映画「暗殺教室〜卒業編〜」の舞台となった群馬県のロケ地を観光!

[記事公開日]2016年02月25日
[最終更新日]2016年08月24日

2016年3月公開!主演・山田涼介、二宮和也、桐谷美玲、成宮寛貴も出演する映画「暗殺教室〜卒業編〜」の舞台となった群馬県のロケ地を観光してみましょう!

コミック累計1800万部超の国民的人気マンガ「暗殺教室」。

そんな大ヒットマンガが2015年3月に衝撃の映画化が行われ、なんと2015年上半期で映画の観客動員数1位という快挙を成し遂げ、大きな話題となりました。

「暗殺 × 教育」という新たな発想は、今までになかったいろんな価値観をさらけ出させる初のコミカル教育エンターテインメントとして、新しいジャンルを生み出しました。

そしてついに、そんな「暗殺教室」の卒業編が1年後の2016年3月に公開されました。

それでは、話題の新作映画「暗殺教室〜卒業編〜」のロケ地などの内容を詳しく見ていきましょう!

<sponsored link>

《あらすじ》「暗殺教室〜卒業編〜」ってどんな映画?

「1年後に地球を破壊する。止めたければ自分を暗殺しろ。」

そう宣言して地球に現れ、なぜか椚ヶ丘中学校の落ちこぼれクラスである3年E組の担任となった謎の黄色いタコ型超生物・殺(コロ)センセー。

しかし、マッハ20の速度で動き、ちょっと抜けているが頭も切れるその超生物を殺せないまま日々時間だけが過ぎていた。

2学期を迎え、殺センセーが宣言した地球破壊の期限まであと半年を切った頃。

3年E組の前に1人の新しい暗殺者が現れた。

その正体はなんと、今まで一緒にクラスメイトとして過ごしてきた茅野カエデだった。

茅野カエデという名前は偽名で、彼女は触手を隠し持っていたのだ。

おもむろに口を開いた彼女は、

「雪村あぐりの妹。そう言ったら分かるでしょ?」

そう言った。

そして、殺センセーはついに今まで謎のベールに包まれ続けてきた自分の過去を語りだす。

「先生は、かつて死神と呼ばれた殺し屋でした…..」

殺センセーの驚愕の過去を知ってしまった生徒たちは、選択を迫られていた。

「暗殺」か、「救済」か。

迫るタイムリミットの中で、生徒たちが導き出した答えとは一体なんなのか?

果たして椚ヶ丘中学の落ちこぼれ生徒たちは、無事卒業することができるのでしょうか。

映画「暗殺教室〜卒業編〜」のキャストをまとめてご紹介!

潮田渚 – 山田涼介
本作の最主要生徒であり、殺センセーの3年E組の生徒。
おとなしい性格でクラスではあまり目立たない存在だったが、殺センセーの暗殺ミッションをこなしているうちに、その能力が開花。
クラスの中でも今では一目置かれる存在となっている。

山田涼介が出演するのドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介!

赤羽業 – 菅田将暉
頭の回転がおそろしく早い赤髪の生徒。
初期は他人とぶつかり合うことも多く、暴力沙汰などをよく起こしていたが、次第に殺センセーを認めるようになる。
それに伴って、クラスとも馴染みはじめ、今では暗殺には欠かせない生徒の1人となった。

菅田将暉が出演するのドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介

茅野カエデ – 山本舞香
殺センセーの生徒であり、そのニックネームの名付け親でもある。
大変明るい性格で渚とも仲がよいが、その明るい笑顔の裏には何かが隠されている。

中村莉桜 – 竹富聖花
殺センセーの生徒で、英語が得意な帰国子女。
サバサバした性格のとても明るい女子生徒。

神崎有希子 – 優希美青
3年E組の生徒であり、クラスメイトみんなが憧れるクラスのマドンナ的存在。

奥田愛美 – 上原実矩
内気で臆病な性格をしており、クラスの仲間にもいつも丁寧な口調でしゃべっている。
得意科目は理科、苦手科目は国語。

堀部糸成 – 加藤清史郎
殺センセーの暗殺目的で3年E組に送り込まれた転校生で触手を後天的に肉体改造されていた。
その能力を駆使し、殺センセーを追い詰めるも失敗。
現在は触手をなくし、普通のクラスメイトとして過ごしている。

