米倉涼子主演のドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第1シリーズ 2012」の舞台となった東京都江東区のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年08月20日
[最終更新日]2016年08月25日

米倉涼子主演のドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第1シリーズ 2012」の舞台となった東京都江東区のロケ地を観光しよう!

「私、失敗しないので。」

2012年に放送が開始され、その後2013年の第2シリーズ、2014年の第3シリーズ、2016年のスペシャル第4シリーズと毎回驚異的な視聴率を記録する大人気ドラマ「ドクターX」。

その主演を務め続けているのが、悪女、マルサ、刑事とさまざまな役どころをこなし続けてきた米倉涼子。

その米倉涼子とタッグを組み脚本を担当しているのが、米倉とともにあの「ナサケの女」を生み出した脚本家の中園ミホ。

医師不足が叫ばれる現代において、フリーランスという新たな形を世の中に打ち出します。

それでは、そんな「ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第1シリーズ」の詳しい概要を見ていきましょう!

<sponsored link>

《あらすじ》「ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第1シリーズ」ってどんなドラマ?

《あらすじ》「ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第1シリーズ」ってどんなドラマ?
出典:https://ropping.tv-asahi.co.jp/

「きつい」、「汚い」、「危険」。

「外科医の3K」という言葉が現れ、過酷な労働環境と訴訟リスクから医師不足が叫ばれるようになってきた現代。

病院や医局には属さない”フリーランス”という新たな形の外科医が登場してきた。

帝都医科大学付属第三病院もまた、医師が同時に3人退職し、医師不足に悩んでいた。

事務長の寺山は神原名医紹介所を訪ね、「3人分働く」という医師の紹介を受けることになった。

そこに現れた1人の女性こそ、フリーランスの天才外科医・大門未知子、またの名を、Doctor-X。

超高額の報酬、勤務時間は厳守、雑用な論文のお手伝いは一切なし、医局の派閥にも属さない。

今までの病院からは考えられない、フリーランスの医師が、帝都医科大学付属第三病院の闇に切り込んでいく…!

ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第1シリーズ」のキャストをまとめてご紹介!

大門未知子 – 米倉涼子
本作の主人公。
天才的な手技を持つ外科医。
医局には属さないフリーランスの医師。
神原名医紹介所に所属し、さまざまな病院を転々として働いている。

神原晶 – 岸部一徳
神原名医紹介所の所長。
元外科医とも噂されているが、謎に包まれた人物。

毒島隆之助 – 伊東四朗
帝都医科大学第三病院の院長。
元・帝都医科大学本院の外科部長。
前院長が倒れたことで、新院長に就任した。

寺山金子 – 室井滋
帝都医科大学第三病院の事務長。
経費削減やコンプライアンスに非常にうるさい。

半田正 – 政岡泰志
帝都医科大学第三病院の事務次長。
院長や事務長の言いなりの腰巾着。

鳥井高 – 段田安則
第二外科部長の教授。
論文と研究に没頭し今の地位を得た。
しかし、手術はド下手。

奥村藍 – 林丹丹
鳥井教授の私設秘書。
鳥井の愛人でもある。

加地秀樹 – 勝村政信
第二外科の外科医。
腕の立つスーパードクターで、帝都医科大学第三病院のエース。
大門未知子を目の敵にしている。

原守 – 鈴木浩介
第二外科の外科医で、助教。
目上の者にはまったく頭が上がらない気弱な性格。

森本光 – 田中圭
第二外科の新米外科医。
とても不器用な性格で、外科医の技術習得に苦労している。
未知子にいつも振り回されている。

城之内博美 – 内田有紀
麻酔科医。
麻酔の腕は一流。
実はシングルマザーでもある。

白木透 – 小松和重
放射線医。

千葉園子 – 紫吹淳
チーフ看護師。

小池理恵 – 山本美月
新米看護師。

勅使河原毅 – 小林稔侍
帝都医科大学付属病院本院の外科主任教授。
毒島院長も頭が上がらないほどの偉い人物。

ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第1シリーズ」のスタッフ情報!

脚本 – 中園ミホ

音楽 – 沢田完

演出 – 田村直己、松田秀知

主題歌 – 「Force」Superfly

ナレーション – 田口トモロヲ

ゼネラルプロデューサー – 内山聖子

プロデューサー – 西河喜美子、霜田一寿、大垣一穂、大江達樹、池田禎子

制作協力 – ザ・ワークス

制作著作 – テレビ朝日

<sponsored link>

「ドクターX 第1シリーズ」のメイン舞台となる帝都医科大学付属第三病院のロケ地は芝浦工業大学!

