吉高由里子主演の映画「ユリゴコロ」のキャスト・あらすじ・ロケ地情報まとめ!

[記事公開日]2017年04月10日

2017年9月スタートの吉高由里子主演の映画「ユリゴコロ」のキャスト・あらすじ・ロケ地情報を徹底解説いたします。

2017年9月23日に、ミステリーな恋愛が印象的な映画が公開されます。。

原作は 沼田まほかる「ユリゴコロ」。2012年大藪春彦賞を受賞し、同年に本屋大賞にもノミネートされたミステリー小説です。

そんな本作の主演を務めるのは、映画「カイジ」にも出演していた吉高由里子。

他にも、松坂桃李、松山ケンイチ、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、木村多江など今作はキャストが豪華です。

それでは詳細が気になる2017年9月公開の映画「ユリゴコロ」の概要、ロケ地・撮影場所についてを詳しく見ていきましょう!

《あらすじ》「ユリゴコロ」ってどんな映画?

《あらすじ》「ユリゴコロ」ってどんな映画?
出典:https://www.amazon.co.jp/

主人公の美紗子は「人を殺すことを心の拠り所」にした女性。

人の感情が理解出来ずに、平然と人を殺してしまう鬼のような女であった。

そんな美紗子は洋介という男性と運命的に出会い、
愛情と殺人という心の拠り所の狭間で葛藤している。

ところが変わって、ドッグランカフェを経営する亮介は
たまたま殺人者の手記を見つけてそれに心を奪われてしまう。

創作としか思えないような手記であったが、
読み進めるうちにその主人公が自分の女性なのではないかと気づいてしまうのであった・・・。

映画「ユリゴコロ」のキャストをまとめてご紹介!

美紗子 – 吉高由里子、清原果耶(幼少期)
本作の主人公。人の死が唯一の心のよりどころな女性。
殺人をやめることが出来ずに葛藤している。

洋介 – 松山ケンイチ
美紗子と運命的な出会いを果たす男。

亮介 – 松坂桃李
殺人者の手記「ユリゴコロ」に心惹かれ、人生の歯車が崩れていく男。
夢であったドッグランカフェをオープンしたが経営に苦しんでいた。

千絵 – 清野菜名
亮介の婚約者。
ある日突然失踪し、現在は行方不明。

細谷 – 木村多江
千絵の元同僚。

みつ子 – 佐津川愛美
美紗子が特別な感情を抱いてしまう女性であり友人。

映画「ユリゴコロ」のスタッフ情報!

原作 – 沼田まほかる「ユリゴコロ」(双葉文庫)

監督・脚本 – 熊澤尚人

配給 – 東映/日活

映画「ユリゴコロ」の舞台となるロケ地はいったいどこになるのか?

映画「ユリゴコロ」のロケ地は、残念ながら現在まだはっきりとは撮影場所がわかっていない状況です

原作では亮介がドッグランカフェを経営していましたが、設定が同じ場合はどこがロケ地になるのかが気になりますね。

こちらのドラマのロケ地は判明次第随時追記してまいりますので、ぜひお楽しみにお待ちください!

吉高由里子主演の映画「ユリゴコロ」を楽しみにしていましょう!

いかがでしたでしょうか?

本作は、2012年に大藪春彦賞や本屋大賞にもノミネートされた作品の実写化ということもあり非常にっ注目が高まりまっています。

また、どのような場所がロケ地になっているのかも気になりますね。

映画の放送開始まで、まだまだ時間はありますが楽しみにしていましょう!



<sponsored link>


関連記事



<sponsored link>