中村勘九郎・阿部サダヲW主演の大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」のキャスト・あらすじ・ロケ地情報まとめ!

[記事公開日]2017年04月05日
[最終更新日]2017年04月09日

2019年からはじまる中村勘九郎・阿部サダヲW主演の大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」のキャスト・あらすじ・ロケ地情報を徹底解説いたします!

2019年の大河ドラマはオリンピックイヤー前年ということもありオリンピックにまつわるストーリーになることが決まりました。

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の脚本を手掛けた宮藤官九郎が、初めて大河ドラマの脚本に挑みます。

「オリンピック」の歴史をテーマに宮藤流の大河ドラマを制作されていくそうですよ。

そして今回はなんと、映画「真田十勇士」で主演を務めた中村勘九郎と映画「殿、利息でござる」で主演を務めた阿部サダヲのW主演です。これだけでもかなり楽しみですね。

それでは、そんな2019年にスタートする大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」の概要を詳しく見ていきましょう!

《あらすじ》「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」ってどんなドラマ?

《あらすじ》「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」ってどんなドラマ?
出典:https://www.nhk.or.jp/

本作は日本人で初めてオリンピックに参加した金栗四三と「オリンピックを日本に呼んだ男」である田畑政治の2人にフォーカスを当てながら、1912年のストックホルムオリンピックから1936年のベルリンオリンピック、そして1964年の東京オリンピックまでの3大会を中心に、知られざるオリンピックの歴史と激動の52年間を描いた物語となっています。

あらすじについては詳細が判明次第、随時追記していきます。

ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」のキャストをまとめてご紹介!

金栗四三 – 中村勘九郎

田畑政治 – 阿部サダヲ

ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」のスタッフ情報!

脚本 – 宮藤官九郎

製作 – NHK

ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」の舞台となるロケ地はいったいどこになるのか?

2019年に始まる大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」のロケ地は、現在まだはっきりとは撮影場所がわかっていない状況です。

しかし主人公である金栗四三が生まれ育った熊本県がロケ地になると考えられます。熊本県がロケ地となった作品といえば「坂の上の雲」が有名ですね。

こちらのドラマのロケ地は判明次第随時追記してまいりますので、ぜひお楽しみにお待ちください!

中村勘九郎・阿部サダヲ主演の大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」を楽しみにしていましょう!

いかがでしたでしょうか?

本作はオリンピックイヤー前年の放送となるため、かなり注目を集める作品になることでしょう!

またドラマの内容だけでなく、いったいどこがロケ地になるのか気になるところですね。

まだまだ謎に包まれている部分が多いですが、どのような内容になるのかを楽しみにドラマの放送開始を待ちましょう!



<sponsored link>


関連記事



<sponsored link>