京アニ制作のアニメ映画「聲の形」の舞台となった岐阜県大垣市の聖地を観光!

[記事公開日]2016年08月24日
[最終更新日]2016年08月25日

京アニ制作のアニメ映画「聲の形」の舞台となった岐阜県大垣市を聖地巡礼で観光してみよう!

「君に生きるのを、手伝ってほしい。」

社会的なテーマを持ち、多くの議論を沸き起こした漫画を原作にしたアニメ映画「聲の形(こえのかたち)」が2016年9月17日、公開です。

作者の大今良時が2008年に投稿した原作が第80回週刊少年マガジン新人漫画賞で入選を受賞するも、聴覚障害者に対するいじめをテーマにしていたためい掲載が先送りされてきた幻の作品。

その後にオリジナル版、リメイク版、週刊連載として発展して社会派学園漫画として議論を引き起こしました。

アニメ映画化にあたっては「涼宮ハルヒの憂鬱」や「らき☆すた」などいくつもの名作を作り上げてきた京アニこと京都アニメーションが担当します。

中でも監督は山田尚子、脚本は吉田玲子とアニメ映画「映画けいおん!」などを手がけた京アニの強力コンビで臨みます。

近年の漫画では架空の町の設定ながらも現実の町を舞台にする物語が増えていますが、「聲の形」は作者の大今良時が出身の岐阜県大垣市が舞台になっています。

<sponsored link>

《あらすじ》「聲の形」ってどんな映画?

《あらすじ》「聲の形」ってどんな映画?
出典:Twitter

石田将也は退屈が嫌いなガキ大将だった。

小学生時代、先天性の聴覚障害を持つ宮硝子が転校生としてやってきた。

将也は退屈しのぎにうってつけと思い、無邪気な好奇心から硝子に興味を持つ。

しかし、将也の硝子へのちょっかいはエスカレートしてイジメとして大きな問題になり、最終的にガキ大将だった将也は孤立してしまう。

それ以来、将也は後悔と自己嫌悪にさいなまれながら生きてきた。

それから5年の歳月が経った。

高校生になり、少しづつ友だちも出来てきた将也は小学生時代の複雑な思いを解決するために再び硝子の元を訪れる。

いじめていた将也がいじめられていた硝子と友だちになることは無理なのか。

硝子には届かない将也の聲。それでも、このこえを伝えたくてーー。

映画「聲の形」の声優キャストをまとめてご紹介!

石田将也 – 入野自由(高校生)、松岡茉優(小学生)
本作の主人公で高校生。
小学校時代はガキ大将だった。
硝子とのある出来事で周囲から孤立し、自己嫌悪しながら生きている。

西宮硝子 – 早見沙織
先天性の聴覚障害を持つ女子高生。
コミュニケーションを失敗することが多く、愛想笑いが癖になってしまった。

西宮結絃 – 悠木碧
硝子の妹で中学生。
大好きな姉を守るために強い態度でふるまい、自身のことをオレと呼ぶ。

永束友宏 – 小野賢章
将也のクラスメイト。
孤立して生きてきた将也にとって高校で初めての友だち。

植野直花 – 金子有希
小学時代の将也のクラスメイト。
リーダー的存在で将也へ思いを寄せている。

佐原みよこ – 石川由依
優しい女子高生。
高校に入って将也たちと再会する。

川井みき – 潘めぐみ
小学、中学、高校と学級委員長を務めてきた優等生。
真柴に好意を持っている。

真柴智 – 豊永利行
高校での将也のクラスメイト。
頭の良いイケメン。

映画「聲の形」のスタッフ情報!

原作 – 大今良時(講談社コミックス刊)

監督 – 山田尚子

脚本 – 吉田玲子

キャラクターデザイン – 西屋太志

音楽 – 牛尾憲輔

音楽制作 – ポニーキャニオン

主題歌 – aiko「恋をしたのは」

アニメーション制作 – 京都アニメーション

製作 – 映画聲の形製作委員会

配給 – 松竹

<sponsored link>

「聲の形」の聖地は岐阜県の大垣市!

「聲の形」は岐阜県大垣市が舞台となった聖地!

