高梨臨主演のドラマ「恋がヘタでも生きてます」のキャスト・あらすじ・ロケ地情報まとめ!

[記事公開日]2017年03月26日
[最終更新日]2017年04月09日

2017年4月からはじまる高梨臨主演の春ドラマ「恋がヘタでも生きてます」のキャスト・あらすじ・ロケ地情報を徹底解説いたします!

2017年4月6日から、人気コミックの実写化ドラマがスタートします。

このドラマの特徴は、登場人物が全員「恋がヘタ」ということ。

「仕事が大好きで恋人状態」という方や「好きになったけど、どう行動したらよいか分からない」という方は多いのではないでしょうか?

そのような方はきっと本作に共感出来ると思います。

そして今回主演を務めるのは、高梨臨。演技の幅の広さが注目されている女優さんですので、今回はどのような演技を見せてくれるか非常に楽しみです。

それでは、そんな2017年春の新ドラマ「恋がヘタでも生きてます」の概要を詳しく見ていきましょう!

《あらすじ》「恋がヘタでも生きてます」ってどんなドラマ?

《あらすじ》「恋がヘタでも生きてます」ってどんなドラマ?
出典:http://www.ytv.co.jp/

今時のスマホゲーム会社に務める主人公である茅ヶ崎美沙。

彼女は恋愛ゲームのプロデューサーであるが、自分の恋愛は上手くいかない。

彼女にとって、「仕事=恋人」で恋愛が2か月以上続いたことがないのであった。

そんな美沙はヒットゲームを次々と世に出しており社長の座を狙っていたが、突然現れたパーフェクトな経営のプロである雄島佳介に社長の座を奪われてしまった。

一方で、美沙と同居している親友の榎田千尋は、4年付き合っていた彼氏からプロポーズされていた。念願だった「結婚」を手にすることが出来た千尋は浮き足立ってしまう。

しかし、その矢先に千尋は彼氏の浮気を目撃してしまう。そして、そんな千尋の前に「女は体だけで十分」と言い切る橋本司だった。

みんなが「恋がヘタ」で、好きの次が分からないながらも不器用に生きていく。

そんな不器用で赤裸々な恋愛ドラマがこの春幕を開けます。

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」のキャストをまとめてご紹介!

茅ヶ崎美沙 – 高梨臨
スマホゲーム会社バスキアのゲームプロデューサー。
「恋人=仕事」で恋愛ゲームを手掛けているが恋愛がヘタ。

雄嶋佳介 – 田中圭
バスキアの新社長。
「仕事も恋も、欲しいものは全て手に入れたい」と考えている。

榎田千尋 – 土村芳
美沙の親友であり、美沙の同居人。
「夢は結婚」というお嬢さま気質。

橋本司 – 淵上泰史
バスキアのゲームプログラマー。
「女性との関係はカラダの関係だけで十分」だと考えている。

桜井理佳子 – 内田理央
千尋の同僚で後輩である受付嬢。
男を手玉に取ることに長けており、簡単に男を奪う。

柿谷真吾 – 小関裕太
美沙の部下で、プランナー兼ディレクター。
まっすぐで仕事熱心な性格。

和久井遙香 – 野波麻帆
バスキアの取引先会社社長。
佳介が抱えるトラウマを知っている。

日下部慎太郎 – 寺脇康文
美沙とともにバスキアを立ち上げた社長。
自由な性格で、悠々自適な生活を望んでいる。

時藤仁 – 長田成哉
証券会社社長。
千尋の婚約者であり4年間交際を続けている。

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」のスタッフ情報!

原作 – 藤原晶『恋がヘタでも生きてます』

脚本 – 横田理恵

演出 – 大谷健太郎

チーフプロデューサー – 前西和成

プロデューサー – 汐口武史、高石明彦、渋谷英史、木村綾乃

製作協力 – The icon

製作 – 読売テレビ

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」のロケ地だと思われる場所をご紹介!

ここでは、ドラマ「恋がヘタでも生きてます」のロケ目撃情報をお届けします。

東京都多摩市にある「多摩中央公園」でのロケ目撃情報!

東京都多摩市にある「多摩中央公園」でのロケ目撃情報!
photo by shimamaru.tgr   /   embedded from Instagram

東京都多摩市にある「多摩中央公園」で、主演の亀梨和也の目撃情報がありました。

ツイッターの情報によると、2月20日に「多摩中央公園」で主演の高梨臨と田中圭が撮影をしているという情報がアップされていました。

東京都多摩市といえば、西島秀俊主演の映画「クリーピー 偽りの隣人」でもメインのロケ地として撮影に使われていました。

もしかしたら同じロケ地が使われているかもしれませんね。

■基本情報
名称:多摩中央公園
住所:東京都多摩市落合2-35

高梨臨主演のドラマ「恋がヘタでも生きてます」を楽しみにしていましょう!

いかがでしたでしょうか?

「恋がヘタ」な登場人物たちが織り成すストーリーに期待が集まります。

また本作の脚本を手掛けるのは、「ごくせん」でも脚本を手掛けていた横田理恵。彼女がどのようなストーリー展開を行っていくかも気になります。

他にもドラマの内容もそうですが、美沙が働くバスキアがどこで撮影されたのかも気になりますね。

まだまだ分からない部分も多いですが、どのようなドラマになるのかを期待しながら放送開始を待ちましょう!



<sponsored link>


関連記事



<sponsored link>