松田翔太主演の映画「ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-」のキャスト、あらすじ、ロケ地情報まとめ!

[記事公開日]2016年08月21日
[最終更新日]2016年08月25日

松田翔太主演の映画「ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-」のキャスト、あらすじ、ロケ地情報を徹底解説いたします!

「ギリギリな密入国者たちの裏社会エンターテインメント!」

東京に住む異邦人たちの摩訶不思議な生き様を描く映画「ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-」が2016年9月3日、公開です。

原作は画をすぎむらしんいち、脚本をリチャード・ウーが担当した雑誌「モーニング」にて2006年から中断を経て2016年も連載中です。

漫画のファンだった松田翔太が主演を担当し、異邦人たちを自主的に守る裏都庁の署長、久保塚を演じます。

2016年の春ドラマ「ディアスポリス-異邦警察-」に続く続編となる映画「ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-」。

浜野謙太や柳沢慎吾など主要キャラは続投、新たに須賀健太や安藤サクラが異邦人となって映画に迫力を与えます。

<sponsored link>

《あらすじ》「ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-」ってどんな映画?

《あらすじ》「ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-」ってどんな映画?
出典:http://www.dias-police.jp/

難民認定を受けることが世界の中でも困難な日本。

まともな仕事にもつけない密入国異邦人たちは裏の世界で銀行や病院、警察を作って生活していた。

治安を守る裏都庁「ディアスポリス」で久保塚早紀は異邦警察の警察官として裏都民の生活を守っていた。

ある日、裏都民のマリアの誘拐事件が発生する。

久保塚は相棒の鈴木と捜査を進めるも、マリアは殺されてしまう。

殺害現場から逃げたのは留学生崩れのアジア人犯罪組織「ダーティイエローボーイズ」の周と林。

久保塚にその情報を教えるのは黒金組の若頭である伊佐久だ。

周と林を追って久保塚と鈴木は東京から西へ西へと移動する。

その二人を追ってくるのは伊佐久らヤクザたち。

「ダーティイエローボーイズ」の周と林、「ディアスポリス」の久保塚と鈴木、ヤクザの伊佐久たちによる壮絶な三つ巴戦が始まるーー。

映画「ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-」のキャストをまとめてご紹介!

久保塚早紀 – 松田翔太
本作の主人公で裏都庁の警察署長。
密入国外国人たちの世界の治安を守っている。
周囲からは署長と呼ばれて親しまれており、世界各国の言語を操る国籍不詳の謎の男。

鈴木博隆 – 浜野謙太
純粋な日本人だが銀行員時代に上司に騙され警察に追われて裏都庁にたどり着く。
裏都庁の署長の部下として働く。

阿(アー) – 柳沢慎吾
裏都庁のナンバー2の助役。
口は悪く行動はセコイが仲間思いな部分もある。
母国で政府の圧政に抵抗して警察官を5名殺害、日本に密入国して裏都庁に入った。
日本では害虫駆除会社「アーさんの店」を営んでいる。

周(ジョウ) – 須賀健太
北京近くの出身の中国人。
留学生崩れのアジア人犯罪組織「ダーティイエローボーイズ」に所属する。
残忍な性格で狂気をまとっている。

林(リン) – NOZOMU
同郷の周を絶対的に信頼している。
周の命令ならば殺人も厭わない。

夢子 – 安藤サクラ

ホセ – OMSB

朴(パク) – 木原勝利

ロドリゴ – 宇野祥平

サブ – 政岡泰志

コテツ – 康芳夫

映画「ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-」のスタッフ情報!

監督 – 熊切和嘉

脚本 – 熊切和嘉、守屋文雄

音楽 – 渡邊琢磨

主題歌 – 大西ユカリ「ユカリ☆EXPLOSION」

配給 ‐ 東映

制作プロダクション ‐ 東京テアトル

制作協力 – キリシマ1945

製作 – 映画「ディアスポリス」製作委員会

<sponsored link>

裏都庁のセットが組まれたのはドラマと同様に東京の赤羽にある廃墟ビル

裏都庁のセットが組まれたのはドラマと同様に東京の赤羽にある廃墟ビル
出典:JTB

映画「ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-」は2016年春のドラマ「ディアスポリス-異邦警察-」の続編となっています。

ドラマでも使用した赤羽プラザホテル周辺にある廃墟ビルが再び裏都庁のロケ地になりました。

映画・ドラマを通じて、裏都庁、風俗案内所、空きビルの一室、監禁場所、アーさんの店・マリア達の共同アパート、風俗店の事務所、屋上とフルにロケ地になっています。

赤羽は原作者の出身でもあり、ディアスポリスの雰囲気のある味わい深い町ですよ。

■基本情報
名称:赤羽プラザホテル
住所:東京都北区赤羽南1-9-12
アクセス:JR赤羽駅よりすぐ

久保塚たちは新宿から西へと移動し、ロケ地も広範囲で

映画「ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-」で久保塚と鈴木は殺人犯たちを追って新宿から西へ西へと移動します。

殺人犯たちの最終目的地の神戸の地下銀行のロケ地は熱海の老舗ホテルの近くにある古びた地下空間をロケ地にしました。

また、主演の松田翔太がクランクアップを迎えたのは2016年2月2日の千葉県木更津市の田んぼでした。

これら映画「ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-」のロケ地に関する情報は判明次第、更新してまいります。

松田翔太主演の映画「ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-」を楽しみにしていましょう!

いかがだったでしょうか。

伝説の盟友・松田優作を父に持つ松田翔太はヤンキーやギャング映画などに出演、2016年は映画「オーバー・フェンス」でオダギリジョーと味のある演技も披露します。

ディアスポリスシリーズでお茶目な役の鈴木を演じる浜野謙太は2016年の夏の月9ドラマ「好きな人がいること」でお調子者役の地位をすっかり確立しましたね。

そんな映画「ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-」を楽しみにしていましょう!

<sponsored link>

 

あなたにおすすめの記事

 

同じカテゴリの作品を探す

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>




<sponsored link>


関連記事