漫画「聲の形」は作者の大今良時の出身である岐阜県大垣市が舞台です。

作者が出身地を舞台にするだけあって漫画では大垣市の風景がしっかりと描かれていますね。

映画版もおそらく大垣市でロケハンをしたのではないでしょうか。

アニメ映画版「聲の形」のロケ地に関する情報は判明次第、更新してまいります。

「聲の形」の最大の聖地は大垣市の美登鯉橋

「聲の形」の聖地は大垣市の美登鯉橋
出典:Twitter

「聲の形」の最大の聖地といえば岐阜県大垣市にある美登鯉橋(みどりばし)です。

漫画ではたびたび登場し、2巻の表紙にもなっています。

「いつもの場所」として将也たちが集まる場所で、鯉にエサをやるシーンなどもありますね。

名前の由来は「美しい鯉が登る橋」であり、実際にたくさんの鯉が泳いでいる場所ですよ。

■基本情報
名称:美登鯉橋
住所:岐阜県大垣市西外側町2丁目46
アクセス:JR大垣駅より徒歩20分

小さな滝の裏側にも回れる「滝のトンネル」

小さな滝の裏側にも回れる「滝のトンネル」
出典:http://ameblo.jp/

「聲の形」の聖地である美登鯉橋は四季の広場とも呼ばれて雰囲気のある建造物が集まっています。

漫画でも何度か登場したのが滝のトンネルです。

ここは滝の裏側に回り込むことができる珍しいトンネルです。

美登鯉橋を訪れたならば滝のトンネルも聖地巡礼には必須ですね。

■基本情報
名称:四季の広場 滝のトンネル
住所:岐阜県大垣市馬場町124
アクセス:JR大垣駅より徒歩20分

四季の広場にきたら楽器「ハーピアン」のある「虹の橋」も欠かせない

四季の広場にきたら楽器「ハーピアン」のある「虹の橋」も欠かせない
出典:ウーチャンの花暦

四季の広場では美登鯉橋と滝のトンネルのほか、虹の橋も聲の形の聖地として欠かせません。

漫画ではやはり何度も出てきた場所で橋の途中に「ハーピアン」という珍しい楽器があります。

町中にある風情のある小さな橋に楽器が置いてあるとはなんともお洒落な作りですよね。

実際にさわるとかなり大きな音を出すことができるんですよ。

虹の橋の目の前には手話教室を行っていた福祉会館もあります。

■基本情報
名称:四季の広場 虹の橋
住所:岐阜県大垣市馬場町124
アクセス:JR大垣駅より徒歩20分

硝子が告白するシーンで登場した新大橋

硝子が告白するシーンで登場した新大橋
出典:http://www.city.ogaki.lg.jp/

漫画「聲の形」で硝子が将也に告白するシーンで登場したのが大垣市にある新大橋です。

大垣駅前と水門川が交わる場所にあり、広いスペースがあるためにイベントが開催されることもあります。

大垣駅から観光名所の大垣城に向かう途中にあるため、大垣観光では必ず立ち寄りたい聖地ですね。

■基本情報
名称:新大橋
住所:岐阜県大垣市高砂町1丁目11
アクセス:JR大垣駅より徒歩5分

将也が結絃とハンバーガーを食べたアクアウォーク大垣

将也が結絃とハンバーガーを食べたアクアウォーク大垣
出典:Wikipedia

漫画「聲の形」で将也が結絃とハンバーガーを食べた場所が大型ショッピングセンターの「アクアウォーク大垣」。

アピタと135の専門店が入ったモールで、漫画ではフードコートが登場しています。

JR大垣駅と直結しているショッピングモールですが、その通路であるアクアブリッジもしっかりと漫画には登場していますね。

■基本情報
名称:アクアウォーク大垣
住所:岐阜県大垣市林町6丁目80番21
公式サイト:<リンク> アクアウォーク大垣ホームページ
アクセス:JR大垣駅に直結

聲の形での聖地の一つになった大垣公園

聲の形での聖地の一つになった大垣公園
出典:http://goopee.blog.fc2.com/

漫画「聲の形」では大垣市のシンボルでもある大垣城に隣接する大垣公園やその周辺の景色が頻繁に登場します。

公園内での特徴ある遊具は確かに子供が隠れたりするのに適しています。

公園自体には芝生や土の広場があり、多くのイベントが開催される町の中心地です。

園内にある約200本の桜は美しく、夜にはライトアップされた大垣城を見るのも一興ですね。

■基本情報
名称:大垣公園
住所:岐阜県大垣市郭町2丁目53番地
アクセス:JR大垣駅から徒歩10分

漫画での小学校のモデルになったのは大垣城近くの興文小学校

漫画での小学校のモデルになったのは大垣城近くの興文小学校
出典:http://www.ginet.or.jp/

漫画「聲の形」で将也たちが過ごした水門小学校のモデルは大垣城近くの興文小学校です。

校門は漫画に出てきた姿がそのままですね。

美登鯉橋など聲の形の聖地や大垣城も近く、ふらっと通り過ぎても良いかもしれません。

■基本情報
名称:興文小学校
住所:岐阜県大垣市西外側町1丁目34
アクセス:JR大垣駅から徒歩13分

将也と硝子がデートできた大垣市の観光名所「養老の滝」

将也と硝子がデートできた大垣市の観光名所「養老の滝」
出典:Wikipedia

「聲の形」で将也と硝子がデートでやってきたのが大垣市の一大観光名所の養老の滝です。

養老公園にある高さ32m、幅4mある滝で日本の滝百選に選定されています。

不老長寿の水という伝説を持つ滝で、居酒屋の名前の由来にもなっているため全国的に有名ですね

養老鉄道の養老駅から養老公園内にあるトリッキーなオブジェの養老天命反転地、さらには養老の滝まで全て漫画「聲の形」に登場しています。

原作を確認しながら岐阜県自慢の観光名所の養老公園を楽しんでみたいんですね。

■基本情報
名称:養老の滝(養老公園)
住所:岐阜県養老郡養老町高林1298-2
公式サイト:<リンク> 養老の滝ホームページ
アクセス:養老鉄道 養老駅から徒歩10分

京アニ制作のアニメ映画「聲の形」の舞台となった岐阜県大垣市の聖地を観光してみましょう!

いかがだったでしょうか。

聴覚の障害によっていじめを受けた少女と、いじめた少年の物語という社会的な要素を含んだ深い物語として人気の「聲の形」。

「聲(こえ)」は「声(こえ)」の旧字ですが、気持ちを伝えるのは「声」だけじゃないという思いも込められ、「声の形」ではなく「聲の形」になりました。

映画「聲の形」は公開2週目に全劇場で日本語字幕付上映が開かれるなど、幅広い話題を持ち込んでいきそうです。

そんな映画「聲の形」の舞台となった岐阜県大垣市の聖地を巡礼しながら観光も楽しんでみましょう!

<sponsored link>

 

あなたにおすすめの記事

 

同じカテゴリの作品を探す

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>