吉田羊主演の映画「ラブ×ドック」のキャスト・あらすじ・ロケ地情報まとめ!

[記事公開日]2017年04月08日
[最終更新日]2017年04月09日

2018年公開予定である吉田羊主演の映画「ラブ×ドック」のキャスト・あらすじ・ロケ地情報を徹底解説いたします!

売れっ子放送作家である鈴木おさむが脚本・監督を手がける映画が2018年に公開されることが決まりました。

数々の人気バラエティ番組を手掛けてきた鈴木おさむが映画でどのように観客の心を掴んでくれるのか今から楽しみですね。

そんな本作の主演はドラマ「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」で主演を務めた吉田羊です。独特な色気を持つ彼女の演技に期待ですね。

また今作はキャストが豪華。映画「森山中教習所」で主役を飾った野村周平や映画「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」で主演を務めた人気俳優である主役を任された玉木宏、そして同じく2018年公開予定の映画「嘘を愛する女」に出演する吉田鋼太郎という期待するしかない布陣となっています。

それでは、そんな2018年公開予定の映画「ラブ×ドック」の概要、ロケ地・撮影場所について詳しく見ていきましょう!

<sponsored link>

《あらすじ》「ラブ×ドック」ってどんな映画?

《あらすじ》「ラブ×ドック」ってどんな映画?
出典:http://lovedoc.asmik-ace.co.jp/

主人公である郷田飛鳥はスイーツショップを経営する40歳の女性パティシエ。

店には、年下のパティシエである花田聖矢とサラリーマンを辞めてパティシエを目指している権田健一が働いている。

そんな飛鳥は、ある日いきなり聖矢に告白をされる。

告白は嬉しく感じた飛鳥であったが、同時に5年前からこれまでの苦い恋愛経験を思い出してしまっていた。

そんな折、また別の場所にある温泉街でも同様の死亡事件が発生した。

スイーツショップを開業する前に働いていた店のオーナーであった淡井淳治と不倫という禁断の恋に走ってしまったこと。

飛鳥の友達が好きだったジムトレーナーである野村俊介とその場の成り行きで肉体関係を持ってしまったこと。

散々な記憶を思い出してしまった飛鳥であったが、そんな飛鳥はある噂を耳にした。

遺伝子を検査することで、その人に恋愛に関する全ての情報が暴かれてしまう奇妙な診療所「ラブドック」という怪しい場所があるということを。

飛鳥は半信半疑で「ラブドッグ」に赴くのであった。

映画「ラブ×ドック」のキャストをまとめてご紹介!

郷田飛鳥 – 吉田羊
本作の主人公。スイーツショップを経営する40歳の女性パティシエ。
35歳以降から散々な恋愛ばかりを経験してきた。

花田聖矢 – 野村周平
飛鳥のお店で働く、年下パティシエ。
飛鳥のことが好きになり、告白をした。

権田健一 – 篠原篤
飛鳥のお店で働く男性パティシエ。
サラリーマンを辞め、一流パティシエを目指している。

淡井淳治 – 吉田鋼太郎
開業する前に飛鳥が働いていた店のオーナー。
当時は飛鳥と不倫という関係を持っていた。

野村俊介 – 玉木宏
飛鳥の友人が恋に落ちたジムトレーナー。
飛鳥と成り行きで肉体関係を持ってしまった過去がある。

映画「ラブ×ドック」のスタッフ情報!

脚本・監督 – 鈴木おさむ

<sponsored link>

映画「ラブ×ドック」の舞台となるロケ地はいったいどこになるのか?

映画「ラブ×ドック」のロケ地は、残念ながら現在まだはっきりとは撮影場所がわかっていない状況です。

飛鳥が経営するスイーツショップのロケ地は、一体どこで撮影行われているのか気になるところですよね。

今回は主人公がパティシエということもあり、スイーツを食べたくなるようなロケ地がたくさん出てくるかもしれませんね。

こちらのドラマのロケ地は判明次第随時追記してまいりますので、ぜひお楽しみにお待ちください!

吉田羊主演の映画「ラブ×ドック」を楽しみにしていましょう!

いかがでしたでしょうか?

本作は鈴木おさむが脚本を手掛け、監督として現場で指揮をとるということで非常に話題となっています。

またラブドッグという怪しげな診療所のロケ地がどこになったのかも非常に気になりますね。

2018年公開のため半年以上の期間が空いてしまいますが、徐々に判明するであろうロケ地情報などを楽しみに映画の公開を待ちましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>




<sponsored link>


関連記事