「ドクターX 第1シリーズ」のメイン舞台となる帝都医科大学付属第三病院のロケ地は芝浦工業大学!
出典:http://www.shibaura-it.ac.jp/

「ドクターX 第1シリーズ」では、フリーランスの外科医・大門未知子が帝都医科大学付属第三病院に派遣されます。

物語のほとんどは、この第三病院の中での手術や医師たちとの人間関係の様子が描かれていましたね。

そんな帝都医科大学付属第三病院のモデルとなったロケ地は、東京都江東区にある「芝浦工業大学豊洲キャンパス」です!

この大学のキャンパスは建物の外観として利用されており、あのガラス張りの通路や院長室、食堂や屋上などはまた別の場所で撮影が行われています。

また、この芝浦工業大学豊洲キャンパスは「怪盗山猫」「リーガル・ハイ」、「フリーター、家を買う」などさまざまなドラマに登場してくる有名なロケ地でもあるんですよ。

■基本情報
名称:芝浦工業大学豊洲キャンパス
住所:東京都江東区豊洲3−7−5
アクセス:豊洲駅より徒歩13分

大門未知子が所属する神原名医紹介所のロケ地も東京都江東区に

大門未知子が所属する神原名医紹介所のロケ地も東京都江東区に
出典:アクトデザイン凛太郎のブログ

病院や医局には属さないフリーランスの外科医・大門未知子は、神原晶が経営する名医紹介所に所属し、さまざまな病院に派遣されていました。

またこの紹介所内に神原とともに暮らしており、よく仲間たちと麻雀をしている様子が登場してきましたね。

そんな神原名医紹介所のモデルとなったロケ地は、東京都江東区にある「有限会社コスガ」です。

「ドクターX」シリーズにおいておなじみの聖地なので、ぜひ一度は眺めてみたい場所ですね。

■基本情報
名称:有限会社コスガ
住所:東京都江東区佐賀1丁目12−3
アクセス:東京メトロ門前仲町駅より徒歩15分

「ドクターX」で大門未知子が頻繁に行く銭湯のロケ地

「ドクターX」で大門未知子が頻繁に行く銭湯のロケ地
出典:http://d.hatena.ne.jp/tonari-koenji/

「ドクターX ~外科医・大門未知子~」の中で、大門未知子はよく神原晶とともに銭湯に出かけます。

そこで、神原と壁越しに話したり、広い浴槽でリラックスしたりしていました。

そんな未知子が通う銭湯のロケ地となったのが、東京都中野区にある千代の湯です。

ぜひ日常に疲れた時は、未知子が浸かった銭湯でリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

■基本情報
名称:千代の湯
住所:東京都中野区中央3丁目16−12
アクセス:JR中野駅より徒歩12分

大門未知子がよく踊りに行くクラブのロケ地

大門未知子がよく踊りに行くクラブのロケ地
出典:ぐるなび

「ドクターX」では、大門未知子がよくクラブに踊りに行くシーンが登場してきました。

そんな未知子が通うクラブのロケ地となったのが、東京都の有楽町にあるCLUB DIANAです。

ストレス発散に踊りに行くなら、ぜひ未知子が行ったロケ地を訪ねてみましょう!

■基本情報
名称:CLUB DIANA
住所:東京都千代田区有楽町1−5−2
アクセス:JR有楽町駅より徒歩5分

帝都医科大学系列病院の教授たちが集まる鉄板料理のお店

帝都医科大学系列病院の教授たちが集まる鉄板料理のお店
出典:OZmall

「ドクターX 第1シリーズ」の中で、帝都医科大学系列病院の教授たちはよく高級そうな鉄板料理のお店に集まって会食をしていました。

そんな鉄板焼きのお店のロケ地となったのが、東京都千代田区にある「鉄板焼ステーキ 六番館」です!

「ドクターX」でたびたび登場してきたあのお店で、ぜひご飯を食べてみたいものですね。

また、このお店は「きょうは会社休みます。」や「セカンドバージン」などにもロケ地として登場してくる場所なんですよ。

■基本情報
名称:鉄板焼ステーキ 六番館
住所:東京都千代田区六番町3−11
公式サイト:<リンク> 鉄板焼ステーキ 六番館ホームページ
アクセス:麹町駅より徒歩3分

米倉涼子主演のドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第1シリーズ 2012」の舞台となった東京都江東区のロケ地を観光しよう!

いかがでしたでしょうか?

その後、2013年、2014年の連続ドラマ、そして、2016年のスペシャルドラマと連続ドラマと続く超人気シリーズの「ドクターX」。

各シリーズの中で舞台となる病院は変わりますが、名医紹介所や銭湯などの共通の場所は毎回登場してきます。

日本を代表する超大作にまで成長した「ドクターX」の聖地をぜひ一度巡ってみてくださいね!

<sponsored link>

 

あなたにおすすめの記事

 

同じカテゴリの作品を探す

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>




<sponsored link>


関連記事