オダギリジョー主演の映画「オーバー・フェンス」の舞台となった北海道函館市のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年08月14日
[最終更新日]2016年08月27日

オダギリジョー主演の映画「オーバー・フェンス」の舞台となった北海道函館市のロケ地を観光してみよう!

「ただ働いて、ただ死んでいく。それが残りの人生だと思ってた。」

人生に限界を感じた大人たちがもがく切ない物語の映画「オーバー・フェンス」が2016年9月17日、公開です。

原作は芥川賞候補に5回ほど名を連ねていたが、41歳で自殺した佐藤泰志の作品です。

自分の人生に限界を感じて惰性で生きている主人公を演じるのは名優のオダギリジョー。

ヒロインに蒼井優、友人に松田翔太と実力派がそろって邦画らしい深みのある物語を描きます。

監督は2016年の映画「ぼくのおじさん」なども手掛ける山下敦弘。

そして、原作者の出身地でもあり、街自体がセットのような美しい函館が舞台となりました。

<sponsored link>

《あらすじ》「オーバー・フェンス」ってどんな映画?

《あらすじ》「オーバー・フェンス」ってどんな映画?
出典:Twitter

白岩義男は家庭をかえりみなかったため妻に捨てられて、東京から故郷の函館に戻ってきた。

職業訓練校に通いながら失業保険で暮らす日々。

訓練校とアパートの往復、2本の缶ビールとコンビニ弁当だけのなんの楽しみもない人生だ。

ある日、職業訓練校で友人となった代島にキャバクラに連れて行かれ、そこで鳥の動きをまねる若いホステスと出会う。

ホステスは名前を聡(さとし)と言い、男のような名前から苦労していたという。

人生を諦めていた白岩は聡の純粋な魂にふれて、少しずつ心境が変化していく。

白岩は自分が設定した、つまらない残りの人生というフェンスを越えようとするーー。

映画「オーバー・フェンス」のキャストをまとめてご紹介!

白岩義男 – オダギリジョー
本作の主人公であてのない生活を過ごしている男。
家庭をかえりみなかったために妻に見限られ、東京から故郷の函館に帰ってくる。
職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしている。
訓練校とアパートの往復で、たまにある訓練校の科目対抗ソフトボール大会が楽しみ。

田村聡 – 蒼井優
鳥になりたいと願うキャバクラのホステス。
女ながら親につけられた「さとし」という名前に苦労していた。

代島和久 – 松田翔太
白岩と同じ職業訓練校に通う男。
白岩と仲良くなりキャバクラに誘う。

森由人 – 満島真之介

原浩一郎 – 北村有起哉

尾形洋子 – 優香

映画「オーバー・フェンス」のスタッフ情報!

原作:佐藤泰志

監督:山下敦弘

脚本:高田亮

配給:東京テアトル、函館シネマアイリス

製作:「オーバー・フェンス」製作委員会

<sponsored link>

映画「オーバー・フェンス」の撮影はオール函館ロケ!

映画「オーバー・フェンス」の撮影はオール函館ロケ!

映画「オーバー・フェンス」はオール函館でロケを行いました。

原作者の佐藤泰志の故郷であり、風光明媚な場所として日本有数の観光地としても知られています。

2016年では佐藤健主演の映画「世界から猫が消えたなら」のロケ地にもなりましたね。

オダギリジョーや佐藤健など名優に相応しい美しい街並みですよ。

函館で桜の名所として知られる「函館公園」が劇中でたびたび登場するロケ地に!

