多部未華子主演のドラマ「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」のキャスト・あらすじ・ロケ地情報まとめ!

[記事公開日]2017年03月26日
[最終更新日]2017年04月09日

2017年4月からはじまる多部未華子の春ドラマ「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」のキャスト・あらすじ・ロケ地情報を徹底解説いたします!

「怪しい彼女」などで好演を見せてきた、演技派女優の多部未華子がNHKドラマ10に主演として登場します。

主人公の鳩子を演じる多部未華子のNHKの連続ドラマは出演は、連続テレビ小説「つばさ」以来となります。

原作である小川糸さん著『ツバキ文具店』は、2017年本屋大賞ノミネートのベストセラーであり、期待が高まる新作ドラマです。

テーマは「手紙」。今作は手紙を書くことを生業とする、若い女性のみずみずしい成長の物語となっているようです。

スマホやSNSの普及で、手紙を書く機会が減ってきた今だからこそ、注目のドラマですね。

それでは、そんな2017年春の新ドラマ「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」の概要を詳しく見ていきましょう!

《あらすじ》「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」ってどんなドラマ?

《あらすじ》「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」ってどんなドラマ?
出典:http://tuka2tt2222.at.webry.info/

主人公の鳩子は、8年振りに故郷である鎌倉に帰ってきた。

実家は「ツバキ文具店」を営んでおり、鳩子は亡き祖母から文具店を受け継ぐことに。

しかし文具店とは名ばかりの表の姿であり、本業は美しい文字を代筆する「代書屋」であったのです。

そうして半ば強制的に新米の代書屋となった鳩子ですが、次第に代筆の才能が開花。

代書屋として、様々なお客さんの依頼を丁寧に対応していきます。

代書の極意は、どうしても自分では言葉に表せない心の奥底に眠る思いを最高の形で伝えること。

そしてツバキ文具店にやって来る、少し変わったお客さんとの交流も影響し、少しずつ代書屋として、人間として成長していきます。

果たして鳩子は手紙や文字を通して、どのように人々の想いを代弁していくのか。目が離せません。

ドラマ「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」のキャストをまとめてご紹介!

雨宮鳩子 – 多部未華子
本作の主人公。
ツバキ文具店の11代目として働くことに。

高橋克典

上地雄輔

片瀬那奈

新津ちせ

江波杏子

奥田瑛二

倍賞美津子

ドラマ「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」のスタッフ情報!

原作 – 小川糸『ツバキ文具店』(2017年本屋大賞ノミネート)

脚本 – 荒井修子

演出 – 黛りんたろう、榎戸崇泰、西村武五郎

制作統括 – 内田ゆき、中村高志

制作 – NHK

ドラマ「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」の舞台となるロケ地は神奈川県鎌倉市?

NHKのドラマ10枠で放送される「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」のロケ地は、現在まだはっきりとは撮影場所がわかっていない状況です。

しかし原作の舞台は神奈川県鎌倉市であるため、今作も鎌倉で行われると考えられます。

神奈川県鎌倉市といえば、映画「四月は君の嘘」映画「海街diary」でもロケ地として撮影に使われていました。もしかしたら同じ場所での撮影もあり得るかもしれませんね。

こちらのドラマのロケ地は判明次第随時追記してまいりますので、ぜひお楽しみにお待ちください!

多部未華子主演のドラマ「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」を楽しみにしていましょう!

いかがでしたでしょうか?

本作はテレビドラマだけでなくラジオドラマとして、
NHKオーディオドラマ放送されることでも話題をとなっています。

どちらのドラマも、どのような内容なのか非常に気になりますね。

ドラマの放送開始が待ち遠しいと思いますが、期待して楽しみに待ちましょう!



<sponsored link>


関連記事



<sponsored link>