森川葵主演の実写版映画「恋と嘘」のキャスト・あらすじ・ロケ地情報まとめ!

[記事公開日]2017年04月06日
[最終更新日]2017年04月09日

2017年秋公開予定である森川葵主演の実写版映画「恋と嘘」のキャスト・あらすじ・ロケ地情報を徹底解説いたします!

2017年の秋に初めてマンガアプリ「マンガボックス」で連載されている漫画が映画化されます。

原作はマンガボックス内の人気漫画家であるムサヲ氏の同名漫画「恋と嘘」。

なんと映画版は原作とは異なる女1人と男2人の三角関係を描いたアナザーストーリーということで期待が高まります。

今回の主演は映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」などに出演しており、最近注目を集めている森川葵。どのような演技を見せてくれるのかに注目が集まります。

それでは、そんな2017年秋に公開予定の実写版映画「恋と嘘」の概要を詳しく見ていきましょう!

《あらすじ》「恋と嘘」ってどんな映画?

《あらすじ》「恋と嘘」ってどんな映画?
出典:https://www.amazon.co.jp/

日本は少子化が進み国家として破綻を迎えようとしていた。

そこで日本政府は大胆な政策を実施する。その政策の名は「超・少子化対策法案」、通称「ゆかり法」。

「ゆかり法」は、国民の遺伝子情報を分析し、最良の結婚相手を決めるという大胆な政策。

日本政府は16歳を超えた男女に対して、遺伝子情報から算出された理想の結婚相手を通知する。

国民は全員が理想の結婚相手が見つかるようになり人口減少を食い止めることが出来た一方で、日本において自由恋愛は禁止されてしまった・・・。

主人公の仁坂葵はごく普通の女子高生。お嬢様になりたいという願望はあるが至って普通である。

そんな葵は葵は幼馴染である司馬優翔に惹かれているが、葵にも政府から通知が送られてきた。

そこに書かれていた名前は、高千穂蒼佑。

果たして葵は、自分が好きな人と結ばれるのか。それとも政府が算出した理想の結婚相手と結ばれるのか。

この秋、1人の女子高生と2人の男子高生が織り成す”恋”と”嘘”の物語が始まります。

実写版映画「恋と嘘」のキャストをまとめてご紹介!

仁坂葵 – 森川葵
本作の主人公。
16歳になった至って普通な女子高生。
自分が好きな人と政府が通知した理想のパートナーの狭間で揺れている。

司馬優翔 – 北村匠海
葵の幼馴染である男子高校生。
優しい性格であり、実は葵のことが好き。

高千穂蒼佑 – 佐藤寛太
政府が選んだ葵の理想の結婚相手である男子高校生。
イケメンではあるが、かなりのオラオラ系。
これまでは人と距離をとりながら生きてきた。

実写版映画「恋と嘘」のスタッフ情報!

原作 – ムサヲ「恋と嘘」

監督 – 古澤健

実写版映画「恋と嘘」の舞台となるロケ地はいったいどこになるのか?

2017年に始まる映画「恋と嘘」のロケ地は、現在まだはっきりとは撮影場所がわかっていない状況です。

しかし主人公たちは高校生であることから、都内近郊の学校でのロケが行われていることは間違いないでしょう。

こちらの映画のロケ地は判明次第随時追記してまいりますので、ぜひお楽しみにお待ちください!

実写版映画「恋と嘘」を楽しみにしていましょう!

いかがでしたでしょうか?

本作は初めてのマンガアプリ「マンガボックス」作品が映画化されるということで話題になっています。

また映画の内容だけでなく、いったいどこがロケ地になるのかも気になりますね。

まだまだ謎に包まれている部分が多いですが、どのような映画になるのかを楽しみに2017年秋の公開を待ちましょう!



<sponsored link>


関連記事



<sponsored link>