自律思考固定砲台(律) – 橋本環奈
暗殺のために3年E組に送り込まれた人工知能搭載の新型兵器転校生。
みんなからは「律」という愛称で呼ばれている。
当初は殺センセーを殺すことしかプログラムされていなかったが、殺センセーによって改造を施され、人間のように自我をもつ人間としてクラスメイトたちと過ごしている。

烏間惟臣 – 椎名桔平
防衛省所属の戦闘技術のプロフェッショナル。
殺センセーが3年E組の担任と同時に、副担任として送り込まれた。
生徒たちに殺センセーを殺す暗殺技術を教える担当でもある。

イリーナ・イェラビッチ – 知英
ハニートラップを得意とする凄腕の殺し屋。
殺センセーを暗殺するために送り込まれたものの、失敗。
その後、教師として3年E組の生徒たちに英語を教えている。
クラスのみんなからは「ビッチ先生」という愛称で親しまれている。

殺(コロ)センセー – 二宮和也(声)
突如地球に現れた、謎の黄色いタコ型超生物。
マッハ20の速度で動き回ることができる。
1年以内に自分を暗殺できなければ、地球を破壊すると予告しており、生徒たちから命を狙われるターゲットでもある。
なんと暗殺の成功報酬は100億円。
しかし、生徒たち想いの優しい先生で、丁寧に生徒たちに勉強や指導を行っている。

死神 – 二宮和也
囚われて柳沢が進める研究の実験台となった史上最強の殺し屋。
優しい外見の反面、優秀な頭脳と強靭な肉体を兼ね備えている。

雪村あぐり – 桐谷美玲
元3年E組の担任の先生。
天然でちょっと抜けているが、生徒想いの優しい先生。
柳沢の許嫁でもある。

桐谷美玲が出演するのドラマや映画のロケ地をまとめてご紹介

柳沢誇太郎 – 成宮寛貴
天才マッドサイエンティスト。
国家を超えた非公認の組織で、反物質の研究を行っている。

映画「暗殺教室〜卒業編〜」のスタッフ情報!

原作 – 松井優征

監督 – 羽住英一郎

脚本 – 金沢達也

音楽 – 佐藤直紀

制作プロダクション – ROBOT

製作 – 映画「暗殺教室」製作委員会

配給 – 東宝

主題歌 – せんせーションズ(ジェイ・ストーム)「さよならセンセーション」

<sponsored link>

映画のメイン舞台となる3年E組の校舎のロケ地は群馬県

映画のメイン舞台となる3年E組の校舎のロケ地は群馬県
出典:空っ風写真館

2015年3月の映画の際にも、3年E組の校舎が登場していました。

その校舎のロケ地となっているのが、群馬県の入須川小学校です。

こちらの小学校は現在廃校となっており、マンガの中でE組の使っている校舎の雰囲気にもぴったりでしたね。

映画第2弾となる卒業編でも、メインの舞台となる3年E組の校舎として選ばれたのが、群馬県の廃校でした。

少し遠いのでロケ地観光には車などが必要になりますので、ご注意ください。

名称:
入須川小学校

住所:
群馬県利根郡みなかみ町入須川

アクセス:
上毛高原駅より約8km

映画「暗殺教室〜卒業編〜」で登場する椚ヶ丘中学の本校舎のロケ地は埼玉県

映画「暗殺教室〜卒業編〜」で登場する椚ヶ丘中学の本校舎のロケ地は埼玉県
出典:駿台

映画「暗殺教室〜卒業編〜」の中で、2学期に3年E組の生徒たちが学園祭を行うシーンがあり、その学園祭が行われたのが椚ヶ丘中学の本校舎です。

そしてそんな椚ヶ丘中学の本校舎のモデルとなった撮影ロケ地は、埼玉県飯能市にある駿河台大学です。

駿河台大学は綺麗な校舎で活気があるので、ぜひ一度訪れてみてくださいね。

名称:
駿河台大学

住所:
埼玉県飯能市阿須698

公式サイト:
<リンク> 駿河台大学ホームページ

アクセス:
西武池袋線 元加治駅より徒歩20分

話題の映画「暗殺教室〜卒業編〜」でメインの舞台として利用された群馬県のロケ地を観光してみましょう!

いかがでしたでしょうか?

基本的には前作の映画「暗殺教室」の続編となっているので、ロケ地や撮影場所などは引き継がれています。

暗殺教室好きの方は、ぜひ一度3年E組の舞台となった群馬県の廃校に訪れてみてくださいね。

映画「暗殺教室〜卒業編〜」の公式ホームページはこちら

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>




<sponsored link>


関連記事