-ロクヨン-」「土竜の唄 香港狂騒曲」などで活躍を続ける瑛太です。

監督の武正晴は映画「百円の恋」が第88回アカデミー外国語映画賞の日本代表作品に選ばれるなど映画界で注目が高まっていますね。

タイトルの通りリングサイドの裏側で働く人々の物語では、そのリングに立つ人間として「K-1 WORLD GP -55kg王者」の武尊やプロレス界のレジェンド武藤敬司などが実名で登場します。

<sponsored link>

《あらすじ》「リングサイド・ストーリー」ってどんな映画?

プロレスやK-1など華やかなエンターテインメントの世界。

その裏側にはレスラーたちを影で支える人々の物語がある。

カナコはプロレス団体の裏方として働いていた。

カナコは売れないクズ俳優のヒデオを養うため、屈強な男たちが戦うプロレス団体を影で支えている。

一方、カナコに支えられるヒデオは俳優として成功する夢を持つもうだつのあがらない日々を送る。

リングには武藤敬司など成功を収めた人間が輝く。

その裏には、世間から光を浴びずにもがいている人間のドラマがあったーー。

映画「リングサイド・ストーリー」のキャストをまとめてご紹介!

カナコ – 佐藤江梨子
本作の主人公。
ヒデオを養うためプロレス団体の裏方として働く。

ヒデオ – 瑛太
本作のもう一人の主人公。
役者として売れず苦悩する。

武藤敬司 – 武藤敬司
日本を代表するプロレスラー。
「ナチュラル・ボーン・マスター(生まれながらの天才)」などの異名も持つ。

武尊 – 武尊
「K-1 WORLD GP」55kgの王者。

田中要次

近藤芳正

城戸康裕

亀田大毅

映画「リングサイド・ストーリー」のスタッフ情報!

監督 – 武正晴

企画 – 李鳳宇

制作 – アニモプロデュース

<sponsored link>

映画「リングサイド・ストーリー」のロケ地は日本各地のプロレス会場!

映画「リングサイド・ストーリー」のロケ地は日本各地のプロレス会場!
出典:http://smms.at.webry.info/

映画「リングサイド・ストーリー」はプロレス団体の裏方で働く主人公を佐藤江梨子が演じます。

そのため、日本各地でプロレスが開催される会場が実際のロケ地になりそうです。

東京都新宿でプロレス・ボクシング・格闘技が開催される「新宿FACE」、千葉県千葉市のプロレス会場「Blue Field」がロケ地になる可能性がたかそうです。

また、K-1の武尊やプロレスのスーパーレジェンド武藤敬司が実名で登場することから、後楽園ホールなどの大会場もロケ地になるかもしれません。

これら映画「リングサイド・ストーリー」のロケ地に関する情報は判明次第、更新してまいります。

佐藤江梨子と瑛太主演の映画「リングサイド・ストーリー」を楽しみにしていましょう!

いかがだったでしょうか。

プロレスラーなど華やかな格闘技を裏方で支える人たちの映画「リングサイド・ストーリー」。

懸命な佐藤江梨子と、クズ男を演じる瑛太の演技に注目ですね。

プロレス好きとしては大物の武藤敬司の出演というだけで思わず見たくなります。

映画界において評価が高い武正晴監督の映画「リングサイド・ストーリー」を楽しみにしていましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>