函館で桜の名所として知られる「函館公園」が劇中でたびたび登場するロケ地に!
出典:http://guide.travel.co.jp/

映画「オーバー・フェンス」では函館で桜の名所としても有名な函館公園がたびたび登場します。

1879(明治12)年に市民に造成された公園という歴史を持ち、無料の動物飼育施設など地元の人の憩いの場所となっています。

春の花見、、夏は中央の噴水で水遊び、秋は紅葉狩りと穏やかな時間を過ごせる公園ですよ。

■基本情報
名称:函館公園
住所:北海道函館市青柳町17
アクセス:函館市電 青柳町から徒歩3分

職業訓練校の生徒たちがソフトボール大会に打ち込むのロケ地高盛小学校のグランドか

職業訓練校の生徒たちがソフトボール大会に打ち込むのロケ地高盛小学校のグランドか
出典:http://fkaidofudo.exblog.jp/

映画「オーバー・フェンス」では主人公のオダギリジョーは職業訓練校とアパートの往復だけの人生を過ごしています。

そんな職業訓練生たちにとって唯一のイベントが学科対抗ソフトボール大会です。

自分が設定した人生のフェンスを超える、そんな比喩を持つソフトボール大会のロケ地は高盛小学校のグランドがロケ地になったようです。

■基本情報
名称:高盛小学校
住所:北海道函館市高盛町17−1
アクセス:函館市電 昭和橋駅より徒歩10分

実際の職業訓練高のポリテクセンター函館も撮影場所に

実際の職業訓練高のポリテクセンター函館も撮影場所に
出典:http://www.hakodate-area.jp/

映画「オーバー・フェンス」では主人公のオダギリジョーは職業訓練校に通います。

函館市に実際にある職業訓練高のポリテクセンター函館も撮影場所に選ばれました。

物語にリアリティを持たせることで、映画の魅力も高まりますね。

■基本情報
名称:ポリテクセンター函館
住所:北海道函館市日吉町3丁目23−1
アクセス:函館市電 深堀町駅から車で10分

ポスター写真の場所であり、「さとし」が自転車から羽を巻く函館市内のロケ地

ポスター写真の場所であり、「さとし」が自転車から羽を巻く函館市内のロケ地
出典:http://www.kanchu.hokkaido-c.ed.jp/

映画「オーバー・フェンス」のポスター写真で印象的なのは「さとし」を演じる蒼井優が自転車から羽を巻くシーンですね。

鳥になりたいという不思議な女性を印象づけるシーンは函館市電があり、赤レンガ倉庫近くにある通りです。

ちょうどエスイーシーシステムビルがある近辺で、函館観光の際にはゆっくりと歩いて函館市の空気を楽しみたいですね。

■基本情報
名称:エスイーシーシステムビル
住所:北海道函館市末広町18−17
アクセス:函館市電 末広町駅より徒歩3分

<sponsored link>

ロケ地だけじゃない!北海道函館市の魅力的な観光情報をまとめてお届け!

ここからは、映画「オーバー・フェンス」のロケ地の北海道函館市の観光情報をまとめてお届けします。

夜景が有名な函館は観光名所として世界中から多くの人が集まってきます。

市内を走る市電など独特の雰囲気を残し、夏の爽やかさや冬の雪景色など常に味わい深い町です。

2017年の映画「PとJK」のロケ地になるなど、映画撮影の聖地の一つでもありますね。

映画「PとJK」のロケ地のご紹介はこちら

函館市で独特の観光地が「金森赤レンガ倉庫」

函館市で独特の観光地が「金森赤レンガ倉庫」

映画「オーバー・フェンス」のポスター撮影場所の近くにあるのが函館の観光名所「金森赤レンガ倉庫」。

幕末には造船所などがあった場所ですが、独特の赤レンガの建物の景観を生かして現在はショッピングモールやビアホール、レストランが並んでいます。

イベントなども頻繁に行われて、観光客やデートに最適な場所となっていますよ。

■基本情報
名称:金森赤レンガ倉庫
住所:北海道函館市末広町14−12
公式サイト:<リンク> 金森赤レンガ倉庫ホームページ
アクセス:JR函館駅より徒歩15分

昼の美しい函館の街並みを堪能できる旧函館区公会堂

昼の美しい函館の街並みを堪能できる旧函館区公会堂
出典:Wikipedia

数ある函館の観光名所の中でも昼の函館の街並みを堪能できるのが「旧函館区公会堂」。

国の重要文化財に指定されている西洋館で、明治43年(1910年)の雰囲気を残している建造物です。

館内にあるハイカラ衣装館では20分1000円で豪華な衣装を着ての撮影なども楽しめます。

函館港を見下ろす高台にあり、ここから眺める函館の町の眺望は最高ですよ。

■基本情報
名称:旧函館区公会堂
住所:北海道函館市元町11番13号
アクセス:函館市電 末広町駅より徒歩7分

函館名物の夜景を楽しむために函館山ロープウェイに乗ってみよう

函館名物の夜景を楽しむために函館山ロープウェイに乗ってみよう

函館名物の夜景は日本のみならず世界にも有名です。

函館に観光に来たならば夜景を眺めるコースは外せません。

函館山の頂上までロープウェイで登れば、そこからは世界三大夜景とまて呼ばれる世界が広がります。

一度見れば、函館の夜景は脳裏に焼きつく美しさですよ。

■基本情報
名称:函館山ロープウェイ
住所:北海道函館市元町19-7
公式サイト:<リンク> 函館山ロープウェイホームページ
アクセス:函館市電 十文街駅より徒歩10分

