松雪泰子主演の映画「古都」の舞台となった京都府のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年08月27日

松雪泰子主演の映画「古都」の舞台となった京都府のロケ地を観光してみよう!

「受け継がれる日本の伝統、伝えたい日本の精神」。

川端康成の長編小説で舞台化や映画化されてきた物語で現代版となった映画「古都」が2016年12月3日、全国公開です。

1963年と1980年に映画化された歴史的な名作を現代版にリメイク、さらには原作の主人公たちが大人になった姿を2016年版の映画「古都」が描きます。

主人公の双子の姉妹を松雪泰子が一人二役で演じます。

姉妹それぞれの娘たちの役には橋本愛と成海璃子が担当、日本文化の伝統の重要性を表現します。

題名の「古都」の名の通り、映画の舞台になったのは日本を代表する古都の京都。

また、古都・京都と対比するようにフランスのパリも撮影場所になっています。

《あらすじ》「古都」ってどんな映画?

《あらすじ》「古都」ってどんな映画?
出典:http://koto-movie.jp/

京都の離れた地で二人の双子の姉妹が暮らしていた。

姉の千重子は捨て子だったが由緒ある呉服問屋で育ち、伝統を継承する立場になっていた。

妹の苗子は京都のはずれにある北山杉の里で林業を営んでいる。

子供時代に奇跡の再開を遂げた姉妹は大人になり、互いに家庭を持つようになっていた。

時代は移り変わり、伝を持つ職人たちは次々に廃業していく。

千重子も苗子も京都の伝統を持つ文化の仕事の経営難に直面して苦戦していた。

苗子の娘は北山杉を使った新しいもの模索してフランスに留学する。

千重子の娘は日本文化を紹介するためにパリに訪れる。

伝統文化の商売の難しさに直面していた姉妹と娘、2組の親子の人生が京都とパリで交差するーー。

映画「古都」のキャストをまとめてご紹介!

佐田千重子 – 松雪泰子
本作の主人公で生き別れた双子の姉妹の姉。
捨て子だが由緒ある呉服屋に拾われて生きてきた。
京都の室町で代々続く佐田呉服店の伝統継承に生涯を捧げている。

中田苗子 – 松雪泰子
本作の主人公で生き別れた双子の姉妹の妹。
北山杉の里で働いている。

佐田舞 – 橋本愛
双子の姉の千重子の娘。
日本文化を紹介するためにパリに訪れる。

中田結衣 – 成海璃子
双子の妹の苗子の娘。
親の仕事の北山杉の林業で新しいものを作らないかとパリに留学する。

蒼れいな

蒼あんな

葉山奨之

栗塚旭

迫田孝也

伊原剛志

奥田瑛二

映画「古都」のスタッフ情報!

監督 – Yuki Saito

原作 – 川端康成

脚本 – 眞武泰徳、梶本惠美、Yuki Saito

主題歌 – 新山詩織「糸」(作詞・作曲-中島みゆき)

題字 – 小林芙蓉

映画「古都」の舞台となったロケ地は京都とパリ!

映画「古都」の舞台となったロケ地は京都とパリ!

映画「古都」は物語が京都とパリをテーマをメインにしています。

そのため京都とパリが撮影場所になっています。

日本を代表する都市の京都と、世界で抜群の知名度を誇るパリ。

伝統と革新の対比をロケ地からも楽しんでみたいですね。

これら映画「古都」に関するロケ地情報は判明次第、更新してまいります。

古都の京都でロケ地となった雰囲気抜群の懐石料理「松籟庵」

古都の京都でロケ地となった雰囲気抜群の懐石料理「松籟庵」
出典:トリップアドバイザー

映画「古都」でロケ地に選ばれた料亭が雰囲気抜群の懐石料理の「松籟庵(しょうらいあん)」。

京都でも風雅な地域として知られる右京区にある料亭で、独特の豆腐懐石が人気です。

京都にある嵐山、その麓を流れる桂川に面しており「松籟庵」から見る景色は格別です。

松籟庵は近衛文麿公の別邸とも言われ、まさに古都・京都を代表するような料亭ですね。

■基本情報
名称:松籟庵
住所:京都府京都市右京区嵯峨亀ノ尾町官有地内
公式サイト:<リンク> 松籟庵ホームページ
アクセス:嵯峨嵐山駅より徒歩25分

松雪泰子主演の映画「古都」の舞台となった京都府のロケ地を観光してみましょう!

いかがだったでしょうか。

押しも押されもせぬ大女優の松雪泰子は幼少期に日本舞踊を習っており、まさに古都を演じるのに相応しいですね。

松雪泰子はいくたのドラマに出演、2017年は話題の実写映画「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」にも登場します。

娘役の橋本愛も2017年の映画「美しい星」、成海璃子は2016年の映画「無伴奏」に出演するなど活躍の場が広がっています。

映画「古都」の舞台となった京都の観光も楽しんでみましょう!


 

あなたにおすすめの記事

 

同じカテゴリの作品を探す

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>




<sponsored link>


関連記事