長瀬智也主演の映画「空飛ぶタイヤ」のキャスト・あらすじ・ロケ地情報まとめ!

[記事公開日]2017年04月11日
[最終更新日]2017年04月13日

2018年公開予定の長瀬智也主演の映画「空飛ぶタイヤ」のキャスト・あらすじ・ロケ地情報を徹底解説いたします。

2018年に、人気作家である池井戸潤の小説が初めて映画化されます。

本作は2009年に仲村トオル主演でWOWOWにてドラマ化されていた作品でもあります。

今作の主演を務めるのは、TOKIOの長瀬智也です。長瀬智也といえば、ドラマ「ごめん、愛してる」でも主演を務めていましたね。

社会問題を描いた原作を彼がどのように表現してくれるのか非常に楽しみです。

それでは、この2018年公開予定の映画「空飛ぶタイヤ」の概要を詳しく見ていきましょう!

《あらすじ》「空飛ぶタイヤ」ってどんな映画?

《あらすじ》「空飛ぶタイヤ」ってどんな映画?
出典:https://www.amazon.co.jp/

主人公の赤松徳郎は父から赤松運送引継ぎ、会社を盛り立てる気の良い2代目社長。

そんな赤松運送に、突然会社倒産のピンチが訪れる。

赤松運送のトレーラーがタイヤの脱線事故を起こし、タイヤが近くを歩いていた親子ぶつかり死傷する事故が発生してしまった。

取り調べを行う警察は、赤松運送を整備不良を起こしたと一方的に攻め立てる。

そしてその影響もあり、会社の取引先は一社一社確実に減っていった。

しかし、赤松は社員が整備不良を起こすのはあり得ないと考えていた。

そこで赤松は事故原因が、トラックの製造会社である「ホープ自動車」に問題があるのではないかと考える。

赤松は従業員、家族、そして会社を守るために、巨大企業と銀行に立ち向かっていくのであった・・・。

映画「空飛ぶタイヤ」のキャストをまとめてご紹介!

赤松徳郎 – 長瀬智也
本作の主人公。赤松運送の二代目社長
小学校ではPTA会長も務めており、社員想いな男。

赤松史絵 – キャスト未定
徳郎の妻。
少し気が弱く、会社の危機にパニック気味になってしまう。

宮代直吉 – キャスト未定
赤松運送の自動車整備士。
仕事には生真面目に取り組むのにもかかわらず、事故を起こしてしまった。

門田駿一 – キャスト未定
赤松運送の専務を務める。運行管理者でもある。
会社の精神的柱であり、徳郎を支えている。

狩野威 – キャスト未定
ホープ自動車の常務取締役。
事故の責任が自社にあることを知り、リコール問題を隠蔽する。

沢田悠太 – キャスト未定
ホープ自動車の販売部カスタマー戦略課長。
リコール隠蔽会議の存在に気づいている。

井崎一亮 – キャスト未定
東京ホープ銀行の本店営業本部長。生粋の銀行マンである。
同じ財閥系列であるホープ自動車を守ろうとする。

榎本崇 – キャスト未定
週刊潮流所属記者であり、ホープ自動車のリコール隠蔽を追っている。

映画「空飛ぶタイヤ」のスタッフ情報!

原作 – 池井戸潤(代表作に「半沢直樹」「下町ロケット」など)

監督 – 本木克英

配給 – 松竹

映画「空飛ぶタイヤ」のロケ地だと思われる場所をご紹介!

ここでは、映画「空飛ぶタイヤ」のロケ地・撮影場所に関する目撃情報をお届けします。

茨城県常総市にある「報国寺」がロケ地として利用されたとの情報が!

現在唯一のロケ地の目撃情報として、茨城県常総市にある「報国寺」で撮影が行われたようです。

主演の長瀬智也のみしか目撃されておらず、ほかキャストの詳細も不明です。

こちらは詳細が判明次第追記してまいります。

■基本情報
名称:秩父橋
住所:茨城県常総市水海道亀岡町2637

長瀬智也主演の映画「空飛ぶタイヤ」を楽しみにしていましょう!

いかがでしたでしょうか?

原作が、代表作に「半沢直樹」や「下町ロケット」など執筆した池井戸潤の小説ということで期待が。

また追加キャストやロケ地の場所も気になりますね。

2018年公開予定と先は長いですが楽しみに待ちましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLi-vvonをフォローしよう!

<sponsored link>




<sponsored link>


関連記事