うまいものたくさん!北海道函館市のグルメ情報をまとめてお届け!

ここからは、映画「オーバー・フェンス」のロケ地の北海道函館市のグルメ情報をまとめてお届けします。

函館は本州では味わえない北の海の新鮮な海鮮を味わえるので有名です。

極上の海鮮はそれだけで観光の目的にもなる素晴らしいグルメですね。

函館ナンバーワンとの評判の高い「梅乃寿司」

函館ナンバーワンとの評判の高い「梅乃寿司」
出典:Hotpepper

函館をはじめとして北海道は極上の海の幸で有名です。

回転寿しでさえ関東の寿司屋レベルと言われる北海道において、函館ナンバーワンとの評判が高いのが「梅乃寿司」。

天然のヒラメやマグロの刺身、濃厚な蟹味噌の料理、店オリジナルの海鮮焼きなどどれも極上の一品です。

函館観光の際にはこの梅乃寿司に予約を取ることから始めると良いかもしれませんね。

■基本情報
名称:梅乃寿司
住所:北海道函館市柏木町1-19
公式サイト:<リンク> 梅乃寿司ホームページ
アクセス:函館市電 柏木駅から徒歩5分

圧倒的な生うに料理が最高の「うにむらかみ」

圧倒的な生うに料理が最高の「うにむらかみ」
出典:Hotpepper

函館名物のうにを味合うならその名もズバリの「うにむらかみ」です。

圧倒的な生うに料理は他店では味わうことの出来ない無添加生うに。

無添加生うに丼は大迫力のうにの塊でうに好きを心から喜ばせてくれます。

そのほかにもうに茶漬けやうに入り天丼、うに雑炊など最高の料理が揃っていますよ。

■基本情報
名称:うにむらかみ
住所:北海道函館市大手町22-1
公式サイト:<リンク> うにむらかみホームページ
アクセス:JR函館駅から徒歩3分

気軽に函館の海鮮を味わうなら居酒屋「活魚ろばた 函館山」

気軽に函館の海鮮を味わうなら居酒屋「活魚ろばた 函館山」
出典:食べログ

寿司店や豪華なうに料理でなく、気軽に函館の海鮮を味わうなら居酒屋「活魚ろばた 函館山」です。

見た目は普通の居酒屋ですが、そこは函館ならではの料理が揃っています。

ゲソがまだ動いている状態の真イカ刺し(1980円)、その名の通りの「カニたっぷりサラダ」など函館料理が盛りだくさん。

人気のとうもろこしと枝豆のかき揚げなど函館の夜を明るく楽しむのに最適なお店です。

■基本情報
名称:活魚ろばた 函館山
住所:北海道函館市松風町10-15
公式サイト:<リンク> 活魚ろばた 函館山 食べログページ
アクセス:JR函館駅から徒歩10分

オダギリジョー主演の映画「オーバー・フェンス」の舞台となった北海道函館市のロケ地を観光してみましょう!

いかがだったでしょうか。

函館を舞台にした映画はいくつもありますが、オダギリジョーと蒼井優の手によってまた函館の魅力が増していきそうです。

オダギリジョーは2016年のドラマ「重版出来!」や、映画「湯を沸かすほどの熱い愛」など多様な作品で重要なキャラクターとしての位置を占めています。

ヒロインを務める蒼井優も2017年の話題の実写映画「東京喰種トーキョーグール」などに出演するなど活躍が続いています。

二人の実力派がコンビを組んで作り上げた映画「オーバー・フェンス」、その舞台となった美しい函館市の観光も楽しんでみましょう!

<sponsored link>

 

あなたにおすすめの記事

 

同じカテゴリの作品を探す

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>