浅野忠信と田中麗奈主演の映画「幼な子われらに生まれ」のキャスト、あらすじ、ロケ地情報まとめ!

[記事公開日]2016年08月27日

浅野忠信と田中麗奈主演の映画「幼な子われらに生まれ」のキャスト、あらすじ、ロケ地情報を徹底解説いたします!

結婚、離婚、再婚、そして新しい命。

複雑な家庭関係を描いた映画「幼な子われらに生まれ」が2017年、公開です。

原作は重松清が1996年に発表した小説で脚本家の荒井晴彦の間で映画化の約束を交わしており、20年越しでの実現となりました。

主人公はバツイチ同士の夫婦でお互いに前のパートナーとの子供がいます。

子供たちとの関係に悩む夫を演じるのは邦画で絶大的な地位を築いた浅野忠信。

その妻役には田中麗奈が担当、初共演となる二人が難しい人間関係を演じます。

監督の三島有紀子は2016年の映画「少女」など邦画らしい重い人間関係を描く作品を作り続けます。

原作では決してハッピーエンドと言えない物語が映画でどんな結末を迎えるのかに注目です。

<sponsored link>

《あらすじ》「幼な子われらに生まれ」ってどんな映画?

《あらすじ》「幼な子われらに生まれ」ってどんな映画?
出典:http://www.suruga-ya.jp/

ある街に、バツイチ同士の夫婦がいた。

37歳の田中信は二度目の妻の奈苗と、その連れ子の二人の娘と家庭を築く努力をしていた。

長女である小学生の娘は信を新しい父親としてはなかなか認めようとしない。

ある日、奈苗は信との3人目となる子供を宿す。

妻の妊娠を契機に長女の信に対する嫌悪感は増し、ほんとうのパパに会いたいと言い出す。

信は必死に父親として振る舞おうとするが、その生活に限界を感じてくる。

信には前妻との間に娘がおり、たまに会う前妻との娘には確かな愛情を感じていた。

奈苗の連れ子の二人と前妻の娘を比べて信は苦しむ。

そして、今の家庭に息苦しさを感じた信は妻の奈苗に子供を堕ろせと言ってしまうーー。

映画「幼な子われらに生まれ」のキャストをまとめてご紹介!

田中信 – 浅野忠信
本作の主人公でバツイチ同士で再婚した夫。
妻の連れ子の二人の娘たちとの関係が上手くいかずに悩んでいる。
前妻との娘とは血の繋がりからも愛情を感じる。

奈苗 – 田中麗奈
本作の主人公でバツイチ同士で再婚した妻。
連れ子の2人の娘と共に新しい夫の信と生活し、3人目の子供を授かる。

映画「幼な子われらに生まれ」のスタッフ情報!

監督 – 三島有紀子

原作 – 重松清

脚本 – 荒井晴彦

配給 – ファントム・フィルム

<sponsored link>

映画「幼な子われらに生まれ」のロケ地の一つが兵庫県西宮市

映画「幼な子われらに生まれ」のロケ地の一つが兵庫県西宮市
出典:http://www.navita.co.jp/

映画「幼な子われらに生まれ」では兵庫県西宮市でのロケが目撃されています。

西宮名塩駅前などで撮影をおこなったようです。

西宮名塩駅で独特の駅からの斜行エレベーターもロケ地になったようですね。

これら映画「幼な子われらに生まれ」のロケ地に関する情報は判明次第、更新してまいります。

浅野忠信と田中麗奈主演の映画「幼な子われらに生まれ」を楽しみにしていましょう!

いかがだったでしょうか。

主演の浅野忠信は2015年の映画「グラスホッパー」など幾多の作品で渋い演技を見せています。

「なっちゃん」で有名になった田中麗奈もドラマ・映画の常連となり、2016年秋のNHKドラマ「忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣」など活躍が続きます。

重松清の小説はいくつも映画化され、最近では阿部寛と天海祐希主演の映画「恋妻家宮本」にも期待が高まります。

渋い実力派が集い邦画ファンの注目も集まる映画「幼な子われらに生まれ」を楽しみにしていましょう!

<sponsored link>

 

あなたにおすすめの記事

 

同じカテゴリの作品を探す

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>




<sponsored link>


関連記事